ひふみ投信で一世風靡したレオスキャピタル。

今までは国内株式がメインであり、海外株式
にはほとんど手を出していませんでしたが、
ついに世界株ファンドが登場しました。

2019年10月にすでにひふみワールドが登場しており、
3ヶ月待ってひふみワールド+(プラス)が登場します。

よく何が違うのかと聞かれるので答えておくと、
基本的に中身は変わりません。

唯一違うのが販売会社です。

ひふみワールドはレオスキャピタルに直接証券口座を
開かなければ、売買できません。

一方で、ひふみワールド+(プラス)はSBI証券を筆頭に、
多くの証券会社・地方銀行で売買できます。

この違いだけですので、あまり気にしなくても良い
でしょう。

それでは早速、ひふみワールド+(プラス)を徹底分析
していきます。


ひふみワールド+(プラス)の基本情報

投資対象は?

ひふみワールド+(プラス)の投資対象は
日本を除く世界各国の株式です。

長期的な産業のトレンドを勘案しつつ、
経営方針や戦略といった数値に現れない
定性情報と財務指標や株価指標といった
数値で計算できる定量情報を総合的に
判断して、銘柄を選定します。

※引用:月次レポート

日本で販売されている海外ファンドの多くは、
すでに海外で運用されているファンドに投資
をする所謂ファンドオブファンズ方式が大半
を占めます。

なぜなら、自分たちで海外の現地まで赴き、
経営者と面と向かって情報交換していては、
時間もコストも大きく膨れ上がるからです。

一方、レオスの場合はひふみプラスと同じ
ように「足で情報を稼ぐ」ことに重点を置
いています。

ですので、海外だからと言って、レオスの強み
を生かし、現地まで赴き、取材をして銘柄を
選定しているという点は大きな特徴と言えます。

日本では、足で情報を稼ぐ戦略が功を奏して、
パフォーマンスも非常に優れていますが、果
たして海外でも同じノウハウが通じるのか
パフォーマンスが気になるところですね。

ひふみワールド+(プラス)はひふみワールド
と同じ運用ですので、組み入れ銘柄などはひふ
みワールドの月報が参考になります。

現在は約82銘柄に投資をしており、そのうち
約半分が米国株となっています。

ついで、中国、イギリス、フランスが続きます。

預金の比率が多くなっているのは、理由がある
からなのだと思いますが、投資側からすると、
運用資金はできるだけ投資に回してもらわない
と信託報酬だけ取られて、トータルのリターンが
伸びませんので、積極的に運用をしてほしい
ところです。


※引用:月次レポート

さて、足で情報を稼いでいるレオスキャピタル
は果たして、どのような銘柄に投資をしている
のでしょうか。

ひふみ投信時代は米国の無難な銘柄にしか投資
をしていなかったので、その辺りが気になります。

実際の中身を見てみると、アマゾン、フェイス
ブックといった超大型銘柄ではなく、ちゃんと
足を運んで情報を収集したような独自性の高い銘
柄選定になっています。

あとはS&P500やNYダウをアウトパフォーム
するだけの結果を残せるのかどうかですね。


※引用:月次レポート

コストは?

ひふみワールド+(プラス)の購入時手数料は3.3%。

信託報酬は1.6280%とひふみワールドと同じです。

ひふみ投信時代は信託報酬も1%程度でリーズナブル
だったのですが、ひふみワールド+(プラス)は
かなり高コストのファンドです。

購入時手数料もかかりますので、投資する際は慎重
にならざるを得ません。

ひふみワールド+(プラス)の評価分析

ひふみワールド+(プラス)はひふみワールド
と同じ運用になりますので、ひふみワールドの
現在の運用実績を見てみましょう。

ひふみワールドは設定から3ヶ月弱で約6%の
プラスとなっており、非常に好調であることが
わかります。

ただし、S&P500に連動するeMAXIS Slim 米国
株式(S&P500)と比較すると、パフォーマンス
では明らかに負けてしまっています。

まだ運用期間が短いので、これからと言えば、
これからなのですが、すでに2%以上差をつけ
られており、今現状では、超低コストのeMA
XIS Slim 米国株式(S&P500)に投資をした方が
間違いありません。

投資というのは色々な楽しみ方があると思って
おり、パフォーマンスをとにかく重視するという
ことであれば、S&P500に連動するインデックス
ファンドの方がオススメできます。

一方で、ひふみワールドも決して悪いパフォー
マンスではありませんので、レオスキャピタルの
投資の考え方に共感できる人はひふみワールドに
投資してみても面白いかもしれません。

ただ、原則的には、手数料も高く、パフォーマ
ンスもインデックスファンドに劣りますので、
今の時点であえて投資する対象ではありませんね。