11月に続き、12月も相場全体が大きく下落しました。機関投資家が
手じまいするのと合わせて、日経平均は20000円を割る場面もあり、
2018年は投資信託を購入していた投資家の大半がマイナスとなって
しまったのではないでしょうか。

多くのアナリストが2019年も株価が大きく乱高下することを予想して
いますが、私も同様の意見です。

米中貿易摩擦も含め、トランプ政権が継続する限りはニューヨーク市場
の不安定さは解消されないと思います。

また日本国内でみれば、10月に消費税増税が予定されています。過去に、
増税局面で株価があがったケースはありませんので、2019年も10月以降
に株価が下落する可能性は大いにありえます。

逆に言えば、相場が下がることを前提にファンドを組みなおすということも
検討する必要があるでしょう。

相場全体が急落しているため、好成績を残しているファンドが少ないですが、
やはり直近、注目されているのは、AI、IoT、セキュリティ、ヘルスケアと
いったテーマです。

一時的に株価は下落していますが、まだ今後数年は期待ができるテーマで
あることからも、注目していきたいと思います。

コアポートフォリオ

コアポートフォリオでは、▲575.4万円となりました。

 

サテライトポートフォリオ

サテライトポートフォリオでは、▲61.5万円となりました。