世界の大型株式に投資できるファンドは数が多いですが、中小型株式に
投資ができるファンドというのは、数が少ないです。

そのような背景もあり、世界の中小型株に投資できてアクティブに運用している
アセマネOneの世界中小型株式ファンド『シャイニング・フューチャー』が
注目を集めています。

果たして、運用はうまくいっているのか、
今日は、シャイニング・フューチャーを徹底分析していきます。

世界中小型株式ファンド『シャイニング・フューチャー』の基本情報

投資対象は?

投資対象は、日本を含む先進国、新興国の中小型株式です。
ポートフォリオの構築にあたっては、株価変動が小さい銘柄群の中から、
徹底した財務分析を活用し、割安で成長期待が大きい銘柄を中心に投資していきます。

グローバル株式ですと、多くのファンドが大型株をメインですので、
中小型株を中心に投資していくファンドは珍しいです。

国・地域別の構成比を見てみると、先進国60%、新興国40%の比率となっています。
業種別の比率で見ると、様々な業種に幅広く投資をしていることがわかります。

純資産総額は?

続いて、シャイニング・フューチャーの純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

シャイニング・フューチャーは、現在460億円の規模になっており、
規模の面での心配はありませんね。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドに投資をする人は、注意深く調べる人もいますが、
アクティブファンドの場合、あまり調べない人も多いのが現状です。

信託報酬と大きく乖離していることもありますので、必ず確認してほしいポイントです。

シャイニング・フューチャーの実質コストは2.122%とかなり高くなっています。
このように信託報酬と大きくかけ離れているファンドもありますので、注意してください。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.5822%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 2.122%(概算値)

世界中小型株式ファンド『シャイニング・フューチャー』の評価分析

基準価額の推移は?

シャイニング・フューチャーの基準価額は、2017年は順調に上昇していましたが、
2018年1月末以降は伸び悩んでいます。

グローバル株式ですと、2018年1月末の水準を超えてきているファンドも多い中で、
なかなか運用はうまく行っていないことがわかります。

利回りは?

シャイニング・フューチャーの直近1年間の利回りは+5.06%となっています。
カテゴリーランキングでは、上位70%程度となっており、
大した成果を出せていないことがわかります。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

グローバルの中小型株式に投資できるファンドといえば、SBIアセットマネジメントの
EXE-I グローバル中小型株式ファンドが有名です。EXE-I グローバル中小型株式は
インデックスファンドなので、コストが安いのも魅力のひとつです。

そこで、この2つのファンドのパフォーマンスの比較を下図に示します。
明らかにEXE-I グローバル中小型株式ファンドのほうがパフォーマンスで
優れていることがわかりますね。

こうなってしまうと、コストが高い世界中小型株式ファンド(シャイニング・フューチャー)に
投資するメリットが全くなくなってしまいます。

評判はどう?

続いて、このファンドの評判を見ていきたいと思います。
評判をはかる指標としては、ファンドへの資金流出入額が参考になります。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入している
ということなので、人気が出てきているということになります。

シャイニング・フューチャーは設定初月に大きく資金流入しましたが、
それ以降は、資金流出するようになっています。

初めは期待大きくはじまったものの、運用実績が伴わず、評判も
下がる一方といったところでしょう。

インデックスファンドに勝てなければ、そうなっても仕方ありませんね。

世界中小型株式ファンド『シャイニング・フューチャー』の今後の見通し

グローバル中小型株式は非常に魅力的な投資対象であることには間違いないと思います。
実際、SBIアセットのEXE-i グローバル中小型株式ファンドは5年平均利回り11%程度と
なっています。

そこまでの運用実績は残せないにしても1桁後半の利回りは期待してもよいのではないか
と思います。ただ、低コストのインデックスファンドにパフォーマンスで負けるようであれば、
シャイニング・フューチャーに投資するメリットがありません。

まだ運用期間が短いので、今後はわかりませんが、当面、グローバル中小型株式に
投資をしたいのであれば、EXE-i グローバル中小型株式ファンドを選択しておいたほうが
無難といえるでしょう。