投資をしている人であれば、一度は「投資信託」と「株」どっちがいいんだろう?
と考えたことがあると思います。

銀行や証券会社が自分たちの利益のことしか考えず、パフォーマンスが
非常に悪い投資信託を販売していたので、「投資信託は買うべきでない」
なんていうかなり偏った意見が多く聞こえてくるようになりました。

しかし、投資信託も株もどっちも良さがあり、目的に応じて使い分けるのがベストです。
そして使い分け方として、自分の志向性が非常に重要になってきます。

よく手数料が高い低いとか、購入できる金額が高い低いといったことを書いて
比較している人がいますが、そのあたりは枝葉の話で、もっと根本的な部分
(リスク許容度や志向性)によって、株か投資信託を選ぶべきです。

なかなかその点を説明している人がいないので、今日はそこについて書こうと思います。

株はリスク許容度が高く、自分でしっかり分析して、銘柄を選べる時間がある人向け

株は投資信託と比べて、リスク(値動き)が大きくなります。
なので、今の手元資金を大きく増やしたいという人は投資信託よりも株のほうが向いています。

また株を購入する場合は、四季報を読んだり、自分で企業のIR情報を分析したり、
株価に影響を与えるマーケットイベントに目を光らせていなければいけません。

そういう意味では、分析するのが得意、好きな人でないと、株式の運用はできません。
昨年、一年間を見れば、日経平均株価もかなり値上がりしたので、株を購入していた人は
たいてい儲かっていると思います。

しかし、「たまたま買った株が上がって儲かった」では、この先うまくいくかはわかりません。
しっかり企業を分析し、自分で購入するかしないかの法則を作り、
そのルールに則って売買しなければ、長期的に勝ち続けることはできないでしょう。

なので、一発ドカンと儲けたい人や分析するのが好きな人には株がおすすめです。

投資信託は、リスク許容度が低く、プロに運用をお任せしたい人向け

「投資信託は販売する側だけが儲かる」とか「投資信託は手数料が高い」とか、
金融庁からも「毎月分配型投資信託は顧客本位の商品ではない」と言われていますが、
表面的な意見だけを聞いて、投資信託=悪だと思ってしまってはいけません。

たしかに投資信託を買って、損をした人が多いのは事実でしょう。
しかし、投資は自己責任です。自分が何を買っているのかもわからず、
ただ銀行マンや証券マンの言いなりになって投資信託を購入してしまった
あなたにも落ち度はあるのです。

そして、投資信託の中にも非常に高いパフォーマンスを出している商品も
実際に存在しており、しっかりと商品を見極めれば、十分利益をあげることは可能です。

投資信託の一番のメリットはプロに運用をお任せできるということです。
運用のプロたちは、日々、企業を訪問して話を聞き、投資に値する企業かを調査しています。

そして有望な企業があれば、その企業の株式を私たちの代わりに購入してくれます。
「投資信託は手数料が高すぎる」といったバカなことを言う人もいますが、
企業をしっかり調べるためには調査費や人件費が必要です。

私たちは、自分で調査する代わりに手数料を支払って、
企業の調査をしてもらっているわけですから、ある程度の費用を払うのは当たり前です。

調査費用が少なくなったせいで、従来と同レベルの分析・調査業務が
できなくなってしまっては元も子もありません。

自分が稼いだお金を堅実に増やしたい、かつ自分で運用することには
自信がないという人は投資信託の購入をおすすめします。

悩むくらいなら、兎にも角にも、株と投資信託をどっちも買ってみる

つらつらと株向きの人、投資信託向きの人のことを書きましたが、結局のところ、
実際に買ってみないとわからないことが多いのも事実。

数万円あれば、どちらも購入することができますし、悩む時間があるのであれば、
どちらも少額で買ってみて、どちらの運用方法が自分にあっているか考えたほうが得策です。

初めからうまくやろうとするからこそ、悩んでしまいますが、
失敗なくして成功はありません。

まずは少額からでいいので、行動に移しましょう。それが何よりも大事なことです。