大和証券投信委託から出ている日本株発掘ファンド。
高い配当利回りに惹かれて多くの投資家が投資しています。

見かけの配当をよくすることはいくらでもできるので、
本当に実績を伴う配当なのかを調べていく必要がありますが、
はたして、日本株発掘ファンドはどうなのか?

徹底的に分析していきましょう。

日本株発掘ファンドの基本情報

投資対象は?

日本株発掘ファンドは、主に業績動向、株価のバリュエーションに着目し、
銘柄を選定していきます。

ベンチマークとして、TOPIXを上回る投資成果を目指すファンドですので、
TOPIXとパフォーマンスを比較する必要がありますね。

現在の組入銘柄数は402銘柄とかなり多くなっています。
日本株発掘ファンドというくらいであれば、まだ注目を集められていない
優秀な企業を発掘してくるようなイメージを持ちますが、402銘柄もあっては、
発掘してきたとはいいづらいですね。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、日本株発掘ファンドの純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

日本株発掘ファンドの純資産総額は現在460億円程度となっていますので、
規模によるデメリットはないと言えます。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

日本株発掘ファンドの実質コストは1.73%と信託報酬よりもかなり高くなっています。
売買委託手数料が余計にかかっているところを見ると、TOPIXに連動させるために
無理に売り買いをしている可能性があります。

実質コストが1.7%近くになると、相当、良いファンドでないと投資する気になれませんね。

購入時手数料 3.24%(税込)※上限
信託報酬 1.566%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.73%(概算値)

※引用:第14期 運用報告書(決算日2018年7月23日)

日本株発掘ファンドの評価分析

基準価額をどう見る?

日本株発掘ファンドの現在の基準価額は9300円程度です。
2017年は好調のようでしたが、2018年1月末の大暴落以降は、下がり続けています。
ここまで下がり続けているファンドも珍しいです。


※引用:モーニングスターWEBサイト

利回りはどのくらい?

直近1年間の利回りは▲12.20%。3年平均利回りは8.49%となっており、かなり厳しい
結果となっています。カテゴリー内の順位で見ても、後ろから数えたほうが早いです。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法


※引用:モーニングスターWEBサイト

四半期別のパフォーマンスは?

日本株発掘ファンドの四半期別のパフォーマンスを見てみましょう。
毎年プラスのリターンを出して終わっていましたが、今年がとにかく
ひどい結果となりそうです。


※引用:モーニングスターWEBサイト

TOPIXとのパフォーマンスの差は?

日本株発掘ファンドは中長期的にTOPIXをベンチマークとしていますので、
パフォーマンスの比較は必須です。

直近3年間の実績で言えば、TOPIXをはるかに上回るパフォーマンスとなっており、
インデックスファンドに投資するよりは高いパフォーマンスを維持できていることが
わかります。


※引用:モーニングスターWEBサイト

最大下落率は?

下落幅を把握する上で、標準偏差なども参考にはなりますが、過去に最大
どの程度下落したのかをみたほうがイメージがわきやすいと思います。

日本株発掘ファンドでは、2017年11月~2018年10月の間に最大12.20%
下落しています。まだ運用期間が短いため、まだ今後もっと大きな下落を
経験することもあるとは思いますが、現状は、この程度と思っておくとよいでしょう。


※引用:モーニングスターWEBサイト

分配金の推移は?

続いて、日本株発掘ファンドの分配金の推移を見てみましょう。
日本株発掘ファンドは1月、4月、7月、10月に分配を行います。

2017年の運用が非常に好調だったこともあり、2017年は1800円、2018年は1750円と
かなり高い分配金が出ています。

日本株発掘ファンドの場合、利益が出た分を還元する形なので、タコ足配当になる
心配はありませんが、運用実績が芳しくない年は配当が出ません。

今年は運用がうまくいっていませんので、来年以降の分配金に大きな影響を与えそうです。


※引用:モーニングスターWEBサイト

評判はどう?

日本株発掘ファンドの評判はネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけ日本株発掘ファンドを解約している人が多い
ということなので、評判が悪いということです。

日本株発掘ファンドは2017年に資金が大きく流入しましたが、2018年には
毎月流出超過となっています。

分配金目当ての投資家が多いため、運用実績に資金流入が大きく左右されています。

※引用:モーニングスターWEBサイト

日本株発掘ファンドの今後の見通し

日本国内の景気は総じて、堅調な状況が続くと思いますが、米中貿易摩擦問題や
それに伴う先行き不透明感の高まりもあり、マーケットは一進一退の展開が続く
と思われます。

小型株を多く組入れてはいますので、銘柄選定がしっかりできれば、上昇の余地は
あるものの、銘柄数がかなり多いことから、平均化されてしまいます。
日本株発掘ファンドというくらいであれば、もっと銘柄を絞り込んでほしいものです。

TOPIXよりは、高いパフォーマンスなので、インデックスファンドに投資するよりは、
間違いなく価値がありますが、銘柄数を絞り込んでないところをみると、
ファンドマネージャーの銘柄選定に対する自信のなさの表れのように感じてしまい、
あまり投資しようという気になれないファンドではあります。