モーニングスターのファンド・オブ・ザ・イヤーを2年連続
で受賞し、一躍注目を集めるようになった円奏会。

ゆうちょ銀行が販売に力を入れたことと、リスクを極力
抑えて運用したいという預金者の意向を反映させたファンド
として、多くの投資家が保有しています。

しかし、中身を細かく分析してみると、本当にこのファンド
に投資していて大丈夫なの?と思える点があります。

今日は、円奏会の評判や今後の見通しについて、独自の目線
で分析していきます。


東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)『円奏会』の基本情報

投資対象は?

まず円奏会の投資対象は、国内株式、国内債券、国内REITで、
基準価額の変動リスク抑制と安定した収益の確保の両立を
目指して運用します。

各資産への基本配分比率は国内債券が70%、国内株式が15%、
国内REITが15%となっており、基準価額の変動リスクが
大きくなった時は、基準価額の変動リスクを年率3%程度に
抑制することを目標としています。

ここで気づく人は気づきますが、アクティブファンドで国内
債券を保有する場合、実質コストが高いため、国内債券部分は
収益がトントンもしくはマイナスにしかならないという点です。

金利が低下しているときは、債券価格が上昇しますので、
基準価額は上昇しますが、本来の利子収入は手数料負けして
しまっているのが、現状です。

実質、この70%部分は運用会社と販売会社が儲けるために
だけ存在するといっても過言ではないです。

※引用:交付目論見書

そして、ファミリーファンド方式となっており、東京海上・
円建て投資適格債券マザーファンド、東京海上・高配当低
ボラティリティ日本株ファンド、TMA日本REITマザーファン
ドのにそれぞれ投資をしていきます。


※引用:交付目論見書

まずは債券部分を見ていきましょう。

組入銘柄数は1543銘柄で平均格付はAAとなっています。
社債が中心なので、少しリスクを高めて高い利回りを狙い
つつ、分散投資をしていることがわかります。

最終利回りが0.38%しかありませんので、満期まで保有
をするだけでは明らかにコスト負けしてしまいます。

そのため、中途売却しているわけですが、年1%程度しか
プラスになっていませんので、ほとんどは手数料で取られ
てしまうことになります。


※引用:マンスリーレポート

続いて、株式部分を見ていきましょう。株式は104銘柄で
構成されています。もともと商社など配当が高い銘柄が
選択されていましたが、コロナショックの影響もあり、
内需関連銘柄中心になっていますね。


※引用:マンスリーレポート

REITは50銘柄で構成されており、予想配当利回りは4.61%になる
ようです。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、円奏会の純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた
資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄
を入れ替えることができなかったり、純資産総額が大きく
減少していると、ファンドの組み替えがうまくできず、予期
せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

円奏会は2014年ごろから資産が増え始め、現在では6800億円
近くにまで膨れています。国内でもトップクラスの規模です。

純資産総額の規模としては全く問題ありません。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬
以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用など
が含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資
判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

円奏会の実質コストは0.928%となっており、同カテゴリーの
中ではかなり安い水準です。

しかしそれでも、1%近くありますので、高コストファンドと言えます。

購入時手数料 1.65%(税込)※上限
信託報酬 0.924%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.928%

※引用:最新運用報告書

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)『円奏会』の評価分析

基準価格をどう見る?

円奏会の基準価額は2020年のコロナショックまでは分配金
とのバランスを見ながら、11500円近辺を維持していました
が、コロナショックで10%近く下落しています。

分配金を受け取らずに再投資した場合の基準価額(青線)は、
2020年まで右肩上がりに上昇しており、コロナショックまで
は着実に着実にリターンをあげていました。

円奏会はもともとリスク3%程度になるように運用する
という戦略を掲げていましたが、コロナショック時は、
銘柄の組み替えが後手に回り、結局大きな損失を出して
しまった形ですね。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

円奏会の直近1年の利回りは▲4.31%となっています。3年
平均利回りもマイナスとなっており、5年平均利回りは、
かろうじてプラスです。

現時点で言えるのは、一番儲かっているのは、運用会社
や販売会社ということです。

安定志向の投資家からすると1%~2%の利益が望ましい
と思うかもしれませんが、本来出るはずの利益を運用
会社に取られているとおもったほうがよいでしょう。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解して
いますか?

もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいて
ください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲4.31% 46%
3年 ▲0.05% 49%
5年 +0.62% 27%
10年

※2020年4月時点

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年平均利回りランキングで見る圧倒的に優れた投資信託まとめ

標準偏差は?

標準偏差は基準価額の変動幅の大きさを把握するときに
役立ちます。

円奏会の標準偏差を見てみると、同カテゴリー内では常に
上位2割以内に入っています。

円奏会の一番の特徴といってもよかった、リスク3%以内に
抑えた運用ですがが、コロナショックの影響で、6%近く
まで上昇してしまっています。

今回のコロナショックでよくわかったのは、円奏会の運用
チームはコロナショックに合わせて銘柄を適切に組み替える
ことができず、その分投資家は被害を受けたということです。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 6.44 20%
3年 4.09 6%
5年 3.44 4%
10年

※2020年4月時点

年別運用パフォーマンスは?

円奏会の年別の運用パフォーマンスを見てみましょう。

2019年までは、安定的にプラスのリターンを維持できて
おり、投資家からすると高評価でしたが、コロナショック
を受けて、ここ4年間くらいの運用益はほぼ消えてなくなり
ました。

こういったリスクを抑えたファンドがコロナショックの
ような暴落時に比較的大きな損失を出してしまっては、
投資家として期待外れですね。

年間利回り
2020年 ▲7.13%(1-3月)
2019年 +5.59%
2018年 ▲0.38%
2017年 +1.60%
2016年 +3.18%
2015年 +1.26%
2014年 +9.55%

※2020年4月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

円奏会に投資をするのであれば、同じようにリスクを
抑えて手堅く運用できるアクティブファンドと比較を
しておいて損はありません。

今回は、アセマネOneの投資のソムリエと比較をして
みました。

円奏会(黄色)と投資のソムリエ(赤線)はコロナショック
前までは、買ったり負けたりの状態が続いていました。

しかし、コロナショックで大きな差がつきました。

正直、コロナショックといった暴落相場を予見して、
ポートフォリオを組み替えるのは至難の業なのですが、
投資のソムリエはポートフォリオを適切に組み替える
ことで、損失を極力抑えることに成功しています。

リスクも4%以内という運用戦略どおりの運用を行えて
おり、普段バランスファンドをおすすめしない私ですが、
投資のソムリエならば、投資家としても安心して投資が
できると思っています。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

円奏会に投資をする前に、最大でどの程度下落する可能性が
あるのかを知っておくことは非常に重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく
下落した相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

円奏会の最大下落率は2020年の3カ月で▲7.13%です。

コロナショックが起きるまでは最大損失も2%台だったので、
投資家も安心できたと思いますが、コロナショック後の
最大損失額を見ると、少し怖いですね。

下落率
1カ月 ▲5.42%
3カ月 ▲7.13%
6カ月 ▲6.89%
12カ月 ▲4.31%

※2020年4月時点

分配金の推移は?

分配金の推移を見てみると、2014年ごろから毎月30円の
分配を維持しています。

分配金利回りは3%程度で、分配金余力も55か月ほどあり
ますので、分配金が減額される心配は当分ありません。

ただ、この程度の分配金であれば、出す必要があるのか
甚だ疑問です。

また、このブログでは何度も言っていますが、特別な事情が
ない限りは毎月分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
82期 30円 1,677円
83期 30円 1,807円
84期 30円 1,846円
85期 30円 25円 1,821円
86期 30円 29円 1,791円
87期 30円 16円 1,775円

毎月分配型か年1回型どちらがいい?

円奏会には毎月分配型と年1回型の2つがありますが、
どちらがおすすめなのか。

このブログでは何度もお伝えしていますが、基本的に
分配金を出せば出すほどリターンは悪化します。

円奏会の場合は分配利回りが3%程度なので、ほとんど
影響はありませんが、以下のように、毎月分配型のほうが
わずかですが、パフォーマンスが悪化しています。

これは、分配利回りが高くなればなるほど、顕著に差と
なって現れます。

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を
知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは、それだけ東京海上・
円資産バランスファンド『円奏会』を購入している人が
多いということなので、評判が良いということです。

円奏会は2014年以降、ほぼ毎月資金が流入しており、非常に
人気が高いファンドとなっています。


※引用:モーニングスター

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)『円奏会』の今後の見通しと評価まとめ

いかがでしたでしょうか?

東京海上・円資産バランスファンド『円奏会』のリターンは
実質、株式部分とリート部分で賄っており、債券部分は利回り
1%程度しかない中で、実質コストが約1%ほどかかっています
ので、ほとんど手残りがない状況です。(運用会社と販売会社
だけが儲かる)

そして、この債券が全体の7割を占めていますので、株式と
リートで収益を上げても、ファンド全体で見ると、大きな
リターンにはなりません。

リターンが2%程度で安定していると思ってしまいがちですが、
実態はあなたの投資した資金のうち約3割部分だけで収益を
上げているため、このようにリターンが少なくなっているのです。

そして、大概の人は、マザーファンドがどのようなパフォーマンスで
運用されているファンドなのかまで調べることはありませんので、
カモにされてしまうわけです。

何より、問題なのは、リスクを3%以内に収める運用を目指す
と謳っておきながら、今回のコロナショックでは、リスク3%
をはるかに上回る運用がされてしまっているということです。

コロナショックのような暴落相場でこそ、リスクを抑えた
運用をしてほしいにもかかわらず、このような運用では、
投資家も安心して投資をすることができません。

そう考えると、コストは割高ですが、投資のソムリエの
ほうがコロナショックでもしっかりとリスクを抑えた運用
ができていますので、安心して運用をお任せできますね。

根本的に私はバランスファンドはあまりおすすめしません。
バランス型ファンドの本当のデメリット。なぜ私はおすすめしないのか