基本的にファンドは長期保有を前提にしており、毎月中身が変わる
わけでもないので、3カ月ぶりの運用実績レポートの更新です。

2018年10月以降は保有していたファンドが軒並み大きく下落しましたが、
2019年に入り、ようやく反転してきたような形です。

直近、NYダウは2019年に入って2度目に大きな下落をするなど、
方向感に乏しい状況が続いていますが、長期保有で考えている人は
あまり神経質にならないようにしてください。

毎日ファンドの基準価額を見ると、憂鬱になることもありますので、
あえて見ないようにするというのも大事なことですね。

それでは、早速、運用状況を確認していきます。

コアポートフォリオ

コアポートフォリオは、+404.4万円(約10%プラス)となりました。
2018年10月末から大きく下げ過ぎていたので、その反発といった
ところですね。

ただ、スパークスの厳選投資やアライアンス・バーンスタインの
米国成長株投信は下落分を取り戻し、高値を更新していますが、
大和住銀の日本小型株ファンドとSBIアセットのジェイリバイブが
低迷しています。

コアポートフォリオのファンド詳細はこちら

【投資マニア向け】ジェイリバイブ『jrevive』の評価や評判は?

【投資マニア向け】大和住銀 日本小型株ファンドの評価や評判は?

【投資マニア向け】米国成長株投信 Bコースの評価や評判は?

【投資マニア向け】スパークス・新・国際優良日本株ファンドの評価や評判は?

サテライトポートフォリオ

サテライトポートフォリオでは、+108.9万円(約16%プラス)となり
ました。

最近流行りのテーマ型ファンドが大きく盛り返してきましたね。

テーマ型ファンドについては賛否両論ありますが、多くの人が
今後も注目するテーマのファンドであれば、しっかりと収益も
ついてきます。

当面はこちらも保有を継続する予定です。

サテライトポートフォリオのファンド詳細はこちら

【投資マニア向け】グローバル・フィンテック株式ファンドの評価や評判は?

【投資マニア向け】グローバルAIファンドの評価や評判は?

【投資マニア向け】次世代通信関連 世界株式戦略ファンドの評価や評判は?

【投資マニア向け】サイバーセキュリティ株式オープンの評価や評判は?