近年S&P500に連動するインデックスファンドが非常に
人気であり、大和投信からiFree S&P500インデックス
三菱UFJ国際からはeMAXIS Slim S&P500などが設定
されています。

そして、S&P500に連動するETFとして、米国で非常に
人気のあるVOOに投資ができるファンドがSBIアセット
から登場します。

楽天投信からVTIに投資できる楽天・全米株式インデックス
ファンド
が登場して以来、いつかは来ると思っていましたが、
ライバルの楽天に負けれないという思いがSBIアセットにも
あったのだと思います。

今日は、このSBI・バンガード・S&P500インデックス・
ファンドを徹底分析していきます。

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの基本情報

投資対象は?

SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの
投資対象はバンガード・S&P500ETFを通じて、米国の
代表的な株式指数であるS&P500に連動する投資成果を
目指します。

このブログを読んでいる人にはS&P500の説明は不要
かもしれませんが、S&P500は米国の代表的な指数で、
ニューヨーク証券取引所、NASDAQ等に上昇している
銘柄の中で代表的な500銘柄の時価総額を加重平均して
算出した指数です。

もともとS&P500に直接投資ができるインデックス
ファンドというのが国内にはなかったのですが、近年
米国株式に注目する投資家が増えてきたこともあり、
各社でS&P500に連動するインデックスファンドが登場
しています。

VOOの組入上位の銘柄を見てみると、以下のように
なっており、あなたもほぼ聞いたことのある銘柄が
ラインナップされているのではないでしょうか。

実質コストは?

SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドに
投資をするうえでやはり気になるのがコストです。

運用がスタートしていないので実質コストはまだわかりま
せんが、近年はとにかく手数料の低いインデックスファンド
が毎年登場しており、VOOに投資できるからと言って手数料
が高ければ投資する価値がありません。

その点、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの
信託報酬は0.09264%驚異的な安さとなっています。

S&P500に連動するインデックスファンドとしては初の0.1%
切りということで、手数料観点でみても非常に優位性のある
商品であることがわかります。

購入時手数料 なし
信託報酬 0.09264%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト 不明

 

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドのパフォーマンスは?

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドに投資
するのであれば、どの程度の利益が期待できるのかは投資家
であれば誰もが気になります。

そこでVOOの過去のパフォーマンスを見てみましょう。

以下のように1年、3年、5年平均のリターンを見てもどれも
年利10%を超えており、非常に優秀な成果を残しています。

やはり投資するのであれば、これくらいのパフォーマンスが
期待できるファンドに投資をしたいものです。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 10.40%
3年 14.15%
5年 10.67%
10年

※2019年9月時点

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの評価分析

S&P500に連動するインデックスファンドへの投資は私も
このブログで何度も紹介していますが、私がおすすめして
いる最たる理由は圧倒的なパフォーマンスの高さにあります。

1970年以降、どの15年間をとって運用したとしても
(例:1972年~1987年、1973年~1988年、1990年~2005年など)、
一番パフォーマンスが悪い15年間の年利で4.24%です。

どんなに悪くても年間4%資産が増えるのであれば、悪くは
ありません。

一方で、一番パフォーマンスが良い15年間の運用実績では、
年利18.93%にまでなります。あくまでも過去実績ですが、
10年を超える長期の運用で考えれば限りなく負ける確率を
下げることができるわけです。

このブログを見ている読者の方が一番気になっているのは、
果たして投資する価値があるのかという点ですが、SBI・
バンガード・S&P500インデックス・ファンドは投資価値が
あると私は考えます。

S&P500に連動するインデックスファンドはS&P500に連動
するわけなので、運用実績にはほぼ差がつきません。

そのため、コストが高いか安いかで最終的なパフォーマンス
が変わってくるわけですが、今まで最安値だったeMAXIS Slim
米国株式(S&P500)
をさらに下回る手数料のSBI・バンガード・
S&P500インデックス・ファンドは十分に優れていると言えます。

もちろん、実質コストベースで見ると割高になる可能性もある
ので、実質コストベースではわかりませんが、少なくとも
信託報酬ベースで見れば、文句のつけようがありません。

eMAXIS Slimシリーズは手数料を下限にそろえることを公言
していますので、今後同じ水準まで下がってくる可能性が
ありますが、iFree S&P500インデックスは明らかに信託報酬が
高くなるので現在投資を行っている方は乗り換えを検討するべきです。

そのほかにも楽天・全米株式インデックスファンドなどに
現時点で投資をしている人もいると思いますが、投資対象
としている米国株が少し異なりますので、無理に乗り換える
必要はないと思います。