グローバルに分散投資をしたいというと、FTSEグローバル・オールキャップ・
インデックスやMSCIワールド・インデックスなどがありますが、世界中の
成長著しい中小企業に投資をしたいというときに最適なインデックスファンド
というのはほとんどありませんでした。

そんな中、SBIアセットマネジメントのEXE-i グローバル中小型株式ファンドが
出てきましたので、今日は徹底的に分析したいと思います。

EXE-i グローバル中小型株式ファンドの基本情報

投資対象は?

投資対象は、ETFへの投資を通じて、世界(日本を含む)の中小型株式に投資を行います。
そして、FTSEグローバル スモール・キャップ インデックスに連動する投資成果を目指します。

このベンチマークはあまり聞いたことがないかもしれませんが、世界の中小型株式市場全体の
動きを示す指数で、日本を含む先進国・新興国47か国で、約4600銘柄で構成されています。

国別で組み入れ上位比率を見ると、下図のようになっています。

EXE-i グローバル中小型株式ファンドは、ファンド・オブ・ファンズ方式で
世界の中小型株式に投資をします。

実質は、米国の中小型株式に投資するために、シュワブ U.S.スモールキャップ ETFを、
米国を除く世界の中小型株式に投資するために、バンガード・FTSE・オールワールド・
スモールキャップETFに投資をします。

純資産総額は?

続いて、EXE-i グローバル中小型株式ファンドの純資産総額は
どうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。
インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも見るべきポイントです。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることができず、
インデックスから乖離してしまうリスクがあります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまくできず、
予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

EXE-i グローバル中小型株式ファンドは下図のように2013年の新規設定以来、着実に
純資産総額を伸ばしており、現在の純資産総額は約53億円となっています。

ファンドの規模としては全く問題ありません。類似のインデックスファンドも
ありませんので、今後まだまだ伸びそうです。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドにおいて、実質コストというのは何よりも重要な項目です。

FTSEグローバル スモール・キャップ インデックス連動型のファンドは
現在、他にありませんのでライバルはいませんが、今後同じベンチマークの
インデックスファンドが設定されると、実質コストの部分で良し悪しを
決めることになるわけです。

EXE-i グローバル中小型株式ファンドの実質コストは約0.277%となっており、
十分低水準のコストとなっています。

購入時手数料 0
信託報酬 0.2484%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.277%(概算値)

EXE-i グローバル中小型株式ファンドの評価分析

基準価額の推移は?

EXE-i グローバル中小型株式ファンドの基準価額は、2016年以降上昇が
続いていましたが、2018年1月末でいったん勢いが止まっています。

しかし、半年ほどかけて、当時の高値を更新しており、世界の中小型株の
底堅さが伺えます。

日経225やTOPIXに投資をするより、断然お勧めですね。

利回りは?

つづいて、EXE-i グローバル中小型株式ファンドの運用実績を見てみましょう。
直近1年間の利回りは10.79%となっています。

3年平均利回りで4.64%となっています。まだ運用期間が短いため、長期的な利回りは
わかりませんが、中小型株式は良くも悪くも値動きが大きいので、高い利回りを
目標にされている方にとっては、期待できるファンドだと思います。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になるのが、
最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点かと思います。

下記に、ファンド設定来の最大下落率を期間別に集計してものを載せます。

2015年7月に一番タイミング悪く買って、2016年6月に一番タイミング悪く
売った場合に最大-21.05%あなたの資産が目減りした可能性があるということですね。

まだ運用期間が短いので、これ以上の下落は経験していませんが、中小型株であれば、
値動きは大きくなる傾向にありますので、場合によっていは-30%程度まで下落する
可能性があることは事前に理解しておきましょう。

もちろん、長期保有をすれば、ちゃんとプラスのリターンが出ていますので、
これくらいの下落はあるものだと思って、投資をすると、下落相場でも我慢できると思います。

ベンチマークとの乖離率は?

インデックスファンドの運用においては、ベンチマークとの乖離率というのが
運用の巧拙を見極める一つのポイントとなります。

2017年5月14日~2018年5月14日までの期間において、ベンチマークは+12.1%、
当ファンドは+11.3%となりました。

残念ながら、乖離した要因について詳しい記載がないためこれ以上の分析ができません。
運用会社には記載方法について改善してほしいところです。

評判はどう?

続いて、EXE-i グローバル中小型株式ファンドの評判を見ていきたいと思います。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入している
ということなので、評判がいいということになります。

EXE-i グローバル中小型株式ファンドは2013年の新規設定以来、ほぼ毎月資金が流入しており、
人気のファンドとなっています。同類のファンドがないというのもひとつ大きなポイントですね。

EXE-i グローバル中小型株式ファンドの評価まとめ

2017年に投信ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーで1位を獲得した
楽天・バンガード・世界株ファンドも7000銘柄以上の世界中の株式に
分散投資ができますが、楽天・バンガード・世界株ファンドの場合は、
大型・中型・小型株すべてが含まれています。

もちろん大型株も含まれていたほうが値動きが安定しますが、中には、
リスクを取って、中小型株に投資をし、大きなリターンを狙いたい
という人もいると思います。

そうなったときに、このファンドが出るまでは、高コストのアクティブファンドに
投資するか、もしくは、海外ETFを利用するしかありませんでした。

海外ETFは購入したことがある人はわかりますが、購入手数料が高い、
定期買付が面倒など、色々と手間がかかるため、まだあまり浸透していません。

そういう意味では、世界中の中小型株に絞って投資ができる
インデックスファンドというのは、このファンドのみであり、
とても魅力的だと思います。

コストが安いのも投資家としてはありがたいポイントですね。