一時期は8000億円を越えるほど大人気だった大和投信の
ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)。

パフォーマンス自体は決して悪くないのですが、過剰な分配が
なされていたことで近年はとにかく不人気となっており、当時
の半分以下の水準まで低下しています。

果たして今からでも投資する価値があるのか、今日はダイワ米国
リート・ファンド(毎月分配型)を徹底分析していきます。

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)為替ヘッジなしの基本情報

投資対象は?

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)の投資対象は、米国REITです。

米ドル建資産のポートフォリオの配当利回りが市場平均以上になることを
目指します。

世界のREITの市場規模は160兆円ほどありますが、その60%超が米国REIT
を占めており、この約160銘柄に投資をしていきます。


※引用:交付目論見書

投資対象をもう少し細かく見てみると、集合住宅やデータセンター、
貸倉庫の比率が高くなっています。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認するようにしてください。

純資産総額は大きいほうが、ファンドマネージャーが資金を運用する際に
効率よくできたり、保管費用や監査費用が相対的に低くなりますので、
コストが低く抑えられます。

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその投資信託に
力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなることもありますので
注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)は2015年頃まで8000億円を
超える規模になっていましたが、基準価額の下落とともに、純資産を
減らしています。

とは言っても、未だ2700億円の純資産がありますので、規模としては
全く問題ありません。

ようやく毎月分配型ファンドのデメリットに気づいた投資家も増えて
きており、解約が続いているような状況です。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用がかかって
いることをご存知ですか?

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式売買手数料や
有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストがかなり
割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)の実質コストは1.69%と
かなり割高です。

それに加えて高い購入時手数料もかかりますので、購入した初年度から
5%近く資産が目減りしてしまいます。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.672%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト 1.69%(概算値)

※引用:最新運用報告書

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)為替ヘッジなしの評価分析

基準価額の推移は?

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)の基準価額は直近3年間で
約40%ほど下落しています。

分配金を支払わずに運用した場合の基準価額(青線)を見ると、3年間で
20%程度は上昇していますので、ファンドの収益以上の分配を続けて
いることがわかります。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)の直近1年間の
利回りは+24.30%と好調です。2018年以降は、右肩上がりに
上昇しており、リートはとにかく好調です。

短中期の利回りでは5%前後、10年平均利回りでは10%を超える
結果となっており、同カテゴリー内でも上位3割程度には常に
ランクインしている状況です。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 +24.30% 18%
3年 +6.00% 36%
5年 +4.05% 35%
10年 +11.76% 19%

※2020年1月時点

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している海外REIT ランキング

標準偏差は?

標準偏差まで確認する人はあまりいませんが、ダイワ
米国リート・ファンド(毎月分配型)の基準価額の変動幅の
大きさを知るには役立ちます。

J-REITの場合、標準偏差は7~8ですので、米国REITは
少し変動幅が大きいことがわかります。日経225に連動する
インデックスファンドよりは小さくなっていますね。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 10.29 37%
3年 12.22 55%
5年 14.41 51%
10年 16.85 38%

※2020年1月時点

年別のパフォーマンスは?

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)の年別のパフォー
マンスも見てみましょう。

2014年に50%近くのとてと高いリターンを獲得したあとは、
なんともパッとしないパフォーマンスが続いていましたが、
2019年は20%を超えるリターンとなっており、ついに米国
リートに復調の兆しが見えてきました。

年間利回り
2019年 24.30%
2018年 ▲5.81%
2017年 +1.73%
2016年 ▲0.96%
2015年 +3.39%
2014年 +49.70%

※2020年1月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)に投資を検討する
上で、類似ファンドとのパフォーマンス比較をしてみましょう。

今回は、同じく米国リートに投資ができるフィデリティ・USリート・
ファンドB
ダイワ・US-REITと比較をしてみました。

結果は、わずかではありますがダイワ米国リート・ファンド
(毎月分配型)が一番優れているという結果となりました。

どちらも過剰な分配を続けているのでおすすめしづらいですが、
あえて選ぶなら、ダイワ米国リートファンドがいいと言えます。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)に投資をする前に、
最大でどの程度下落する可能性があるのかを知っておくことは非常に
重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく下落した
相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

それではここでダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)の
最大下落率を見てみましょう。

最大下落率はリーマンショック時に6カ月間で最大59.81%下落しました。
さすがにここまでの下落はそうそう来ないと思いますが、株式ファンド
と同程度の下落は起こりうると思っておいてください。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲31.54%
3カ月 ▲49.48%
6カ月 ▲59.81%
12カ月 ▲57.72%

※2020年1月時点

分配金の内訳と余力は?

毎月分配型のファンドに投資をするのであれば、分配金がちゃんと
ファンドの収益で賄われているのか確認しておいて損はありません。

ダイワ・米国リート・ファンドでは、分配金のうち7割超が当期の
ファンド収益以外から分配されており、あなたの投資元本が削られ
ていることがわかります。

実質、あなたが投資したお金が毎月戻ってきているだけだと
思っていただいても差し支えないレベルです。

減配したので、分配金余力は増えましたが、基準価額に対する分配金の
利回りを示す分配利回りが12%を超えており、ファンドのパフォーマンス
が悪化すれば、急速に分配金が減っていくので注意してください。

また、このブログでは何度も言っていますが、特別な事情がない限りは
毎月分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
177期 50円 2円 2,686円
178期 50円 49円 2,636円
179期 30円 21円 2,615円
180期 30円 22円 2,592円
181期 30円 29円 2,562円
182期 30円 0円 2,620円

評判はどう?

それでは、ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)の
評判はどうでしょうか?

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入を見る
ことで、評判がわかります。

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪くなって
いれば、資金が流出超過になります。

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)は2016年まで大きく
資金が流入していましたが、減配されると同時に資金の流出が
止まらなくなっています。

2017年以降は毎月資金が流出しているので、評判も落ちていることが
わかりますね。


※引用:モーニングスター

ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)為替ヘッジなしの今後の見通し

いかがでしょうか?

米国経済は、好調な労働市場を背景に、今後も底堅い展開が予想され、
米国の実物不動産市場も、賃料上昇・物件の稼働率など堅調を維持する
と想定されます。

また、米国REIT市場は、FRBの金融引き締めに対する慎重なスタンス、
好調な実物不動産市況、割安なバリュエーションなどを反映しながら、
底堅く推移するものと考えられます。

投資対象としては十分魅力のある米国REITですが、毎月分配型の
ファンドとなると話は変わります。

過度のタコ足配当を続けているようなファンドは投資家を騙している
としか思えず、残念ながらこのようなファンドには投資をしないほうが
賢明です。