インデックスファンドの低コスト競争において、最前線で戦っている
アセットマネジメントOneのたわらノーロードシリーズ。

今日は、たわらノーロード日経225の評価や評判、実質コストなどについて
徹底的に分析したいと思います。

たわらノーロード日経225の基本情報

投資対象は?

投資対象は、日経平均株価採用銘柄を主要投資対象とし、日経平均株価(日経225)に
連動する投資成果を目指して運用を行います。

日経平均株価は東京証券取引所一部上場銘柄のうち、代表的な225銘柄を対象として
算出される株式銘柄です。

日経225の上位銘柄は下図のようになっています。

たわらノーロード日経225の値動きのイメージがつきやすいようにベンチマークの
推移を見てみましょう。

2007~2008年のリーマンショックでは、50%ほど下落しましたが、そこから右肩上がりに
成長し、リーマンショックの水準を約40%ほど上回っています。

TOPIX連動型のインデックスファンドは、リーマンショック時の水準から約10%ほどしか
上回っておらず、私がTOPIXより日経225に連動するインデックスファンドのほうがよいと
常々言っている理由はこういうところにあります。

たわらノーロード日経225の組み入れ銘柄を見てみましょう。

日経平均株価採用銘柄の中から200銘柄以上に等株投資を行うとしており、
上位銘柄はベンチマークの日経平均株価とほぼ変わりません。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも見るべきポイントです。
ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることができず、
インデックスから乖離してしまうリスクがあります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまくできず、
予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

たわらノーロード日経225は下図のように2015年の新規設定以来、じわじわと
純資産総額を伸ばしており、現在の純資産総額は約58億円となっています。

ファンドの規模としては全く問題ありません。カテゴリー最低水準のコストと
なっていますので、まだまだ純資産額は増えそうです。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドにおいて、実質コストというのは何よりも重要な項目です。

日経225連動型のファンドは運用会社各社が作っていますが、運用リターンは
ベンチマークに連動するため、どこも差がつきません。
そうすると、実質コストの部分で良し悪しを決めることになるわけです。

たわらノーロード日経225の実質コストは0.218%ほどで、同カテゴリー内でも
最低水準となっています。

主要インデックスファンドのコスト比較表はこちら

購入時手数料 0
信託報酬 0.1836%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.218%(概算値)

たわらノーロード日経225の評価分析

基準価額の推移はは?

たわらノーロード日経225の基準価額は、2016年から上昇基調でしたが、
2018年1月末の市場の大暴落以降、なかなか当時の水準まで戻せず、
苦戦しています。

利回りは?

つづいて、たわらノーロード日経225の運用実績を見てみましょう。

直近1年間の利回りは18.91%となっています。まだ運用期間が短いですが、
日経225をベンチマークとして採用している他のファンドで10年超運用している
ファンドの運用利回りを見ると、5年平均利回りで約11.5%、10年平均利回りで
約6.5%となっています。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

類似ファンドとのパフォーマンスの差は?

インデックスファンドに投資する上で、同じベンチマークを採用している
ファンドのパフォーマンスを調べておくことは非常に重要です。

たわらノーロード日経225と同じ日経225をベンチマークとしている
ファンドとパフォーマンスを比較してみると、たわらノーロード日経225は
わずかに他のファンドよりパフォーマンスが劣ることがわかります。

このように単純に信託報酬だけを見て、ファンドを選択していると、
一番パフォーマンスの良いファンドをすることはできないということです。

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になるのが、
最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点かと思います。

下記に、ファンド設定来の最大下落率を期間別に集計してものを載せます。

2016年1月に一番タイミング悪く買って、2016年6月に一番タイミング悪く
売った場合に最大-17.34%あなたの資産が目減りした可能性があるということですね。

長期保有をすれば、ちゃんとプラスのリターンが出ていますので、
これくらいの下落はあるものだと思って、投資をすると、下落相場でも我慢できると思います。

ベンチマークとの乖離率は?

インデックスファンドの運用においては、ベンチマークとの乖離率というのが
運用の巧拙を見極める一つのポイントとなります。

2016年10月13日~2017年10月12日までの期間において、ベンチマークは+24.4%、
たわらノーロード日経225は+26.3%となりました。

乖離率は1.9%程度となっており、主に配当金の計上によるものなので、
おおむねベンチマークに連動した運用ができています。

評判はどう?

続いて、たわらノーロード日経225の評判を見ていきたいと思います。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入している
ということなので、評判がいいということになります。

たわらノーロード日経225は2015年の新規設定以来、資金が流入している月が多いですが、
マイナスになっている月も時々あり、そこまで人気に火がついてはいませんでした。

2018年になり積立NISAが始まったタイミングで、人気に火がつき、
一気に資金流入が大きくなっています。

同カテゴリーで最低水準のコストを実現しているので、まだまだ人気は続くと思います。

たわらノーロード日経225の評価まとめ

日本全体への投資を考えたときに、現在でも人気があるのはTOPIX連動型の
インデックスファンドです。

確かにTOPIXは2000銘柄以上に分散投資を行っており、日経平均の225銘柄とは
10倍ほど差があります。

ただ、日本全体に投資ができる=運用利回りにおいても優れた結果がでる
というわけではありません。

実際、ベンチマークの過去推移でも示したように、日経225はリーマンショック時
の水準から40%ほどプラスになっていますが、TOPIXは10%ほどプラスにしかなっていません。

インデックスファンドにおいては、コストだけでなく、ベンチマークの推移というのが、
非常に重要になってきます。

世界には、S&P500やNYダウといった優れたベンチマークが存在しますので、
私個人としては、そちらをおすすめしますが、国内のインデックスファンドに
どうしても投資をしたいという人は、日経225に連動するファンドに投資をされるのがよいと思います。