超低コストのeMAXIS Slimシリーズの中でも特に私がおすすめしたい
のが、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。

まさかここまで低コストでS&P500に投資ができるファンドが出てくる
とは思っていませんでしたので、私からするとかなりの衝撃です。

今までS&P500に投資ができるインデックスファンドと言えば、
大和投信のiFree S&P500インデックスしかありませんでした。

iFree S&P500インデックスもかなりコストは抑えられていたので、
十分おすすめなのですが、三菱UFJ国際が大和投信の人気ぶりを見て、
さらに低コストのeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を設定してくれました。

果たしてパフォーマンスはどうなのでしょうか?

今日は、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)を徹底分析していきます。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の基本情報

投資対象は?

投資対象は、米国の株式に投資し、S&P500指数(円ベース)に
連動する運用成果を目指します。

S&P500は、S&P Dow Jones Indicesが算出しているアメリカの
代表的な株式指数で、ニューヨーク証券取引所、NASDAQに
上場している銘柄から代表的な大型株500銘柄の株価をもとに
算出される指標です。

私はインデックスファンドに投資をするのであれば、ベンチマークが
とにかく重要だと言い続けてきています。

これは、ベンチマークが中長期的に成長していなければ、いくら
コストが安くても資産は増えないからです。

そしてS&P500(配当込み、円ベース)の平均利回りを以下に示します
が、ご覧のとおり、20年、30年の平均利回りを見ても、非常に高い
パフォーマンスとなっています。

当然あのリーマンショックも込みのパフォーマンスなので、いかに
優れた実績を残しているかがわかります。

平均利回り
1年 7.2%
3年 9.2%
5年 13.4%
10年 16.3%
15年 9.1%
20年 6.0%
30年 10.0%

※引用:わたしのインデックス(2018年12月時点)

純資産総額は?

つづいて、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の純資産総額を見てみましょう。

純資産総額が小さいと運用が効率的に行えず、余計なコストが発生
したり、運用会社も運用に力を入れないため、パフォーマンスが
優れないといったデメリットが発生します。

特に1期目などは純資産総額が小さくてコストが割高になるので、
注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の純資産総額は、現在80億円程度
となっています。

2018年7月に新規設定されたばかりで、すでに100億にせまっている
時点でかなり人気があることがわかります。


※引用:マンスリーレポート(2018年12月時点)

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのコストを含めたものを実質コストと言いますが、実質コストは
思った以上に高くなっていることもありますので、投資する前に
必ず確認しておきたい項目です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

そして、インデックスファンドにおいて、実質コストというのは
何よりも重要な項目です。

S&P500連動型のファンドは数多くはありませんが、今後間違いなく
増えてくるでしょう。

そうすると、ベンチマークに連動するので利益はどこも差がつきません
ので、実質コストの部分で良し悪しを決めることになるわけです。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は運用報告書が出ていませんので、
正確な実質コストはわかりませんが、現状信託報酬ベースで見ると
最安値ですので、実質コストもほぼ最安値でしょう。

購入時手数料 0
信託報酬 0.1728%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト まだ不明

信託報酬の比較

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 0.1728%(税込)
iFreeS&P500インデックス 0.243%(税込)
iシェアーズ 米国株式インデックス 0.405%(税込)
農中つみたてNISA米国株式 S&P500 0.486%(税込)

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の評価分析

基準価額の推移は?

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の基準価額の推移を見てみましょう。

設定した後すぐに大きな下落相場が来ましたので、基準価額はほぼ
10000円近辺を推移しています。まだこれからに期待というところ
でしょう。


※引用:モーニングスターWEBサイト(2018年12月時点)

利回りはどう?

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、まだ運用開始してわずかな期間しか
経っていないので、S&P500をベンチマークとするETFのパフォーマンス
を参考にみてみたいと思います。

今回は日興アセットマンジメントの上場インデックスファンド米国株式
(S&P500)『愛称:上場S&P500米国株』です。

直近1年間の利回りは+6.63%、3年平均利回りが約8%、5年平均利回りが
約12.5%となっています。低コストのインデックスファンドでこのパフォ
ーマンスを得られれば十分ですね。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 6.63% 32%
3年 7.94% 22%
5年 12.49% 16%
10年

※2018年12月時点

標準偏差は?

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)『愛称:上場S&P500
米国株』の標準偏差を見てみると、カテゴリー内では上位30%と
なっています。

パフォーマンスも悪くないですし、基準価額の変動幅も上位にランクイン
できているので、優れた結果を残していると言えます。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 13.84 34%
3年 14.47 22%
5年 15.55 29%
10年

※2018年12月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)への投資を検討するのであれば、
大和投信のiFree S&P500インデックスとのパフォーマンスを比較
しておきましょう。

まだ運用期間が短いですが、直近6カ月程度で比較してみると、実は
iFree S&P500インデックスのほうがパフォーマンスが上回っています。

これを見てすぐに、じゃあiFreeS&P500インデックスのほうに乗り換え
ようと思うのは時期尚早ですが、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は
実質コストがかなり割高になっているようですね。

1年2年経てば安定してくると思いますが、注意しながら見ていきたい
ところです。

※引用:モーニングスター

評判はどう?

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の評判を確認するうえで、インターネット
で調べることもできますが、偏った意見も多いので全体像がつかめません。

そんなときに役に立つのが毎月の資金流出入額です。資金が流入超過と
なっていれば、投資信託を購入している人が多いということなので、
評判がよくなっているということになります。

逆に流出超過となっている場合は、解約している人が多いということ
なので、評判が下がっているということになります。

では、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の流出入額を見てみましょう。
毎年流入超過となっていますので、評判は上々ということですね。

※引用:モーニングスター

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)について個人的評価

世界三大投資家であるウォーレン・バフェットが彼の妻に「自分が
死んだら、資金90%はS&P500インデックスに投資をせよ」という
言葉を残しているのをご存じでしょうか?

バフェットの会社であるバークシャー・ハサウェイは年利20%以上の
高パフォーマンスを出し続けていますが、常にS&P500(配当込)との
投資成果を競い合わせており、いかにバフェットがS&P500を重要視
していたかがわかります。

これは裏を返せば、S&P500に組み込まれるような米国の企業は時代を
超えて素晴らしい成果を上げているから、今後もそれを信じて投資を
しましょうということです。

前半部分で紹介しましたが、S&P500自体は30年間の平均利回りが
10%を超えていますので、中長期で保有すれば大きな資産形成に
つながるということです。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018でもトップ10入りするなど
多くのブロガーからも評価されていますので、あなたがもし海外株式に
投資をすることを検討しているのであれば、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
はおすすめの1本です。