昨年、日興アセットのグローバル3倍3分法ファンドの
人気が爆発し、一世を風靡しました。

2019年は地合いも良かったので、グローバル3倍3分法
ファンドのパフォーマンスは通常の株式ファンドを超え
る結果となったわけですが、このレバレッジ型バランス
ファンドが人気のうちにと日興アセットがさらにとんで
もないファンドを設定しました。

それが、グローバル5.5倍バランスファンド(1年決算型)
『愛称:ゴーゴーバランス』です。

もうお分かりだと思いますが、5.5倍のレバレッジをかけて
運用をするファンドです。

はたしてどのようなファンドなのか、投資価値はあるのか
分析していきます。

グローバル5.5倍バランスファンド(1年決算型)『ゴーゴーバランス』の基本情報

投資対象は?

まずゴーゴーバランスの投資対象は株式、REIT、債券、
金に分散投資をしていきます。

純資産の5.5倍になるように、世界株式が100%、世界
REITが25%、先進国債券が400%、金が25%となるよう
に投資をしていきます。

ですので、あなたが仮に100万円を投資したら、世界株式
に100万円、世界REITに25万円、先進国債券に400万円、
金に25万円を投資しているようなイメージです。


※引用:交付目論見書

以下のグローバル3倍3分法のときとの資産配分比率の違い
を見てみると、ゴーゴーバランスでは金が新たに付け加え
られているのと、債券の比率が高まり、REITの比率が下が
っています。

ですので、グローバル3倍3分法ファンドがそのまま5.5倍の
レバレッジになったというわけではないということです。


※引用:交付目論見書

期待リターンとリスク

続いて、ゴーゴーバランスの期待リターンを見てみましょう。

2003年〜2019年のリスク(標準偏差)は20%程度でグロ
ーバルREITや金と同水準です。

そして、縦軸の平均リターンを見てみると、年20%を超え
る異常な結果となっています。

単純にこのような図だけをみると、ぜひ投資したいと思う
投資家の方もいると思うのですが、安易にこの図を信じす
ぎないようにしましょう。


※引用:交付目論見書

投資するにあたっての注意点

ゴーゴーバランスを検討している投資家には、2019年に
レバレッジ型ファンドで美味しい思いをした人たちが多い
と思います。

ただ、何度も言っていますが、純資産にレバレッジをかけ
て運用するということはリターンも大きくなりますが、
その分下落した時の損失も大きくなるということです。

今回、ゴーゴーバランスの紹介ページをみると、「短期
的な下落の大きさへの相応の覚悟が必要」と記載があり
ました。

まさにその通りで、先ほどの図のようなリターンを出す
には、大きく基準価額が下落したとしても保有を続けら
れるだけの精神力が必要になります。

大抵の人は、美味しい思いをしたいというだけで投資を
しているので、思ったように利益が出ず、損失が大きく
なると早々に損切りしてしまいます。

そのようなスタンスで臨むのであれば、そもそも投資を
しないほうが賢明です。

まとめ

レバレッジ型ファンドの真価が問われるのは、間違いなく
下落相場でのパフォーマンスです。

その下落幅を見ても、自分は精神的に耐えられると判断
すれば、投資をしてみても良いと思います。

このブログでは一貫してレバレッジ型のファンドはオススメ
していませんが、あえて私がレバレッジ型ファンドを購入
するとしたら、相場が大きく下落したタイミングを狙います。

現在の、NYダウが最高値を更新し続けているタイミングで、
ゴーゴーバランスを購入するような人は初回の大きな下落の
タイミングで離脱する人が多数出てきます。

私だったら、今は保有せずに、多くの人たちが離脱をし始め
るタイミングで逆に購入するでしょう。(そのタイミングを
見極めるのが難しいのですが。)

どちらにしても、すぐすぐ飛びつくようなファンドではなく、
まずはパフォーマンスをモニタリングしていくのが良いと
思います。