株式、現金、不動産に分散投資をするのが投資の大原則。
と言われ始めてもう何十年と経ちました。

このような考え方は、非常にシンプルでわかりやすかったので、
多くの投資家に受け入れられていたわけですが、この考え方を
再現していると謳って設定されたのが、日興アセットの財産3分法
ファンド(不動産・債券・株式)です。

株・債券・不動産に分散しているバランスファンドはいくらでも
ありますが、ネーミングがわかりやすく、多くの投資家の注目を
集めています。

今日は、財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の評判や今後の
見通しについて、独自の視点で分析していきます。

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の基本情報

投資対象は?

まず財産3分法ファンドの投資対象は、国内株式、国内リート、
先進国海外債券、高金利海外債券の4つです。

そして、投資比率を下図のように、国内株式25%、国内リート25%、
先進債券15%、高金利海外債券35%と固定して、安定した資産の成長を目指します。


※引用:交付目論見書

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)はファンド・オブ・ファンズと
なっており、各アセットごとにインデックスファンドに投資をしています。


※引用:マンスリーレポート

個人的には、まず国債と違ってリスクのある海外債券ですし、
不動産はリートですし、これをもって財産3分法というのは、
投資家を馬鹿にしているとしか思えません。

本来の3分法はリスクない金融資産(現金)、不動産オーナー
としての不動産、株式や債券などの有価証券をもって、3分法です。

耳障りのよい言葉を使って、投資家をカモにしているようにしか
見えないですね。

純資産総額は?

続いて、財産3分法ファンドの純資産総額はどうなっているか
見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性が
ありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)は2008年ごろまで1兆円を超える
超大規模ファンドでした。

しかし、リーマンショックの影響をうけて基準価額が下落して以来、
純資産総額は減り続け、現在では3600億円程度となっています。

とは言ったものの、3000億をこえている時点で、まだ保有者は相当
多いということです。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の実質コストは1.031%と
なっており、一見低く見えますが投資対象がインデックスファンド
であることを考えると実は割高なコストです。

あなたが直接インデックスファンドを購入すれば、コストは4分の1程度で
済みます。ですので、積極的にはおすすめできないファンドです。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.026%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 1.031%

※引用:運用報告書(決算日2019年1月10日)

まだ財産3分法ファンドに投資しているの?財産3分法ファンドよりはるかに優れたアクティブファンド特集

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の評価分析

基準価格をどう見る?

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の基準価額は現在4300円程度です。
ここ3年間で20%ほど下落しています。

分配金を再投資に回した場合の基準価額(青線)を見てみると、3年間で
10%程度は上昇していますので、過剰な分配が続けられていることが
わかります。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の直近1年間の
利回りは+2.62%と好調です。同カテゴリー内では上位20%に
入っており、優れた結果を残しています。

一方、中長期のパフォーマンスを見てみると、3年平均、5年平均
利回りでも5%以上の利回りを安定的に維持しています。

バランスファンドに投資をするのであれば、最低このくらいの
利回りを安定的に出してほしいものですね。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 +2.62% 20%
3年 +5.42% 45%
5年 +4.82% 56%
10年 +7.82% 62%

※2019年3月時点

標準偏差は?

標準偏差まで確認する人はあまりいませんが、財産3分法ファンド
(不動産・債券・株式)の基準価額のブレの大きさを知るには役立ちます。

J-REITの標準偏差が7~8くらいですので、だいたいJ-REITと同程度の
ブレ幅であることがわかります。日経225に連動するような株式ファンド
と比べると、ブレ幅は半分程度ですね。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 8.13 16%
3年 6.99 17%
5年 8.04 24%
10年 10.84 43%

※2019年3月時点

年別のパフォーマンスは?

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の年別のパフォーマンスも
見てみましょう。

プラスの年もマイナスの年もありますが、マイナスの年は下落幅を
出来る限り抑えて運用ができていますので、バランスファンドで
あれば、十分でしょう。

年間利回り
2018年 ▲3.48%
2017年 +5.96%
2016年 +5.03%
2015年 ▲3.07%
2014年 +12.51%

※2019年3月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)への投資を検討する
上で、類似ファンドとのパフォーマンス比較をしてみましょう。

今回は、国内外株式、債券、REITに超低コストで分散投資が
可能なeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)と比較をしてみます。

直近3年間では、財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)が
終始パフォーマンスで負けてしまっています。これでは高いコストを
支払ってまで、投資をしたいとは思えませんね。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)に投資をする前に、最大で
どの程度下落する可能性があるのかを知っておくことは非常に
重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく下落した
相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

それではここで財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の
最大下落率を見てみましょう。

最大下落率は1年間で36.05%となっており、バランス型ファンドに
してはかなり大きく下落しています。ここまで下落すると、元の
水準に基準価額が戻るまでに相当の時間がかかりそうです。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲17.33%
3カ月 ▲26.55%
6カ月 ▲29.04%
12カ月 ▲36.05%

※2019年3月時点

分配金の内訳と余力は?

毎月分配型のファンドに投資をするのであれば、分配金がちゃんと
ファンドの収益で賄われているのか確認しておいて損はありません。

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)は2014年以前から毎月50円の
分配を安定的に続けています。しかし、徐々に過剰な分配をしてきた
つけが回ってきており、分配金利回りは10%を超えています。

つまり明らかにファンドの収益力よりも高い分配金を配当してしまって
いるということです。

また繰越対象額を見ても、残り5カ月程度の分配金余力しかありません
ので、まず間違いなく減配されることでしょう。

そしてここまでギリギリになって減配する場合、仮に分配金を25円に
したとしても長くはもちません。完全に負のスパイラルに入っていますので
毎年減配が続いてもおかしくないような状況まできています。

このブログでは何度も言っていますが、特別な事情がない限りは
毎月分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
178期 50円 13円 292円
179期 50円 8円 284円
180期 50円 2円 281円
181期 50円 10円 271円
182期 50円 10円 261円
183期 50円 5円 256円

評判はどう?

それでは、財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の
評判はどうでしょうか?

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入を見る
ことで、評判がわかります。

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪くなって
いれば、資金が流出超過になります。

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)は2017年以降ほぼ毎年資金が
流入しており、評判がよくなってきています。私からすると疑問でしか
ありませんが、分配利回りの高さに釣られて無知な投資家が集まって
きているものだと考えられます。


※引用:モーニングスター

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の今後の見通し

いかがでしたでしょうか?

正直、日興アセットは販売用の資料を作成するのがうまいので、
一見すると非常にすばらしいファンドのように見えてしまいます。

しかし、バランス型のインデックスファンドと比較してわかったように、
そんな大した運用実績を出せていないのが現状です。

また分配金も今後数カ月で減額される可能性が高く、注意が必要です。

ですので、あえて、財産3分法ファンドを持ち続ける理由はゼロに等しいでしょう。
早く他の優れたファンドに投資をしなおすことをおすすめします。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆財産3分法ファンドから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?