G20の構成国・地域を投資対象としていることを大きく掲げ、安心感を与え資金を
集めた世界標準債券ファンド 『愛称:ニューサミット』。

しかし、蓋を開けてみれば、最高格付けAAAの先進国であるオーストラリアには
30%しか投資しておらず、他の70%近くが新興国に投資していません。

果たしてパフォーマンスはどうなのでしょうか?
今日は、ニューサミットを徹底分析したいと思います。

世界標準債券ファンド 『ニューサミット』の基本情報

投資対象は?

ニューサミットの投資対象は、国際経済・政治の動向に大きな影響を与えるとみられる
国や地域、つまりG20の構成国・地域の通貨を投資対象としています。

その中から3通貨ほど選定し、その通貨建てのソブリン債に投資します。また3通貨の
選定基準は、原則BBB(Baa)以上、その中の最低1通貨はAAマイナス(Aa3)格以上の
格付けが付与されているソブリン債とします。今現在、G20の構成国は以下通りです


※引用:交付目論見書

その中でニューサミットの国別の組入比率はインドネシアルピア、オーストラリアドル、
メキシコペソがそれぞれ30%ほど組み入れられ、ロシアルーブルが1%ほど入っています。

また平均格付けはAAマイナスです。オーストラリアがAAAに対し、メキシコがAマイナス、
インドネシアがBBBマイナスとなっています。


※引用:マンスリーレポート10月号

純資産総額は?

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。
ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで売買できなかったり、コストが
嵩みますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

ニューサミットの純資産総額はどうでしょうか?

2015年から基準価額の下落とともに純資産総額も減っていることがわかります。
800億近くあった純資産総額は現在は114億円程度です。


※引用:マンスリーレポート10月号

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、実際に
かかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

ニューサミットの実質コストは1.45%で、同じ国際債券に投資するファンドの中では、
平均的なコストになります。ただ、購入時手数料が3%かかりますし、このパフォーマンス
では、高いと思ってしまうのも無理はありません。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.4%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト 1.45%(概算値)

※引用:第100期 運用報告書(決算日2018年7月17日)

世界標準債券ファンド 『ニューサミット』の評価分析

基準価額の推移は?

ニューサミットの基準価額は直近3年間で35%ほど下落しています。
分配金再投資基準価額(青線)を見てみると、今年はパフォーマンス自体が
マイナスであることもあり、基準価額の下落スピードが速まっています。
当然ながらタコ足配当になっています。


※引用:モーニングスターWEBサイト

利回りはどれくらい?

ニューサミットの利回りはどうでしょうか。
直近1年間の利回りは▲8.40%、3年平均利回りが▲5.05%、5年平均利回りが▲2.80%です。
カテゴリー内の順位は全てほぼ最下位となっており、ここまでひどいパフォーマンスの
ファンドも珍しいです。

投資対象には全くなりませんが、ニューサミットのようなファンドがなぜこのような
結果となっているかを分析することで、今後自分たちがドツボにはまらずに済むことに
なりますよ。

※引用:モーニングスターWEBサイト

四半期別のパフォーマンスは?

ニューサミットの四半期別のパフォーマンスを見てみると、プラスにもマイナスにも
10%を超えている年があり、思った以上にリスクの大きいファンドであることがわかります。


※引用:モーニングスターWEBサイト

最大下落率は?

ニューサミットに投資をするのであれば、最大どの程度下落したことがあるのかは
知っておきたいところです。ニューサミットの最大下落率は、2015年7月から2016年6月
の1年で▲23.43%です。

設定が2010年3月で、リーマンショックの影響を受けてないのでこの値ですが、
新興国の債券のリスクの大きさというのがよくわかりますね。


※引用:モーニングスターWEBサイト

分配金は?

次にニューサミットの分配金を確認してみましょう。

2017年の半ばに70円からその半分近くの40円に引き下げているのがわかります。
これだけ酷いパフォーマンスにもかかわらず、分配金利回りが10%を超えていますので、
当然、基準価額の下落は止まりませんし、さらに減配となってもおかしくありませんね。


※引用:モーニングスターWEBサイト

評判はどう?

評判がどうなのかを判断するうえで資金の流出入額が役に立ちます。
資金が流入超過になっているということは、それだけ購入している人が多い
ということです。つまり評判が良いということです。

それではニューサミットはどうでしょうか。2014年後半の基準価額が上昇基調だった
頃に資金が流入しましたが、それ以降は、資金の流出が続いています。
ここからも人気があるファンドとは言えませんね。


※引用:モーニングスターWEBサイト

世界標準債券ファンド 『ニューサミット』の今後の見通し

最後にニューサミットの今後の見通しについて見てみましょう。

まず分配金を半分近くに引き下げたにも関わらず、当期の収益以外から分配金を
補充している状況です。また運用成績が5年間ほぼ最下位となっており、全く
投資価値がありません。

高い利回りを目指し新興国に70%近く投資していますが、ここ数年の新興国通貨の
大暴落で新興国債券の高利回りの恩恵も受けれませんでした。投資先の選択が間違って
いたようですね。