SBIアセットが出しているG・リート・トリプル・プレミアムファンド
『愛称:トリプル・プレミアム』。

単純に世界のリートに投資するというわけではなく、リートと通貨で
カバード・コール戦略を用いることで、追加の収益の獲得を狙っていきます。

一見、通常のリートより複雑な戦略をとっているため、儲かりそうだ
と思ってしまいがちですが、得てして投資戦略はシンプルなほうが
リターンが大きかったりします。

果たして、トリプル・プレミアムはどうなのか?
今日は、トリプル・プレミアムについて徹底分析していきます。

グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド『トリプル・プレミアム』の基本情報

投資対象は?

トリプル・プレミアムの投資対象は、CSグローバル・リート・
トリプル・プレミアムファンドへの投資を通じて、世界のリートに
投資していきます。

リートの投資対象は、下図のようになっており、7割以上が
米国リートで、次いで日本となっています。


※引用:マンスリーレポート

また下に示すトリプル・プレミアム戦略を用いることで、
追加のインカム収入の獲得を目指します。

カバードコール戦略はわかりづらいので、後述します。

為替取引・プレミアム戦略はたいそうな名前がついていますが、
やっていることは非常にシンプルです。

要は、米ドルより高い金利の通貨を保有して、差分の金利収入を
得るという手法です。

そのときに、為替がどう動いても損失がでないように為替予約を
しているということですね。


※引用:交付目論見書

カバードコール戦略とは?

カバードコール戦略は対象となるリート、選択通貨(対円)に
かかるコール・オプションの売りを行うことで、オプション・
プレミアム(インカム収入)を得る戦略です。

オプションに関する知識がある人はすぐにわかるのですが、
いきなり理解するのは難しいので、今日は、どういった効果が
あるのかだけ、説明しておきたいと思います。

カバードコール戦略が効果を発揮するのは、次の場合です。

1つ目は、リート、選択通貨が上昇したが、権利行使価格に
到達しなかった場合です。

このとき、オプション・プレミアムを獲得できます。

権利行使価格というのは、オプションを売るときに、予め
決めておく価格のことです。

例えば、現在のリート価格が10000円だったとしたら、12000円や
13000円を権利行使価格として、コール・オプションを売ることに
なります。


※引用:交付目論見書

そして、もうひとつは、リート、選択通貨の価格が下落したときです。

この場合も、オプション・プレミアムを獲得できますので、通常の
損失より損失額を減らすことができます。

カバード・コール戦略はリート、選択通貨の価格が大きく上昇する
とき以外に、プラスの効果を発揮すると覚えておけば十分でしょう。


※引用:交付目論見書

純資産総額は?

続いて、トリプル・プレミアムの純資産総額はどうなっているか
見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性が
ありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

トリプル・プレミアムの純資産総額は、約210億円となっています。
異常に高い分配金を出しているため、未だ一部の投資家からは人気が
あるようです。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが
通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

トリプル・プレミアムの実質コストは1.96%となっており、カテゴリー内
でかなり割高になっています。

これは複雑な戦略を組み入れているためにコストが高くついているわけですが
その分高い利回りになっていないと投資しようとは思えませんね。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.87%(税込)
信託財産留保額 0.5%
実質コスト 1.96%(概算値)

※引用: 運用報告書(決算日2018年12月18日)

トリプル・プレミアムで本当に大丈夫?圧倒的に高いリターンを出しているアクティブファンド特集

グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド『トリプル・プレミアム』の評価分析

基準価額の推移は?

トリプル・プレミアムの基準価額は、ここ3年間で50%ほど下落して
います。

分配金を支払わなかった場合の基準価額である分配金再投資基準価額
(青線)は増えていますので、いかに、過剰な分配金を出してきたか
がわかりますね。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

トリプル・プレミアムの利回りを見てみましょう。

直近1年間の利回りは▲9.25%、3年平均利回りは+9.95%、
5年平均利回りが+1.67%となっています。

プレミアム戦略がうまく作用しているときは高いリターンとなって
いますが、はまらなかった場合のマイナスも大きくなっています。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲9.25% 93%
3年 +9.95% 22%
5年 +1.67% 96%
10年

※2019年3月時点

標準偏差は?

トリプル・プレミアムの標準偏差を見てみると、5年平均が16.51と
なっており、国内株式ファンドと同程度の基準価額のブレ幅で
あることがわかります。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 13.05 22%
3年 12.81 36%
5年 16.51 74%
10年

※2019年3月時点

年別運用パフォーマンスは?

トリプル・プレミアムの年別の運用パフォーマンスを見てみましょう。

プラスのリターンが出る年は大きくなっていますが、マイナスが出る
年の大きな下落しており、まさにハイリスクハイリターンなファンド
となっているようです。

年間利回り
2018年 ▲17.45%
2017年 +13.35%
2016年 +21.59%
2015年 ▲23.30%
2014年 +17.31%

※2019年3月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

トリプル・プレミアムへの投資を検討するのであれば、低コストの
インデックスファンドとパフォーマンスを比較しておいて損はありません。

複雑な戦略を組入れている分、同じ比較にはなりませんが、今回は
世界のリートに分散投資ができるニッセイ Gリートインデックス
と比較をしてみました。

結果はトリプルプレミアムの圧勝です。単純にグローバルリートに
投資するより、複雑な戦略を組み合わせたことが功を奏していますね。

分配金の推移は?

続いて、分配金の推移を見てみましょう。

2017年には毎月100円だった分配金ですが、2018年には毎月40円に
まで下落しています。

分配金余力は60カ月程度ありますので、まだ余力はありますが、
基準価額に対する分配金の割合を示す分配利回りが30%を超えて
いますので、基準価額の下落は止まりません。

完全なタコ足配当になっているので、気を付けてください。

また、このブログでは何度も言っていますが、特別な事情がない限りは
毎月分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
61期 40円 1円 2,477円
62期 40円 1円 2,475円
63期 40円 2円 2,473円
64期 40円 2円 2,470円
65期 40円 6円 2,464円
66期 40円 7円 2,457円

評判はどう?

トリプル・プレミアムの評判はネットでの書き込みなどで調べる方法も
ありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけトリプル・プレミアムを
解約している人が多いということなので、評判が悪くなっているという
ことです。

トリプル・プレミアムは、2017年に分配金を下げて以来、毎年資金が
流出超過となっています。


※引用:モーニングスター

グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド『トリプル・プレミアム』の今後の見通し

トリプル・プレミアムは土台にリートの収益がありますが、
カバード・コール戦略がうまくはまらない予想外の損失を
出すことになります。

実際、直近の1年間の利回りが大きくマイナスになっているのは、
プレミアム戦略がうまくいかなかったことが原因です。

通常の米国リートファンドであれば、4~5%のリターンは出しています。

ですので、戦略がはまれば、超過の収益が期待できますが、
はまらなければ超過の収益が期待できないということで、リスクの
大きな運用をしているわけです。

実際、米国リートに投資をしているフィデリティ・USリート(ヘッジ無)
とパフォーマンスの比較をしてみると、5年、10年リターンではフィデリ
ティ・USリートのほうが勝っています。

どちらも毎月分配型のファンドなので、そもそも私はおすすめしませんが、
どうしても毎月分配型がいいというのであれば、フィデリティ・USリート
のほうがまだましでしょう。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆トリプル・プレミアムから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?