投資信託の情報を配信している人のブログや記事を見ると、
「いくらあれば、投資信託の分配金でセミリタイアしていますか?。」とか
「投資信託の分配金だけで生活しています。」とか、言っている人がいますが、
私個人としては、投資信託の分配金でセミリタイア生活はお勧めはしません。
こういったとんちんかんなことを言っている人たちは、投資信託の一番の魅力が
わかっていないと思います。

投資信託の分配金で生活している人のリスク

「セミリタイアしています」なんて聞くと、どうしても憧れてしまいますよね。
ただ、本当にその人が良い状態でセミリタイアできているのかは別問題です。

こういう話を聞いたとき、私はいつも、どのような投資信託に投資しているのか
を聞きます。大概の場合は、自分が投資した元本から配当金が支払われているような
タコ足配当になっているパターンがほとんどです。

そして、多くの人がこの事実についてあまり知らずに投資をしてしまっています。
一時期、銀行や証券会社の窓口では毎月分配型の投資信託がガンガン販売されて
いましたが、ほんとうに彼らの罪は重いと思います。

結局これは、貯金を切りくずして生活しているのと何も変わりがなく、
5年後、10年後に投資信託を売却してみたら、全然手元にお金が残っていなかった
なんてことが間違いなく起こります。すでに問題になり始めてますね。

ちゃんと毎年利益が出ていて、その分配金で生活できていればよいのですが、
そういう方はほとんどいません。だいたい毎月分配型の投資信託というのは、
パフォーマンスがいまいちで売れないからこそ、このような毎月分配型という
投資に疎い人にとって、魅力的に映るような投資信託の形にしているのです。

手数料負けしてしまう投資信託のほうが圧倒的に多いですからね。
自分で投資信託の目利きができる人はいいですが、そうでない人は、
分配金でセミリタイア生活なんてくれぐれも考えないようにしてください。
あとから地獄を見ることになりますよ。

分配金でセミリタイア生活を目指すなら

とは言ったのもの、セミリタイアに向けて何も指針がないというのも
あれなので、分配金のような形で毎月入ってくる収入を作るなら
何がおすすめかをお伝えしようと思います。

まず大前提として2000万円程度の自己資金でセミリタイアを目指すのは
くれぐれもやめてください。生活費が月20万円としても、かなりリスクの
高い運用をしなければ、到達できません。

こういう人に限って、リスクの高すぎる投資をしてしまい大損して、
大切な資産を減らしてしまうなんていうことがよくあるのです。

毎月分配金のような形で配当を受け取りたいなら、不動産が一番おすすめです。
3000万程度あれば、最低限のセミリタイア生活は送れるはずです。

中古不動産や競売不動産であれば、実質利回りで6~7%取れる物件が
市場に出てきます。このような物件であれば、毎年200万円程度の
配当金(家賃収入)を受け取れますし、不動産は立地さえ間違えなければ、
そこまで価値は下落しませんので、売却時も3000万円近い資金も
確保することができます。

まとめ

投資信託というのは、そもそも株式市場の成長に合わせて、コツコツと
着実に資産を増やす手段です。もちろんその間の市場関係によって、
上昇下落はするものの、総じて株式市場というは右肩上がりに成長していくので、
その波に乗ろうというのが、投資信託なのです。

なので、そもそも毎月分配金が出るような商品というのは、情報弱者の投資家を
騙すために作られたような商品で、投資信託のよさを全く活かしきれていない
商品なのです。

投資信託でセミリタイア生活を目指すあなたは、ぜひこのことを胸に刻んでいただき、
変なリスクを取らないようにしてください。