モーニングスターのファンド・オブ・ザ・イヤーを2年連続で受賞し、
一躍注目を集めるようになった円奏会。

ゆうちょ銀行が販売に力を入れたことと、リスクを極力抑えて運用
したいという預金者の意向を反映させたファンドとして、多くの
投資家が保有しています。

しかし、中身を細かく分析してみると、本当にこのファンドに投資
していて大丈夫なの?と思える点があります。

今日は、円奏会の評判や今後の見通しについて、独自の目線で分析
していきます。

東京海上・円資産バランスファンド『円奏会』の基本情報

投資対象は?

まず円奏会の投資対象は、国内株式、国内債券、国内REITで、基準価額
の変動リスク抑制と安定した収益の確保の両立を目指して運用します。

各資産への基本配分比率は国内債券が70%、国内株式が15%、国内REITが
15%となっており、基準価額の変動リスクが大きくなった時は、基準価額
の変動リスクを年率3%程度に抑制することを目標としています。

ここで気づく人は気づきますが、アクティブファンドで国内債券を保有
する場合、実質コストが高いため、国内債券部分は収益がトントンもしく
はマイナスにしかならないという点です。

実質、この70%部分は運用会社と販売会社が儲けるためにだけ存在する
といっても過言ではないです。

そして、ファミリーファンド方式となっており、東京海上・円建て
投資適格債券マザーファンド、東京海上・高配当低ボラティリティ
日本株ファンド、TMA日本REITマザーファンドのにそれぞれ投資を
していきます。

各ファンドの組み入れ銘柄は下図のようになっています。

東京旅客鉄道の普通社債のクーポンは2.166%と比較的高いのですが、
それ以外は0.2~0.3%程度しかなく債券マザーファンド全体でみると、
利回りは1%程度にしかなりません。

リスクはかなり低いですが、リターンが低すぎますね。

純資産総額は?

続いて、円奏会の純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性が
ありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

円奏会は2014年ごろから資産が増え始め、現在では4200億円近くに
まで膨れています。純資産総額の規模としては全く問題ありません。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなけれ
ばなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

円奏会の実質コストは0.913%となっており、同カテゴリーの中では
かなり安い水準です。

しかしそれでも、1%近くありますので、高コストファンドと言えます。

購入時手数料 1.62%(税込)
信託報酬 0.9072%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.913%

※第69期 運用報告書(決算日2018年7月23日)より

東京海上・円資産バランスファンド『円奏会』の評価分析

基準価格をどう見る?

円奏会の基準価額は現在11400円です。

分配金利回りが3%程度であるため、運用益だけでは少し賄いきれて
いませんが、そこまで基準価額の下落に影響はありません。

利回り3%程度での運用はできているため今後も基準価額は大きく
上下はしないでしょう。

利回りはどれくらい?

円奏会の直近1年の利回りは+0.80%となっています。

3年、5年平均利回りは、2%を超えており、カテゴリーのランキングも
比較的上位に位置しています。

標準偏差(リスク)も3%以内に収まっているので、想定通りの運用と
言えるでしょう。

平均利回り %ランク
1年 0.80% 48%
3年 2.08% 25%
5年 3.47% 36%
10年

※2018年10月時点

標準偏差は?

円奏会の標準偏差を見てみると、同カテゴリー内では常に上位2割以内
に入っています。

円奏会に投資をする人はリスクをとにかく抑えたい人だと思いますので、
基準価額のブレが小さいことはありがたいと思います。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 1.65 14%
3年 1.82 16%
5年 2.05 9%
10年

※2018年10月時点

年別運用パフォーマンスは?

円奏会の年別の運用パフォーマンスを見てみましょう。
安定的にプラスのリターンを維持できており、投資家からすると
高評価です。

年間利回り
2018年 0.51%(9月末)
2017年 1.60%
2016年 3.18%
2015年 1.26%
2014年 9.55%

※2018年10月時点

「アクティブファンドは儲からない」は嘘!私のファンド運用実績を㊙公開

分配金の推移は?

分配金の推移を見てみると、2014年ごろから毎月30円の分配を維持
しています。

分配金利回りは3%程度で、分配金余力も60か月ほどありますので、
分配金が減額される心配は当分ありません。

ただし、見ての通り、当期収益以外から分配金の50%超が支払われており、
タコ足配当になっていることが明白です。

分配金 当期収益以外 繰越対象額
64期 30円 27円 1,861円
65期 30円 19円 1,841円
66期 30円 2円 1,839円
67期 30円 21円 1,817円
68期 30円 27円 1,790円
69期 30円 25円 1,765円

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知るうえで
一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは、それだけ東京海上・円資産バランス
ファンド『円奏会』を購入している人が多いということなので、評判が
良いということです。

円奏会は2014年以降、ほぼ毎月資金が流入しており、非常に人気が高い
ファンドとなっています。

ただ実際のところはゆうちょ銀行がごり押しの販促活動を行ったと
言うのが大きいのですが。

東京海上・円資産バランスファンド『円奏会』の今後の見通し

いかがでしたでしょうか?

東京海上・円資産バランスファンド『円奏会』のリターンは実質、
株式部分とリート部分で賄っており、債券部分は利回り1%程度しかない
中で、実質コストが約1%ほどかかっていますので、ほとんど手残りが
ない状況です。(運用会社と販売会社だけが儲かる)

そして、この債券が全体の7割を占めていますので、株式とリートで
収益を上げても、ファンド全体で見ると、大きなリターンにはなりません。

リターンが2%程度で安定していると思ってしまいがちですが、実態は
あなたの投資した資金のうち約3割部分だけで収益を上げているため、
このようにリターンが少なくなっているのです。

そして、大概の人は、マザーファンドがどのようなパフォーマンスで
運用されているファンドなのかまで調べることはありませんので、
カモにされてしまうわけです。

このようなファンドに投資をするくらいであれば、7割の資金は現金
として寝かせておいて、残り3割の資金で自分がこれだ!と思える株式
ファンドもしくはリートを購入したほうが、あなたの大事な資金を
リスクにさらすことなく、うまく運用できるでしょう。

根本的に私はバランスファンドはあまりおすすめしません。
バランス型ファンドの本当のデメリット。なぜ私はおすすめしないのか