インデックスファンドの低コスト競争において、最前線で戦っている
ニッセイアセットマネジメントのインデックスシリーズ。

TOPIXと並んで、日本の投資家に絶大な人気を誇る日経225。

今日は、ニッセイ日経225インデックスファンドの評価や評判、実質コストなどについて
徹底的に分析したいと思います。

ニッセイ日経225インデックスファンドを保有している方や購入を検討している方は
参考にしてください。

ニッセイ日経225インデックスファンドの基本情報

投資対象は?

投資対象は、日経平均株価(225種)採用銘柄です。
そして、日経平均株価に連動する投資成果を目指す運用を行います。

日経平均株価とは、東証一部上場銘柄のうち代表的な225銘柄の平均株価指数で、
日本経済新聞社より公表されています。

ニッセイ日経225インデックスファンドでは、原則225銘柄中、200銘柄以上に
等株数投資を行っていきます。組み入れ銘柄上位を見ると、ファーストリテイリング、
ソフトバンクグループ、ファナックなど、著名な企業が組み入れられています。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも見るべきポイントです。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることができず、
インデックスから乖離してしまうリスクがあります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまくできず、
予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

その点、ニッセイ日経225インデックスファンドは資産総額が1417億円となっているので、
規模が小さいことによるリスクはないといえるでしょう。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドにおいて、実質コストというのは何よりも重要な項目です。

日経平均株価連動型のインデックスファンドは運用会社各社が作っていますが、
運用リターンは日経平均株価に連動するため、どこも差がつきません。

そうすると、実質コストの部分で良し悪しを決めることになるわけです。

ニッセイ日経225インデックスファンドの実質コストは、0.276%となっており、
インデックスファンドの中で最安値とまではいきませんが、安値水準にあります。

インデックスファンドのコスト比較表はこちら

購入時手数料 0
信託報酬 0.27%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.276%(税込)

ニッセイ日経225インデックスファンドの評価分析

基準価額の推移は?

ニッセイ日経225インデックスファンドは2016年6月ごろから右肩上がりに成長
していましたが、2018年1月末の市場の大暴落以降は、高値を更新できておらず、
25000円付近をうろうろしています。

利回りは?

つづいて、このファンドの運用実績を見てみましょう。
直近1年間の利回りは19.02%となっています。
2017年の株式市場が好調だったのが大きな要因ですね。

10年平均でみても、利回り6.56%となっていますので、
かなり高いパフォーマンスを出せています。

長期でしっかり実績が出ているベンチマーク(日経平均株価)は
投資を検討する上で非常に重要なポイントになります

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法


※ランキングにはアクティブファンドも含まれています。

類似ファンドとのパフォーマンスの差は?

インデックスファンドに投資をするのであれば、同じベンチマークを採用している
類似ファンドとの比較は必要不可欠です。

今日は、日経225をベンチマークとしている代表的な低コスト
インデックスファンドとのパフォーマンスを比較しています。

結論としては、コストもほぼ同じため、パフォーマンスに大きな差は
ありません。

たわらノーロードだけが少し運用に失敗している程度ですね。

正直、ここに掲載したファンドであれば、どれを買っても
ほぼ変わらないでしょう。

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になるのが、
最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点かと思います。

下記に、ファンド設定来の最大下落率を期間別に集計してものを載せます。

2007年11月に一番タイミング悪く買って、2008年10月に一番タイミング悪く売った場合に
最大48.03%あなたの資産が目減りした可能性があるということですね。

この期間というのは、あの100年に1度の金融恐慌と呼ばれたリーマンショックの年です。

ただ、ご安心いただきたいのは、ここまでタイミング悪く、買って売ってをできる人間は
ほとんどいませんので、実際の損失額はこれの半分以下だと思ってもらっていいでしょう。

安心していただきたいのは、リーマンショックの年に大きく下落していますが、
現在では、リーマンショック前の水準よりはるかに高値になっています。

しっかり長期保有すれば、巻き返しは十分図れるということです。

ベンチマークとの乖離率は?

インデックスファンドの運用においては、ベンチマークとの乖離率というのが
運用の巧拙を見極める一つのポイントとなります。

2017年2月16~2018年2月15日の期間における運用リターンは、
ニッセイ日経225インデックスファンドが+12.2%、ベンチマークが+10.4%となっていました。

株式の配当金を計上したことが、ベンチマークをよりパフォーマンスが上回った要因のようです。

評判はどう?

続いて、ニッセイ日経225インデックスファンドの評判を見ていきたいと思います。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入している
ということなので、評判がいいということになります。

ニッセイ日経225インデックスファンドの資金流出入額を見ると、
2014年以降、資金の流入と流出を繰り返しています。

このような状態というのは、人によって良いファンドだと思っている人もいれば、
いまいちだと思って解約している人も多いということなので、純資産総額は
大きいですが、注目されている人気が高いファンドとは言えないですね。

ニッセイ日経225インデックスファンドの評価まとめ

日経平均株価連動型のインデックスファンドについて書いてきました。

一時期は、こちらのニッセイ日経225インデックスファンドのコストが
最安値だったため、資金が流入したのですが、現在では、
eMAXIS Slim国内株式(日経平均)やiFree 日経225インデックスや
たわらノーロード 日経225等、信託報酬が0.16~0.17%のファンドに
人気を持っていかれています。

日経平均株価をベンチマークとする投資信託は直近10年で十分な結果を
残しているので、TOPIXに連動する投資信託よりも私はおすすめしています。

ただ、インデックス投資をするのであれば、そもそもベンチマークが
右肩上がりに上昇していかないと利益を得ることはできません。

そういう意味では、日経平均株価は最適なベンチマークとは私は
言えないと思っています。

日本であれば、TOPIXか日経平均に連動するようなインデックスファンドが
主流ですが、世界には様々なインデックスファンドが存在します。

過去から、右肩上がりに成長しているベンチマークも多数存在していますので、
そういったインデックスファンドに投資をしたほうが賢明かと思います。

ただ、身近な指標のほうが信頼できると思う気持ちもわからなくはないので、
投資を始めてみるという人にとっては、試しに投資をしてみてもよいファンドですね。