明けまして、おめでとうございます。

昨年は当ブログに何度も足をお運びいただきありがとう
ございました。

2019年はどのような年でしたでしょう?

投資環境で言えば、米中貿易問題で揺さぶられながらも、
年末にかけて米中間で合意がすすみ、終わってみれば、
とても株式相場は好調でした。

あなたも2018年末に10~20%程度資産を減らしたかも
しれませんが、2019年にはマイナス分は回収できたの
ではないでしょうか?

2020年は引き続き、米中貿易問題で相場が上下する
環境が続くでしょう。トランプ氏も大統領選挙が近づく
中で、うかつに関税戦争を大きくすることはできず、
2019年に引き続き、堅調に推移するのではないかとも
思っています。

さて、私事ですが、2019年は実は大きな変化がありました。

それは、投資のポートフォリオを大きく入れ替えたことです。
何をしたかと言えば、年末にかけて、投資信託をごっそり
売却しました。

詳しくは運用実績レポートで書きますが、アクティブ
ファンドの投信の保有は約300万円にまで減らしました。

なぜこのタイミングで売却をしたのか。

一番大きな理由は、トレードのほうが安定して収益を出せる
という結論に至ったからです。

トレードといっても、株式やFXではなく、オプションや
VIX投資なので、あまりなじみがないかもしれません。

このあたりの話はまた別の記事で詳しく紹介していきます
が、今まではよくも悪くもプロに運用をお願いしていた
ので、大きく下落する局面でも見守る以外の選択肢があり
ませんでした。

しかし、トレードに切り替えたことで、下落幅を自分で
コントロールできるようになりましたので、今まで以上に
安定・安心・安全の運用ができるようになりました。

トレードの実績なども随時紹介していこうと思います
ので、お楽しみに。

 

2020年は、引き続き投資信託の分析記事を載せていきますが、
それだけにとどまらず、米国株、VIX投資、海外証券口座を
活用したLEAPS、カバードコール戦略など、よりマニアックな
内容の情報も紹介していきたいと思っています。

そして、もう2つ大きなプロジェクトが始動させます。

1つ目は、「投資マニアの投資研究所」です。これは、
一言で言えば、無料で投資の相談ができるコミュニティ
だと思ってください。

どの投資信託を買えばいいのか、今持っている投資信託で
問題ないのか、今友人から紹介されている投資案件はまとも
な案件なのか。

なかなか投資に詳しい人間が周りにいないので、自分で
判断するか、家族に相談するかくらいしか選択肢がなかった
と思います。

投資経験豊富な第三者の意見を少し聞くだけでも、投資判断には
非常に有効ですので、ぜひ活用してほしいと思います。

こちらは2020年1月中旬からスタートしますので、
もう少しだけお待ちください。

そして、2つ目が「米国VIベアETFトレードスクール」です。

投資信託をある程度、運用経験するとほぼ間違いなく、
行きつくのが、「もっと自分でリスクをコントロールして
安心・安全に運用したい」という悩みです。

私自身だけでなく、お客様の中にも似たような悩みを
お持ちの方が多くいることに気づきました。

またVIX投資関連の記事をアップするようになってから、
VIXのトレードをもっと詳しく教えてほしいという声を
たくさんいただきました。

そこで、私が実際にトレードしているVIX投資の1つを
トレードスクールという形で伝授したいと思います。

こちらも2018年、2019年と平均利回り20%を越えた実績
のあるトレード方法ですので、ポートフォリオの1つと
してこのトレードを取り入れてもらうと、より早く、
より安全に資産形成ができると思います。

こちらも1月中旬からスタートします。

と、思った以上に情報が盛りだくさんのご挨拶になって
しまいましたが、引きつづき、多くの投資家の皆様に
役立つ情報を提供していきたいと思います。

今年も宜しくお願い致します。