高利回り債券ファンドの代表格でもあるブラジル・レアル建債券ファンド。

私からすると、債券ファンドの仕組みやリスクをよくわかってないまま、
ブラジル債券を分散して買える程度にしか考えていない人が多く、
本当に大丈夫か?と思ってしまいます。

今日は、ブラジル債券ファンドの代表格である大和投信の
ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)を分析していきます。

毎月決算型を中心に見ていきますが、年1回決算型、年2回決算型を
保有している方、検討している方にも参考になるように分析していきます。

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)の基本情報

投資対象は?

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)の投資対象はブラジル・
レアル建債券です。投資する債券は、政府、政府機関、国際機関等
が発行する債券です。

種別で見ると、物価連動債、固定利付債、割引債などありますが、
100%ブラジル国債に投資をしています。

ブラジル国債の利回りは現在、約8%程度となっており、
これが注目を集めている要因ですね。


※引用:マンスリーレポート

ただ、注意しなければならないことがいくつかあります。

それは、ブラジル国債の格付が投資不適格のランク付けが
されていることです。

格付というのは、将来、元本と利息の支払いが止まる可能性を測る
指標ですが、BBB-以下というのは、投資不適格債券と呼ばれ、
機関投資家はリスクが高いため投資対象外としている債券です。

利回りが高いため、一部の投資家からは資金が集まっていますが、
ハイリスク債券ですので、くれぐれも注意してください。

そして、もうひとつ新興国で気を付けなければいけないのが、
為替の変動です。ドル円であれば、大きく変動するといっても
±10%程度なのでよいですが、新興国の為替は違います。

円/レアルで見ると、少なくとも過去5年で30%円高が進行していますので、
債券の利回りがいくら高くても、為替で利益が圧縮されてしまいます。

もちろん、円安方向に進めば、より利益が出るわけですが、
ただ、運に任せるのは投資ではありません。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性
がありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)は過去に6000億円ほどの
規模がありましたが、現在は900億円程度となっています。

規模としては、全く問題ありませんね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)の実質コストは、1.58%と
なっており、かなり割高となっています。購入時手数料と併せると
5%近く初年度に取られますので、おすすめはしづらい商品です。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.44%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.58%(概算値)

※引用:運用報告書(決算日2018年10月25日)

ブラジル・ボンド・オープンで本当に大丈夫?圧倒的に高いリターンを出しているアクティブファンド特集

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)の評価分析

基準価額の推移は?

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)の基準価額は、5,200円付近
となっています。

2018年は株式市場と同じく大きく下落してしまう結果となりました。
単純に相場が下落したというのもありますが、タコ足配当が行われて
いることとあわさって、下落が加速している形です。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)の直近1年間の利回りは
▲7.84%となっています。

3年超の平均利回りでは、プラスのリターンを維持できていますが
後述する年間の利回りを見ると、かなり値動きの大きな運用が
なされていることがわかります。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲7.84% 50%
3年 10.88% 22%
5年 2.59% 37%
10年 6.79% 53%

※2019年1月時点

標準偏差は?

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)の標準偏差を見てみると、
同カテゴリー内では平均以下となっています。

株式ファンド並みの標準偏差ですので、いかに値動きが大きいかが
よくわかりますね。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 24.74 88%
3年 18.71 82%
5年 19.58 67%
10年 18.14 43%

※2019年1月時点

年別のパフォーマンスは?

では、ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)の年別のパフォーマンス
を見てみましょう。

プラスの年は10%近くのリターンを出していますが、マイナスのときの
下落幅も大きく値動きがかなり大きくなっていることがわかります。

よくもわるくも新興国債券の特徴が出ている値動きですね。

年間利回り
2018年 ▲7.84%
2017年 8.64%
2016年 36.17%
2015年 ▲23.62%
2014年 9.10%

※2019年1月時点

最大下落率は?

投資を検討するうえで、標準偏差などから、価格変動の範囲を
ある程度は予想できますが、やはり実際に下落した度合いを
みたほうがイメージがわきます。

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)は2014年10月~2015年9月で
最大▲29.61%の下落を記録しています。

債券ファンドでこの下落幅はさすがに怖いですね。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲14.16%
3カ月 ▲25.45%
6カ月 ▲21.05%
12カ月 ▲29.61%

※2019年1月時点

分配金の推移は?

つづいて分配金の推移を見ていきましょう。

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)の分配金は毎月40円と
なっています。

一番、注意しなければならないのは、繰越対象額です。すでに、
4カ月分も残っておらず、もう間もなく減配されることが予想
されます。

仮に減配されたとしても、繰越対象額がかなり少なくなっています
ので、また減配されるでしょう。

分配金をあてにして投資するのであれば、このファンドはおすすめ
できませんね。

また、このブログでは何度も言っていますが、特別な事情がない限りは
毎月分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
114期 40円 6円 177円
115期 40円 8円 168円
116期 40円 6円 162円
117期 40円 8円 154円
118期 40円 8円 146円
119期 40円 1円 145円

※引用:運用報告書(決算日2018年10月25日)

評判はどう?

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)の評判はネットでの書き込み
などで調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、
月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけブラジル・ボンド・オープンを
解約している人が多いということなので、評判が悪いということです。

ブラジル・ボンド・オープンは見事に毎月資金が流出しており、
評判はすこぶる悪いと言えます。私も、即刻解約をおすすめするでしょう。


※引用:モーニングスター

ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)の今後の見通し

そもそも私は債券ファンドに投資する価値が見出せませんが、
ブラジル債券単体に投資をするのはリスクが非常に大きいので
やめておいたほうがいいと思います。

結局、前半でお伝えした信用力の問題と為替の問題を考慮したときに、
大きなリスクを負ってまで、ブラジル債券ファンドに投資をする理由が
ありません。

どうしてもブラジル債券に投資をしたいのであれば、ファンドに投資するよりは、
まだ直接ブラジル国債を購入したほうがよいでしょう。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆ブラジル・ボンド・オープンから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?