株式と株価指数先物を組み合わせることによって、絶対収益(Absolute Return)の
獲得を目指すAR国内バリュー株式ファンド『愛称:サムライバリュー』。

絶対収益というのは、市場全体の変動とは無関係に、上昇相場でも下降相場でも
利益が出るように運用するというものです。

「そんなことができるの?」と思う方も当然いると思いますが、理論上は可能です。
ただ、あくまでも理論上であり、実際にうまくいくかどうかはファンドマネージャー
次第であり、私の知る限り、そこまでうまく運用ができているファンドを知りません。

今日は、サムライバリューについて徹底分析していきます。

AR国内バリュー株式ファンド『サムライバリュー』の基本情報

投資対象は?

サムライバリューは、株式時価総額が中小規模で、バリュエーション(株価指標)が
相対的に割安な銘柄に投資をしていきます。

また株式指数先物取引を積極的に活用し、株式の実質組入比率を機動的に
コントロールしていきます。実質組入比率は0%~20%になるようですね。

先物と聞くと、皆さん凍り付いてしまうのではないかと思いますが、
簡単に言ってしまえば、株式は価格が上がると儲かり、価格が下がると損をします。

一方で、先物は株価が上がると損をして、株価が下がると得をします。
では、株式と先物を両方買った場合どうなるか。50%ずつ保有すれば当然、
株価がどちらに動いてもプラスもマイナスも出ません。

しかし、株価が上昇局面では、先物の比率を50%から下げることで、
株価上昇による利益を確保できます。

そして、株価が下落局面では、先物の比率を50%以上に高めることで、
利益を確保できるというわけです。イメージとしては、下図ような感じです。

続いて、サムライバリューの組入銘柄を見てみましょう。

1位のシーイーシーは独立系のシステムインテグレーターです。
2位の東プレは金属のプレス加工の大手です。
3位の富士ソフトは自動車向けの組み込み系ソフトの開発を行っている会社です。


※2018年10月時点

純資産総額は?

続いて、サムライバリューの純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで売買できなかったり、
コストが嵩みますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

サムライバリューの純資産総額は、現在、120億円程度です。
2015年末から資産が増え始め、直近でも順調に資産を増やしています。
着実に右肩上がりに成長しているという点も評価されはじめたのだと思います。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

サムライバリューの実質コストは1.385%となっており、カテゴリー内で見ると、
割安となっています。

ただし、購入時手数料もしっかり3%取られますし、手軽に投資できる
ファンドではありませんね。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.3284%(税込)
信託財産留保額 0.05%
実質コスト 1.385%(概算値)

※第7期 運用報告書(決算日2018年7月23日)より

AR国内バリュー株式ファンド『サムライバリュー』の評価分析

基準価額の推移は?

サムライバリューの基準価額は、2015年末から着実に基準価額を伸ばしてきましたが、
2018年1月末あたりから伸びが停滞しています。

ただ、多くの日本株ファンドと比べると、下落幅は小さくなっており、
株式と先物を両建てしていることによる効果でしょう。

利回りはどれくらい?

サムライバリューの利回りを見てみましょう。
直近1年間の利回りは▲0.39%となっています。

3年平均利回りと5年平均利回りでは、7%超のパフォーマンスを維持しており、
悪くはないのですが、直近1年のパフォーマンスはいまいちです。


※2018年10月時点

四半期別のパフォーマンスは?

サムライバリューの四半期別のパフォーマンスを見てみると、面白い結果となっています。
絶対収益追求型の名に恥じないよう毎年プラスの収益を出しています。

日経平均とのパフォーマンスの差は?

アクティブファンドに投資をするのであれば、事前にインデックスファンドとの
パフォーマンスを比較しておいて損はありません。

今回は、日経平均株価とAR国内バリュー株式ファンド『サムライバリュー』を
比較してみました。

3年間のパフォーマンスを比較してみると、ほぼ同程度のパフォーマンスと
なっています。ただ、基準価額の推移では大きな差があり、日経平均のほうが
変動幅がかなり大きくなっています。

一方で、サムライバリューは着実に上昇していますね。

最大下落率は?

投資をする上で、最大どの程度下落する可能性があるかというのは、
知っておいて損はありません。

サムライバリューは2011年12月~2012年11月までで最大▲5.15%の下落を
記録しています。

株式ファンドの割りに下落幅が小さくなっているのは、買いと売りを
両建てているからでしょう。

評判はどう?

サムライバリューの評判はネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流入しているということは、それだけサムライバリューを購入している人が
多いということなので、評判がよくなっているということです。

サムライバリューは、2016年以降、毎年資金が流入しており、
評判が良いことがわかります。

高いパフォーマンスではありませんが、手堅い運用ができている点が
評価されているのでしょう。

AR国内バリュー株式ファンド『サムライバリュー』の今後の見通し

絶対収益追求型のファンドで着実に収益をあげているファンドというのは、
あまりお目にかかったことがなかったのですが、サムライバリューはなかなか
うまく運用ができているようです。

中長期で見ると、日経平均のほうがパフォーマンスが上回っているため、
個人的には、日経平均に連動するようなインデックスファンドに投資をすれば
十分だと思ってはいますが、リスクはできるだけ抑えながら収益を追求したい
という人には、選択肢の1つになると思います。

今後、大きな下落相場が来た時にどのようなパフォーマンスとなるのかが
楽しみの1つでもあるファンドです。