三井住友トラスト・アセットが設定しているコアラップ。

市場の下振れリスクを抑制するためにヘッジファンド等の
オルタナティブ運用を行っています。

確かに伝統的資産である株や債券だけより、リート、MLP、
ヘッジファンド、バンクローンなど幅広く投資を行ったほうが
リスクは下がるように見えるのですが、実際はどうなのでしょう?

今日は、コア投資戦略ファンド『コアラップ(成長型)』について、
独自の目線で分析していきます。

コア投資戦略ファンド『コアラップ(成長型)』の基本情報

投資対象は?

コア投資戦略ファンド『コアラップ(成長型)』は、株式や債券と
いった伝統的資産以外に、ヘッジファンド、リート、MLP、バンク
ローン、コモディティなどへも投資をしていきます。

普段聞かない名前が並んでいると思いますので、下図で内容を
確認しておいてください。

引用:交付目論見書

このように普段聞きなれない資産に投資をしている理由は、これらの
資産は一般的に株式や債券と価格連動性の相関が低く、分散投資の
効果があるからです。

成長型の場合は、「株式」「リート」「コモディティ」の投資割合が
原則75%未満になるように運用されます。

組み入れ銘柄のほとんどがインデックスファンドとなっており、
現在の投資比率は下記のようになっています


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性が
ありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

コア投資戦略ファンド『コアラップ(成長型)』は一時期2500億円程度
まで増えていましたが、パフォーマンスの悪化に伴い、純資産が減り、
現在は1000億円程度となっています。

純資産の規模としては全く問題ありません。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

コア投資戦略ファンド『コアラップ(成長型)』の実質コストは1.507%と
なっています。

コアラップは実質インデックスファンドで運用をしているので、
もう少し実質コストを下げられると思いますし、バランス型ファンド
のため、そこまで高いリターンが期待できない中での1.507%ですので、
手数料はかなり高く設定されています。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.518%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.507%(概算値)

※引用:最新運用報告書

実質コストを加味しても、コアラップ(成長型)よりはるかに優れたバランス型ファンドランキング

コア投資戦略ファンド『コアラップ(成長型)』の評価分析

基準価格をどう見る?

コア投資戦略ファンド『コアラップ(成長型)』の現在の基準価額は
12600円程度です。

2018年の1月以降は、基準価額を伸ばすことができておらず、2018年
10月末の下落分をようやく取り戻した状況です。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

つづいてコア投資戦略ファンド『コアラップ(成長型)』の利回りを
見てみましょう。

直近1年間の利回りは▲0.79%となっています。

3年平均、5年平均利回りはプラスを維持できてはいるものの、
バランス型ファンドのカテゴリー内では下位20%に入っています。

何より実質コストが高すぎて、投資家よりも運用会社が儲かるような
商品となってしまっているのが残念です。投資家のためを思って、
設定されたファンドとは到底思えません。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲0.79% 32%
3年 +2.60% 84%
5年 +0.50% 91%
10年

※2019年9月時点

標準偏差は?

コア投資戦略ファンド『コアラップ(成長型)』の標準偏差を見て
みると、同カテゴリー内では平均よりは上位にいます。

しかしパフォーマンスがいまいちですので、いくら基準価額の
変動幅が相対的に小さいと言ってもあまり魅力はありませんね。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 8.52 19%
3年 5.91 10%
5年 6.83 4%
10年

※2019年9月時点

年別の運用パフォーマンスは?

コア投資戦略ファンド『コアラップ(成長型)』の年別の運用パフォー
マンスを見てみると、2014年、2017年はプラスのリターンで終わって
いますが、2015年、2016年はマイナスで終わっています。

2018年もこのままいくとマイナスで終わりそうですので、やはり運用
がうまくいっていませんね。

年間利回り
2019年 +5.84%(1-6月)
2018年 ▲8.37%
2017年 +5.42%
2016年 ▲0.73%
2015年 ▲3.94%
2014年 +7.89%

※2019年9月時点

類似ファンドとのパフォーマンスの差は?

高いコストを支払ってアクティブファンドに投資をする前に、
低コストのインデックスファンドとパフォーマンスを比較して
おいて損はありません。

今回は、超低コストで非常に人気の高いeMAXIS Slim バランス
(8資産均等型)
とパフォーマンスを比べてみました。

結果はeMAXIS Slimバランスの圧勝です。アセットアロケーションが
異なりますので、一概に比較ができるとは言えませんが、高いコストを
支払ってもまったく増えないような投資商品に投資をするメリットは
何もありませんね。


※引用:モーニングスター

最大下落率はどのくらい?

投資を検討する上で、最大どの程度下落する可能性があるのかは
知っておきたいところです。

標準偏差から導くこともできますが、やはり実際に下落した幅を
見たほうがイメージがわくでしょう。

当ファンドは、2015年7月~2016年6月までの1年間で-12.06%下落
しています。

他のファンドと比べると分散効果を発揮して、下落幅は抑えられています。

中長期で保有することで、こういった下落も相殺できるわけなので、
くれぐれもすぐに売却しないようにしてください。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲4.40%
3カ月 ▲7.38%
6カ月 ▲7.96%
12カ月 ▲12.06%

※2019年9月時点

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知る
うえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流出しているということは、それだけこのファンドを解約
している人が多いということなので、評判が悪いということです。

コア投資戦略ファンド『コアラップ(成長型)』は昨年2015年末から
毎月資金が流出しており、解約が続出しています。

様々なアセットに分散するのはよいですが、この程度のパフォー
マンスでは投資家も納得できませんね。


※引用:モーニングスター

コア投資戦略ファンド『コアラップ(成長型)』の今後の見通し

伝統的資産である株や債券以外のリート、MLP、ヘッジファンド、
バンクローンにも分散していくという発想自体は面白いと思いますが、
結局手数料が高すぎます。

色々な資産を組み合わせる=自分が理解できないけれど、何か良い
効果があるに違いないと思ってしまいがちですが、基本的に自分が
理解できない場合に良い結果を生むことはありません。

そして、分散投資されていて、運用がうまくないと大きく下落した
あとに、元の水準まで戻すのに相当の時間を要します。

私個人としては、よく調べもしないで、多くの種類の資産に
とりあえず分散しておくという投資はあまりお勧めしていません。

しかし、それでも分散させたいんだという人は、少なくともコストが
安いeMAXIS slim バランス(8資産均等型)などのほうがよほど高いパフォーマンスが
期待できると思いますよ。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆コアラップ(成長型)から乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?