東洋と西洋の文化と歴史が融合するベトナム。急速な発展を遂げる
アジア諸国の中でもベトナム経済が持つ潜在的なパワーに多くの
投資家が熱い視線を送っています。

近年、ベトナム国有企業の民営化が大きく進み、政府保有株の売却が
進んでいるだけでなく、外国人投資家の株式保有制限の緩和が行われ、
今までは49%以下が原則でしたが、最大100%まで保有制限が緩和され
ました。

これにより流動性の改善と、投資機会の拡大が期待されており、
ベトナム株式市場への注目が一層高まっています。

今日は、そんな東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型)について
徹底分析していきます。

東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型) の基本情報

投資対象は?

東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型) の投資対象はベトナム
企業の株式です。

成長性や事業モデルなどを考慮して最終的に30~70銘柄に絞り込みます。

現在の組入銘柄数は47銘柄となっており、組入上位の業種は金融、
不動産が多くなっています。


※引用:マンスリーレポート

運用体制は?

東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型)の実質的な運用は、
Korea Investment Management (KIM)が行います。

KIMは韓国投資ホールディングス傘下の運用会社で、2006年から
ベトナム株式への投資を行っており、ベトナム株式の運用残高は世界
トップクラスです。

ホーチミンにリサーチ拠点を構えて、現地で徹底したリサーチ活動を
行っています。現地でリサーチ活動をもとに銘柄選定を行っているのは
好感が持てますね。

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認しておきたいポイントです。

純資産総額が小さいと運用が効率よく行えずにコストが高くついたり、
保管費用や監査費用が相対的に高くなりますので割高になります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

また運用会社自体がその投資信託の運用に力を注がなくなりパフォー
マンスが悪くなることもありますので注意が必要です。最低でも
10億円、50億円は欲しいです。

東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型) は2018年7月に設立された
ばかりのファンドですが、すでに300億円規模になっています。

2018年10月以降は世界の株式市場が下落に合わせて基準価額が下落して
しまったので、純資産は伸びていません。ただ、300億円あれば規模
としては十分です。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

投資信託には、購入時手数料や信託報酬以外にも実は費用がかかって
います。

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式売買手数料や
有価証券取引税、監査費用などが含まれています。特に純資産総額が
小さいときには、信託報酬より実質コストがかなり割高になっている
場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型) の実質コストは1.728%と
なっています。

まだ運用報告書が出ていないため実質コストはわかりませんが、KIMへの
報酬などを考慮すると2%近くになってもおかしくないと思います。

購入時手数料と合わせると初年度は5%近く取られますので、慎重に
銘柄を選定してください。

要注意!手数料が安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.24%(税込)※上限
信託報酬 1.728%(税込)
信託財産留保額 0.5%
実質コスト まだ不明

 

東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型) の評価分析

基準価額の推移は?

東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型) の基準価額を見て
みましょう。

設定したタイミングが悪かったのもありますが、設定してすぐに
大きく下落してしまいました。ただ、新興国株式の割には10%程度の
下落で済んでいるので、一安心といったところですね。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型) の利回りは設定来で
▲5%程度となっています。設定したタイミングも悪かったので、
まさに今後に期待といったところです。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

最大下落率は?

東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型) に投資をする前に、
最大でどの程度下落する可能性があるのかを知っておくことは非常に
重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく下落した
相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型) はまだ設定してからの
期間が短いためあまり参考にはなりませんが、1カ月で▲15%ほどと
なっています。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

評判はどう?

それでは、東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型) の評判は
どうでしょうか?

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入を見ることで、
評判がわかります。評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が
悪くなっていれば、資金が流出超過になります。

東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型) は2018年に設定されて以来、
毎月ギリギリ流入超過となっています。

設定後に大きく基準価額が大きく下落してしまったため、購入する人が
少なくなっています。少なくとも評判が良いということはなく、多くの
投資家が様子見しているところでしょう。


※引用:モーニングスター

東京海上・ベトナム株式ファンド(年1回決算型) の今後の見通し

将来の見通しを考える上で、一番基本となる統計を知っていますか?
それは人口の推移です。

人口の増加が著しい国というのは例外なく経済も成長しています。
ベトナムは2040年まで人口増加が続く見通しで、人口ピラミッドを
見ても30歳未満の若年層が約半分を占めています。

また、人口増加に加えて所得水準も向上しており、以下のように
平均賃金と個人支出の金額が右肩上がりに伸びています。

日本の高度経済成長期にテレビやエアコン、車が一般家庭に普及した
状況と似たようなことが今、ベトナムでも起きているわけです。

個人消費が勢いづけば、当然、企業の成長も加速していきますので、
株式の上昇にも期待ができるというわけです。

最後に、もうひとつ。ベトナムは現在MSCIの格付では「フロンティア
市場(後発途上国)」に分類されています。それを中国やインドと同じ
エマージング市場(新興国)への格上げを目指して様々な市場の改革を
行っています。

今後、格上げされることが決まれば、それを見越して海外からの投資
マネーがベトナム株式市場に流入しますので、基準価額の大きな上昇も
期待できますね。

自分にあったファンドが1本見つかる特集記事

◆東京海上・ベトナム株式ファンドから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?