最近では、当たり前に見かけるようになったノーロード投資信託。

「とりあえずノーロードの中から選んでおけばいいですか?」とか
「ノーロードだと購入時の費用がかからないって言われたので
とりあえず買ってみました」等、あまりノーロード投資信託について
理解しないまま投資をしてしまっている人が多いようです。

今日はノーロード投資信託を購入するのであれば、必ず押さえて
おいてほしいポイントを解説していきます。

ノーロード投資信託とは?

そもそもノーロード投資信託とは何なのか。

ノーロード投資信託というのは、購入時の手数料がゼロの投資信託の
ことを指します。

投資信託には大きく分けて4つのコストが存在します。
購入時手数料
信託報酬
信託財産留保額
表に出てこないコスト
ですね。

その中で、購入時手数料は、投資信託を販売するときに、商品を
説明する情報提供料的な意味合いで、通常3%(税抜)ほどかかってきます。

もしあなたが、1000万円の投資信託を購入したら、購入時手数料で
約30万円もとられてしまい、970万円から運用がスタートするという
ことです。

1年間投資をしていれば、信託報酬もかかってくるので、初年度は
4~5%ほどプラスのリターンが出ないと、運用成績はマイナスで終わる
結果となってしまいます。

近年になってようやく投資家もそのことに気づき始め、購入時手数料を
意識するようになってきたため登場したのが、購入時手数料をゼロにした
ノーロード投資信託というわけですね。

3%取られなくなるというのは、非常に大きいと思います。

ノーロード投資信託にデメリットは?

非常に魅力的なノーロード投資信託ですが、何かデメリットは
ないのでしょうか?

本当に良いノーロード投資信託もありますので、全てのノーロード
投資信託にあてはまるわけではないですが、デメリットはあります。

販売会社からすれば、今まで購入時にもらえていた3%がもらえなく
なるため、非常に困るわけです。そこでずるがしこい販売会社が考えました。

購入時にもらえないのであれば、
①信託報酬の額を高くする
②解約時に別の手数料をとる
③表に出ないコストを増やす
といった方法で、追加の費用をもらおうというわけです。

全部ではなく一部のノーロード投資信託は実際このような仕組みに
なっています。

ですので、ノーロード投資信託を検討する際には、信託報酬や信託
財産留保額が、通常の投資信託と比べて高くないかを確認しましょう。

余力がある人は、運用報告書の費用明細を見て、コストが嵩んでないかも
チェックをしたほうがいいですね。

ノーロード投資信託の10年平均リターンランキングベスト10を紹介

購入手数料が安いのはいいですが、実績がともなっていなければ、
購入するメリットはありません。

また短期的にパフォーマンスが良かったとしても、長期的に資産形成に
役立つかはわかりません。

そこで、ノーロード投資信託の中で、10年間の平均リターンの高い
ランキングTOP10を載せました。

当然、信託報酬を差し引いたあとのパフォーマンスですので、
本当に実績の高いノーロード投資信託ということになります。

さてどういった投資信託がランクインしているでしょうか?

順位 銘柄 10年平均利回り
1 マネックス・日本成長株ファンド 19.71%
2 大和住銀 DC海外株式アクティブファンド 15.52%
3 ひふみ投信 15.45%
4 セゾン 資産形成の達人ファンド 14.71%
5 野村 外国株式インデックスファンド 13.62%
6 DIAM 外国株式パッシブ・ファンド 13.62%
7 三井住友・バンガード海外株式ファンド 12.99%
8 三井住友・ライフビュー・日本株式ファンド 12.00%
9 ニッセイ 日経225インデックスファンド 11.73%
10 三井住友・日経225オープン 11.66%

※2019年1月時点

まず、注目すべきはインデックスファンドとアクティブファンド両方が
ランクインしていると言う点です。近年ではインデックスファンドのほうが
良いと言われることも多いですが、アクティブファンドでもしっかりと
パフォーマンスが残せるということです。

おすすめのノーロード投資信託はどれ?

では、上記のおすすめのノーロード投資信託ランキングの中で特に
おすすめなファンドを紹介していきます。

まず1本目はレオスキャピタルのひふみ投信です。非常に有名な
ファンドですので、あなたもすでにご存知かもしれません。

ひふみ投信は国内株式に幅広く投資するファンドです。

おすすめのポイントは、ノーロードであるだけでなく、信託報酬も
他のアクティブファンドと比べてかなり抑えられています。

また日経225に連動するインデックスファンド等とも比較しても、
圧倒的に上回る成果を残しています。積立NISAでも購入できる
というのも評価できます。

平均利回り %ランク
1年 ▲18.00% 40%
3年 9.75% 16%
5年 11.75% 9%
10年 15.45% 5%

※2019年1月時点

ノーロード投資信託以外で見ると、もっと優れたパフォーマンスを
残しているファンドがありますが、ノーロード投資信託に絞れば、
十分優秀なファンドと言えます。

もし、ノーロードでなくても良いからもっと優れたファンドを知りたい
ということであれば、以下をご確認ください。

国内大型株式 投資信託のおすすめは?10年平均利回りランキング ベスト20を発表!

国内中小型株式 投資信託のおすすめはどれ?10年平均利回りランキング ベスト20を発表!

せっかくなので、もう一本おすすめのファンドを紹介しておきます。
2本目はセゾン 資産形成の達人ファンドです。

セゾン 資産形成の達人ファンドは世界の株式に分散投資ができ、
コストも比較的抑えられています。運用自体は特に難しいことを
やっているわけではなりませんが、基本に忠実に運用を行うことで
高いパフォーマンスとなっています。

世界に分散投資ができるファンドの中でもセゾン 資産形成の達人
ファンドはトップクラスのパフォーマンスなので、信託報酬は1%を
超えていますが、十分に投資する価値があるノーロード投信です。

平均利回り %ランク
1年 ▲8.48% 51%
3年 9.04% 16%
5年 9.35% 4%
10年 14.71% 9%

※2019年1月時点

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ノーロード投資信託は購入時手数料をゼロにできるという意味で
非常にメリットがある一方で、コストばかりに目が向いて
しまってはいけません。

あなたの目標はあくまでも資産を増やすことであるはずですので、
ノーロード投資信託でありかつ、しっかりと運用実績のある投資信託に
投資をしていきましょう。