あなたがプロトレーダーのどちらが勝つかを予想するとして、
10年間上位に勝ち続けているトレーダーと、今年調子がよく
大儲けしたトレーダーのどちらに賭けたいと思いますか?

多くの人は、10年間勝ち続けているトレーダーに賭けたいと
思うでしょう。

それと同じように投資信託においても、単年の利回りで見て
しまうと、たまたま運用がうまくいったというリスクを
ぬぐい切れません。

その点、10年間のリターンで上位に食い込める投資信託はたまたま
運用がうまくいったということだけでは片づけられない何かしらの
優位性が必ず存在します。

もちろん、10年平均利回りだけでなく、直近の運用状況も確認する
必要はありますが、中長期で期待が持てるファンドを選定したい
ということであれば、今日紹介するファンドを候補にするのが
一番よいと思います。

バランス型ファンドというのは、アセットクラスの組入比率が異なる
ため単純に比較するのは難しいのですが、分散投資をすることで
高い利回りを実現しているファンドも実際に存在します。

今日は、そのようなファンドを紹介していきます。

バランス型 投資信託の10年平均利回りランキングを発表!

バランス型 投資信託は現在676本あります。その中で、
2010年1月~2018年12月末までの10年間でリターンの高かった
上位20社をランキングにしました。。

さて、どういった投資信託がランクインしているのでしょうか?

直近は運用体制が変わり、パフォーマンスがいまいちになっている
こともありますので、10年平均利回りだけでなく、直近の1年や3年の
平均利回りも併せて確認しておきましょう。

順位 銘柄 10年平均利回り
1 アジアのチカラ 13.22%
2 ダイワ/フィデリティ・アジア3資産分散 11.38%
3 アジアンスイーツ 10.90%
4 グローバル財産3分法ファンド 10.35%
5 V-Plus 9.26%
6 3つのチカラ 9.20%
7 GA10 8.97%
8 ライフポイント(成長型) 8.93%
9 トリプルインカムアルファ 8.77%
10 ライフハーモニー(成長) 8.76%
11 3つの恵み 8.72%
12 ブンさん 8.57%
13 ハッピーハーモニー 8.49%
14 UBSニュー・メジャー・バランス 8.48%
15 七重奏 8.41%
16 世界一周 8.31%
17 地球ゴマ 8.29%
18 ミルフィーユ 8.14%
19 りそなオールスター 8.12%
20 フィデリティ・資産分散投信(成長型) 7.98%

まず、特徴として、上位にランクインしている投資信託のほとんどが、
株式・債券・REITの3資産に分散しています。もしくは、国内・海外を
分けて6資産に分散しています。

ただし、注意したいのが債券が投資不適格債券と言われるハイ・イールド債
を組み入れているファンドもあり、かなりリスクの高い運用をしている
ファンドもあります。

ちなみに国内外の株式、債券、REITの6資産に均等に分配して、
インデックスファンドに投資しているようなファンドの10年利回りは
7.92%とわずかにランクインはできていませんが、8%弱のリターンを
出しています。

ですので、近年出てきたeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
iFree8資産バランスといった超低コストのバランス型ファンドでも
中長期で見れば、似たようなパフォーマンスが期待できると思います。

またバランスファンドの上位ランクイン銘柄は、国内大型株式ファンドや
海外株式ファンドの10年平均利回りと比べても遜色ないパフォーマンスと
なっています。

下落幅もそこまで変わりませんので、一度比較してみてもよいと思います。

2019年最新!国内大型株式 投資信託のおすすめは?10年平均利回りランキング ベスト20を発表!

2019年最新!海外株式(グローバル型)投資信託のおすすめはどれ?10年平均利回りランキング ベスト20を発表!