アムンディ・ジャパンが運用するアムンディ・りそなインド・ファンド
(愛称:マハラジャ)。新興国のファンドというのは、良くも悪くも
ボラティリティが高いので、一発ドカンと儲けたいと考えている
投資家に非常に人気があります。

昨年度、インド株式が非常に好調だったことから、再度注目が集まっており、
今日は、マハラジャを徹底分析していきます。

アムンディ・りそなインドファンド『マハラジャ』の基本情報

投資対象は?

主要投資対象はインド株式に投資をするルクセンブルク籍の
「Amundi Funds SBI FM エクイティ・インディア」I4クラス
(米ドル建)に投資しています。

実は、個人投資家によるインド企業への投資はADR(米国預託証券)
を除き現状は不可能です。

言い換えると、個人投資家はETFか「マハラジャ」のような類の
ファンドを通じてでないと、インド株式市場へ投資できないのです。

インド当局は外国人による自国市場への投資を制限するために、
ファンドからの株式投資を許可制にしています。

そのため運用会社にとってもファンド設定には非常に手間と時間が
掛かることから、インド株式投資信託を設定できる日本の運用会社は
限られており、日本ではインド株式投資信託はさほど多くありません。

アセットアロケーションを見ると、投資先は金融機関のウェイトを
高くしています。

インドはまだ産業全般に成長余地があるため資金需要が旺盛であり、
かつ発展途上国の特徴として市場金融よりも間接金融に依存している
傾向が高いことを考慮すると、納得できるポートフォリオだと言えます。

純資産総額はは?

マハラジャの純資産総額は、約250億円です。

パフォーマンスは悪くありませんが、なかなか純資産総額が
伸びません。その背景として、昨今の金融庁の指導により
マハラジャのようなテーマ型投資信託の販売に消極的に
なっていることが伺えます。


※引用:マンスリーレポート(2019年4月)

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

マハラジャの実質コストは2.15%となっており、カテゴリーの中では、
かなり高い水準です。

後述しますが、コストをかけるのであれば、それなりにベンチマークを
アウトパフォームしてほしいところです。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 2.14%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 2.15%(概算値)

※引用:運用報告書(2018年12月17日)

本当にマハラジャで大丈夫?10年以上圧倒的なパフォーマンスのアクティブファンド特集

アムンディ・りそなインドファンド『マハラジャ』の評価分析

基準価格をどう見る?

マハラジャの基準価額の推移を見てみると、2018年は大きく下落
しましたが、2018年末から大きく反発しており、この勢いで
上昇すれば2018年の高値も更新していきそうです


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

続いて、マハラジャの利回りを見てみましょう。

直近1年間の利回りは+7.21%、3年、5年、10年平均利回りは
年10%を超えるパフォーマンスとなっています。

同カテゴリーの中でも常に上位2割に入っており、運用がうまく
いっていることがわかります。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 +7.21% 23%
3年 +12.00% 15%
5年 +12.74% 20%
10年 +14.84 18%

※2019年4月時点

標準偏差は?

標準偏差まで確認する人はあまりいませんが、マハラジャの基準価額
のブレの大きさを知るには役立ちます。

単年で見るよりも中長期で見たほうが正確にブレ幅を予測することが
できますが、マハラジャの10年標準偏差は26.09となっています。

国内中小型株ファンドでも20程度であることを考えると、マハラジャの
基準価額の変動がいかに大きいかがわかります。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 22.07 33%
3年 17.57 41%
5年 19.82 44%
10年 26.09 71%

※2019年4月時点

年別のパフォーマンスは?

マハラジャの年別のパフォーマンスも見てみましょう。

プラスの年はかなり大きくプラスになっていますが、2桁マイナス
になることも頻繁にあるようで、基準価額のブレが大きいことが
ここからもわかります。

投資をするのであれば、あらかじめブレ幅が大きいことは理解した
上で中長期目線で投資しましょう。

年間利回り
2019年 +9.46%(1-3月)
2018年 ▲12.37%
2017年 +41.61%
2016年 ▲8.46%
2015年 +0.49%

※2019年4月時点 

最大下落率は?

マハラジャに投資をする前に、最大でどの程度下落する可能性が
あるのかを知っておくことは非常に重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく下落
した相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

それではここでマハラジャ の最大下落率を見てみましょう。
最大下落率は2008年1月~2008年12月の1年間で▲72.41%でした。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲35.53%
3カ月 ▲52.37%
6カ月 ▲60.87%
12カ月 ▲72.41%

※2019年4月時点

分配金の推移は?

マハラジャは運用がうまくいっているときだけ分配金を分配する
方針となっています。

リーマンショックのタイミングで70%下落したため、出したくても
出せなかったというのが本音でしょうが、今後、しっかりパフォー
マンスが良ければ、分配金は毎年出るものと想定されます。

ただ、このブログでは何度も言っていますが、分配金は受け取らずに
再投資したほうが投資効率は確実に高くなります。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金
2018年 0円
2017年 800円
2016年 0円
2015年 0円

※2019年4月時点

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知る
うえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流出しているということは、それだけこのファンドを解約
している人が多いということなので、評判が悪いということです。

パット見てわかるように、ほとんどの月で資金が流出していること
が見て取れます。ここからあまり評判がよくないことがわかりますね。


※引用:モーニングスター

アムンディ・りそなインドファンド『マハラジャ』の今後の見通し

インド株のバリュエーションは過去平均を上回っているため、今後の株価の
成長には少し慎重な姿勢が必要となります。

一方で、企業収益は底打ちしている公算が大きく(ビジネス環境の向上、
流通の改善、間接税の簡素化等)、企業の収益成長には期待が持てます。

6~9月のモンスーン期の降雨動向は、農業生産量に大きく左右し、インドの
インフレや金融施策に大きな影響を与えますが、インド気象局が今年の
モンスーン期(6~9月)の降雨量は平年並みと予想したので、今後の株価に
プラス要因となると思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

インド株式市場は長期的には成長余地はあるのは確実で、
あとは大きな下落時にいかに対処するかです。

下落時にうまくリスクオフするのは非常に難しいですが、
100年に1度のリーマンショック並みの下落はそうそう来ないと思われます。

インド一辺倒の投資はおすすめしませんが、総資産の10%程度であれば、
インドに投資してみても面白いかもしれませんね。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆マハラジャから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?