このブログでは債券ファンドに投資するよりも米国債に直接投資を
したほうがおすすめですとお伝えしていましたが、今までなかなか
紹介できる機会がなかったので、改めて米国債について何回かに
わけて紹介していきたいと思います。

慣れてしまえば、投資信託を購入するのと変わらない手軽さで
購入することができますので、これを機会にしっかりと米国債に
ついて理解してもらえればと思います。

米国債(アメリカ国債)とは?

まず米国債とは何なのか説明していきます。

米国債とはアメリカ合衆国財務省が発行する公債です。日本では
米国債と呼ばれることが多いです。

あなたが米国債を購入するということは、期限を区切ってアメリカ政府
にあなたのお金を貸すということと同義です。(お金を貸していること
の証書として債券を受け取る)

お金を貸している間、あなたは毎年利息を受け取れます。そして、期限
が終了した時には、貸したお金を満額で返してもらうことができます。

米国債に限らず、債券というのはこのような仕組みになっています。

ここまでの話を聞くと、リスクがないじゃないかと思ってしまいがち
ですが、お金を貸した相手は、利子の支払いができなくなったり、満期
のタイミングで元本の返還ができないこともありえます。

こういった信用リスクを債券を購入する側は負うことになりますので、
できるだけ信用リスクが少ない債券を選ぶ必要があります。

米国債(アメリカ国債)の格付は?

一番気を付けなければいけない信用リスクを回避するために投資家は
事前にそのリスクを確認する方法があります。

それが、S&Pやムーディズといった格付会社が発表している格付です。
S&Pの場合、一番デフォルトリスクが低い=一番安全なのがAAAで、
AA、Aになるにつれて安全性が下がります。

一般的にはBBB以上の格付の債券は投資適格債と呼ばれており、
機関投資家が投資判断するうえで、ひとつの基準になっています。
米国の債券がどの格付されているかで言うと、AA+ですので上から
2番目です。

ちなみに格付によってどの程度デフォルトリスクがあるのか見て
みましょう。

S&Pが公表している、約6900社のグローバル企業の格付データの
平均累積デフォルト率(1981年-2017年)によると、AAAの格付を
取得した債券が15年以内にデフォルトする確率は0.93%であるという
見方をします。

AAだと、格付を取得して15年以内に利子の支払いや元本の返済が
できなくなった企業は1.07%発生したという意味です。

この発生率を高いか低いか判断するのはあなたですが、米国債が
属するAAのデフォルトリスクはかなり少ないと考えてよいでしょう。

Rating 15年
AAA 0.93%
AA 1.07%
A 2.09%
BBB 5.11%
BB 15.80%
B 28.34%
CCC/C 52.82%

※引用:S&P社発行レポート(2018年4月5日)

米国債(アメリカ国債)の利回りは?

米国債がひそかに人気を集める理由の一番の理由が上記のように
格付が高いことと、利回りが高いことです。

以下のように、残存期間が10年の国債の利回りを比較してみると、
米国債の利回りは非常に魅力的であることがわかります。

オーストラリア国債も格付が高く、利回りも高いということで
米国債の次に人気がありますが、為替のボラティリティを考慮
すると、断然米国債が優位ですね。

年間利回り
米国 +2.66%
日本 ▲0.04%
イギリス +1.18%
フランス +0.52%
ドイツ +0.11%
オーストラリア +2.09%

※2019年2月25日時点

米国債(アメリカ国債)の種類は?

つづいて、米国債にはどのような種類があるのかを見ていきます。

具体的にイメージができるように、SBI証券で現在購入できる米国債
を見てみましょう。まず、米国債には「新発債」と「既発債」があります。

これは名前の通りに、新しく発行された債券か、すでに発行されている
債券かの違いです。「新発債」の米国債はほとんど市場に出回らないので、
実質あなたが購入するとしたら「既発債」になります。

特にどちらが優位というわけではないので、簡単に覚えておいて
もらえれば大丈夫です。

下表を見ると、米国国債(ストリップス債)と米国国債の2種類が
あることがわかります。

詳しくは後述しますが、一般的な米国国債は利付債もしくはトレジャリ
ーノート、トレジャリーボンドと呼ばれ、毎年利子分が受け取れます。
(下表の「利率」参照)

一方で、ストリップス債というのは割引債と呼ばれる債券の一種で、
毎年の利子がつかない分、購入時の単価が安くなっています。
(下表の「参考単価」参照)

そして、下表の「償還」を見るとわかりますが、償還日が債券ごとに
異なっています。この償還日がいつなのかで下表の「参考利回り」が
決まります。基本的には償還日までの期間が長い債券ほど利回りが
高くなります。

以上のように米国債の種類は、新発債か既発債か。利付債か割引債か。
償還日までの期間はどれだけか。によって分かれていることを覚えて
おきましょう。

利付債と割引債の仕組みとは?

米国債を購入する上で、利付債と割引債の違いを押さえておく
必要があります。すこし複雑ですが、ついてきてくださいね。

例えば、額面100万円の5年満期の利付債があり、クーポン利率が
年3.0%だったとします。

利付債というのは、下図のように毎年利子を受け取れて、満期なると
額面の金額が戻ってくる債券です。

購入時には額面の100万円を支払います。そうすると、あなたは
額面に対するクーポン利率を利子として毎年受け取ることができます。
この場合は100万円×3%=3万円を毎年受け取れるということです。

5年国債の場合、5年間保有して償還を迎えると、額面の金額100万円
が戻ってきます。

あなたの手元にいくら残るのか利回りを計算するには、受け取った利子
(3万円×5年)と満期時の債券価格-購入時の債券価格(100万円-100万円)を
期間(5年)で割ることで1年間あたりの正味の利回りを計算できます。
この場合の最終利回りは3%ですね。

利付債というのは、このように償還時点において額面金額で売却
できる点と、毎年、額面×クーポン利率の利子を受け取ることが
できるのが特徴です。

ここで注意が必要なのは、額面というは債券に印字された金額だと
思っておいてください。債券というのは、常時、価格が変動して
います。

基本的には金利が上下することによって債券価格も変動し、場合に
よっては90万円になったり、120万円になったりすることもあります。

ここで言う金利というのは、市場金利と呼ばれるものです。市場金利は
銀行間でお金の貸し借りを行うときに使われる金利で毎日変動しています。

もしあなたが額面100万円で購入した5年利付債を債券価格が120万円
のときに売却すれば、あなたは120万-100万円=20万円の売却益を得る
ことができます。

もちろん、債券は売ってしまったので、それ以降は利子を受け取る
ことはできませんが、売却するまでは毎年クーポンを受け取ること
ができます。

もちろん、どんなに価格が変動したとしても、あなたが5年間保有を
続ければ、5年後には額面で売却することができます。

つまり、利付債というのは、償還日まで保有をするという前提に
すれば、債券を購入した時点で、売却時の金額と受け取る利子が
確定するので、自分がどれだけ儲かるのかほぼ確定させることが
できるというわけです。

もちろん、海外の国債を購入する場合は為替リスクが伴いますが、
銘柄選定を間違えなければ、それ以外のリスクはないと言っても
過言ではありません。

利付債ともうひとつよく紹介されるのが割引債(別名:ゼロクーポン債
、ストリップス債)です。

額面100万円、現在の価格が80万円の10年割引債をあなたが購入したと
します。割引債というのは、購入時の価格が額面より大きく割り引かれ
ている債券です。

割引債の場合、クーポンがありませんので、毎年利子を受け取ることは
できません。その代わりに購入時の額面が通常より安くなっている
(割り引かれている)ので、償還時に売却益(100万円-80万円=20万円)
の利益が出ます。

10年間で80万円が100万円になっていますので、(100万円-80万円)÷80万円=
25%÷10年間=2.5%。最終利回り(単利)は2.5%ということになります。

割引債も利付債と同様に償還日まで毎日価格が変動します。市場金利が
上昇すれば、債券価格は下がり、市場金利が下がれば債券価格は上昇します。

ですが、どんなに債券価格が変動したとしても、償還日では額面の100万円
で売却することが可能ですので、購入時点で利益をほぼ確定させることが
できるというわけです。

とにかく覚えておいてほしいのは、利付債にしても割引債にしても、
償還日まで債券の価格は市場金利の動向により変動しますが、償還日
まで保有をつづければ、決まった金額(額面)で売却できるということ
です。

ですから、債券は買った時点で利益が確定すると言われるわけですね。
あと補足として、上図にもありますが、利付債にしても割引債にしても
償還期限が長くなればなるほど最終利回りは高くなります。

ですので、米国債を購入する際には、償還期限を長くとって、利回りが
高い債券を購入するのが一番利回りが高い運用ができることになります。

米国債(アメリカ国債)があまり知られていない理由

ここまで読み進めてもらうと、米国債というのは満期まで保有する
ことを前提に購入すれば、購入時点で売却価格が決まっているのと、
受け取る利子も決まっているので、利益が確定した資産運用と言っても
過言ではありません。

(為替リスクと米国のデフォルトリスクだけはありますが。)

私自身、非常にすぐれた投資商品だと思っていますが、多くの投資家
には米国債の良さが広まっていません。その理由はなぜなのか。

それは日本の金融機関がまったく儲からないからの一言につきます。
米国債については、次回以降の記事でさらに詳しく情報を提供して
いきますが、投資信託と異なり、信託報酬のように毎年かかるコスト
はゼロです。

円をドルに変換するときに為替手数料がかかるのと、購入時手数料が
一部債券価格に組入られていますが、圧倒的にコスト面では優れています。

つまり投資家的には非常にメリットがある一方で、金融機関側から
すると収益につながらないため、日本でほとんど販売されていないのです。