AIやIoTといったテクノロジーの進化により、高い成長性が期待
される未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』。

似たようなファンドが各運用会社から出てはいますが、自動車、
医療、農業、金融の4テーマに特化させているというのが、ひとつ
大きな特徴となっています。

今日は、未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』を徹底分析して
いきます。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』の基本情報

投資対象は?

投資対象は、未来を変革すると考えられるイノベーションの創出や
その支援を行うと考えられる日本の企業の株式です。

IoT(Internet of Things:あらゆるものがインタネットに接続し、
相互に情報交換する仕組み)やAIに代表されるテクノロジーとの
融合で飛躍的な成長が期待できる分野に注目していきます。

特に自動車、医療、農業、金融の4分野が投資対象となります。

下図は未来予測図のようなものですが、こういったイノベーションを
起こすべく日々挑戦している企業に積極的に投資をしていくということです。


※引用:交付目論見書

具体的に現在の組入銘柄を見ていくと、現在は82銘柄で構成されて
おり、上位10社は以下のようになっています。

1位のペプチドリームは、多様性が極めて高い特殊環状ペプチドを
扱うバイオベンチャー企業です。

2位のソフトバンクは言わずもがなですね。

3位のエムスリーは医療従事者を対象とした医療ポータルサイト
「m3.com」のサービスを提供している企業です。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』の純資産総額は
どうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性
がありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』は、2016年末まで順調に資産
を伸ばしていましたが、それ以降は、流出が続き、現在は240億円程度
となっています。規模としては全く問題ありませんね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが
通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』の実質コストは1.597%となっており、
前期の1.609%からわずかにコストが下がっています。

とは言ったものの、購入時手数料と合わせると、かなり割高です。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.5552%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 1.597%(概算値)

※引用:運用報告書(2018年10月26日)
実質コストを加味しても、圧倒的に高いリターンを出している国内小型株ファンドランキング

未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』の評価分析

基準価額をどう見る?

未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』の基準価額は、設定来、
右肩上がりに順調に成長していましたが、2018年10月以降に、
かなり大きく下落してしまいました。

まだ復調の兆しは見えませんね。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』の直近1年間の利回りは、
▲18.94%です。

カテゴリーランキングで見ると、下位30%に入っており、
2018年10月まで好調だっただけに非常に残念です。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲18.94% 71%
3年
5年
10年

※2019年1月時点

標準偏差は?

未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』の標準偏差を見てみると、
同カテゴリー内ではほぼ最下位となっています。

2018年10月までは上位にはいっていましたが、10月以降の下落が
非常に大きかったため、標準偏差のランクもかなり下がってしまい
ました。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 22.43 99%
3年
5年
10年

※2019年1月時点

年別のパフォーマンスは?

未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』の年別の運用パフォーマンスを
見てみると、2016年、2017年は好調でしたが、2018年は大きくマイナス
で終わりました。

2018年10-12月で▲26%となっているのが、大きく影響しました

年間利回り
2018年 ▲18.94%
2017年 28.12%
2016年 9.75%(4-12月)
2015年
2014年

※2019年1月時点

最大下落率は?

投資を検討するうえで、標準偏差などから、価格変動の範囲を
ある程度は予想できますが、やはり実際に下落した度合いをみ
たほうがイメージがわきます。

ただ、下図をみればわかりますが、未来変革日本株ファンド
『挑戦者たち』はまだ大きな下落というのを経験していないため、
2016年6月の▲8.02%が最大の下落となっています。

株式ファンドであれば、▲30%程度は下落するときもあると思って
おいたほうが、大きく下落する局面でうまく対応できるでしょう。
決して焦ってすぐに売らないようにしてください。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲15.19%
3カ月 ▲11.54%
6カ月 ▲9.74%
12カ月 ▲3.73%

※2019年1月時点

評判はどう?

未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』の評判はネットでの書き込み
などで調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、
月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけ未来変革日本株ファンドを
解約している人が多いということなので、評判が悪くなっている
ということです。

未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』は、2017年以降資金の流出が
続いており、パフォーマンスが相対的に悪いことが影響しています。


※引用:モーニングスター

未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』の今後の見通し

直近、非常に運用はうまくいっているのは間違いありませんが、
自動車、医療、農業、金融をひとまとめにしてしまっているのは
少し気になります。

個人的に、自動車関連銘柄で言えば、自動運転や電気自動車など
が今後期待できる分野ですが、まだ直近で実現するようなものでは
なく、5~10年は先の話だと思っています。

そう考えると、高いコストを毎年払ってまで、今の時点から投資を
する価値が果たしてあるのかと思ってしまいます。

テーマ型ファンドは、時流に合わせて投資をしていくものです。
そして、各テーマが全く同じタイミングで、成長するわけではなく、
時間差は必ず生じます。

そう考えたときに、テーマが複数混ざってしまっていると、1つの
テーマは伸びているが、他のテーマが伸びないことによって、
いまいちなパフォーマンスにしかならないといったことが起こりえます。

私個人としてはもう少し様子見をしたいと思うファンドです。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆未来変革日本株ファンド『挑戦者たち』から乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?