ついにeMAXIS SlimシリーズからもS&P500が登場しました。
S&P500信者の私としては、各運用会社が競争してコストの
安いファンドを設定してくれるのはありがたい限りです。

今までは、iFree S&P500インデックス一択でしたが、
果たして、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)はどうなのでしょうか?

今日は、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)を徹底分析していきます。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の基本情報

投資対象は?

投資対象は、米国の株式に投資し、S&P500指数(円ベース)に連動する
運用成果を目指します。

S&P500は、S&P Dow Jones Indicesが算出している
アメリカの代表的な株式指数で、ニューヨーク証券取引所、NASDAQに
上場している銘柄から代表的な大型株500銘柄の株価をもとに算出される指標です。

私は、このブログでS&P500信者と何度も言っていますが、
その理由が下図を見ていただくとわかります。

S&P500のように右肩上がりに上昇しつづけている指標はほぼありません。
インデックスファンドの場合は、ベンチマークに沿ったパフォーマンスに
なるわけですので、ベンチマークが右肩上がりであればあるほど、
利益が期待できるというわけです。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

インデックスファンドにおいて、実質コストというのは何よりも重要な項目です。
S&P500連動型のファンドは数多くはありませんが、今後間違いなく
増えてくるでしょう。

そうすると、ベンチマークに連動するので利益はどこも差がつきませんので、
実質コストの部分で良し悪しを決めることになるわけです。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は運用報告書が出ていませんので、
正確な数値はわかりませんが、現状最安値と言えるでしょう。

購入時手数料 0
信託報酬 0.1728%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト まだ不明

信託報酬の比較

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 0.1728%(税込)
iFreeS&P500インデックス 0.243%(税込)
iシェアーズ 米国株式インデックス 0.405%(税込)
農中つみたてNISA米国株式 S&P500 0.486%(税込)

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の評価分析

利回りは?

まだ運用開始してわずかな期間しか経っていないませんが、
S&P500をベンチマークとするETFがありますので、そちらの
パフォーマンスが参考になります。

今回は日興アセットマンジメントの上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
『愛称:上場S&P500米国株』を見てみたいと思います。

直近1年間の利回りは+19.76%、3年、5年の平均利回りでも10%を超えています。
インデックスファンドとしてこのパフォーマンスであれば十分でしょう。


※2018年9月時点 ランキングにはアクティブファンドも含まれます。

四半期別運用パフォーマンス

下に四半期別の運用パフォーマンスも載せておきます。
こちらも投資の検討材料としてください。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)について個人的感想

世界三大投資家であるウォーレン・バフェットが彼の妻に
「自分が死んだら、資金90%はS&P500インデックスに投資をせよ」
という言葉を残しているのをご存じでしょうか?

バフェットの会社であるバークシャー・ハサウェイは年利20%以上の
高パフォーマンスを出し続けていますが、常にS&P500(配当込)との
投資成果を競い合わせており、いかにバフェットがS&P500を重要視
していたかがわかります。

これは裏を返せば、S&P500に組み込まれるような米国の企業は時代を
超えて素晴らしい成果を上げているから、今後もそれを信じて投資を
しましょうということです。

また多くの人は知りませんが、過去のデータを分析してみると、
S&P500は過去のどの15年間をとっても、年利4%以上の高い
パフォーマンスを出しています。

ですので、長期で保有をしていれば、最低でも年利4%は超えてくる
可能性が高いというわけです。

あなたがもし海外のインデックスファンドを探しているのであれば、
私はこの1本をお勧めします。