三菱UFJ国際投信が運用している積立NISA向けのファンドには
大きく3つの種類があります。

一つは以前からある「eMAXISシリーズ」、もう一つが超低コストで
ネット証券向けの「eMAXIS Slimシリーズ」。

それから金融機関で相談できる「つみたてんとうシリーズ」です。

ベンチマークは同じなので、あとはコストの差になるのですが、
今日はこの「つみたてんとうシリーズ」から、世界の新興国株式に
投資する「つみたて新興国株式」を徹底分析したいと思います。

つみたて新興国株式の基本情報

投資対象は?

投資対象は、新興国の株式に投資し、MSCIエマージング・
マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する
投資成果を目指します。

MSCIエマージング・マーケット・インデックスとは、
MSCI inc.が開発した世界の新興国株式市場の動きを表す
株式指数です。

地域構成比は下図のようになっており、構成国は24か国、
約1100銘柄からなるインデックスです。

続いて、つみたて新興国株式の国別の資産構成比を見て
みましょう。


※引用:マンスリーレポート

ケイマン諸島の比率が一番高くなっていますが、これは
大部分が中国の企業ですので、中国と置き換えてもよい
でしょう。。

ケイマン諸島はオフショアと言って、税制優遇制度があり、
登記場所をケイマンにすることで、合法的に税金の支払いを
減らせるというわけです。

大企業になると、叩かれることもありますが、中国の大手企業は
まったく気にしていないようです。

中国、韓国、台湾、インドとアジアの新興国の比率が高く
なっているのも特徴です。

業種別で見てみると、銀行業種の比率が高くなっており、各国で
フィンテックビジネスが非常に好調であることが背景にあると
考えられます。

純資産総額は?

続いて、つみたて新興国株式の純資産総額は
どうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも
見るべきポイントです。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を
入れ替えることができず、インデックスから乖離してしまう
リスクがあります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

つみたて新興国株式は下図のように2017年の新規設定以来、
純資産総額を伸ばしており、現在の純資産総額は約25億円と
なっています。

ファンドの規模としては、少し心許ない規模で、この規模だと
運用コストが割高になっている可能性があります。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

特にMSCIエマージング・マーケット・インデックス連動型の
ファンドは運用会社各社が作っていますので、運用リターンは
ほとんど変わりません。

そうすると、ファンドのパフォーマンスは実質コストの部分で
良し悪しを決めることになるわけです。

つみたて新興国株式の実質コストは約0.559%となっており、
他のインデックスファンドと比べると割高です。

純資産総額が大きくなれば、運用が効率化されてコストは下がって
きますが、思った以上に実質コストは高くなっていました。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 0
信託報酬 0.374%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.559%(概算値)

※引用:最新運用報告書

実質コストも加味して、私がオススメする最強のインデックスファンド

類似ファンドの実質コスト比較

類似ファンドの実質コストを比較をしてみましょう。

MSCIエマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとして
採用しているファンドはどれも信託報酬と実質コストにかなり大きな
乖離があることがわかります。

これは、純資産総額が小さいことにより、効率的な運用ができていない
側面もあるため、純資産総額が大きくなれば、もっと下がってきます。

信託報酬だけ見ていると、いつの間にか差し引かれてしまいますので、
こうやって比較をしておいて損はありません。

つみたて新興国株式も悪くはないですが、普通に考えるとeMAXIS Slim
新興国株式インデックス
のほうがおすすめですね。

ファンド 実質コスト(概算値)
eMAXIS Slim新興国株式インデックス 0.379%
iシェアーズ 新興国株式インデックス 0.441%
Smart-i 新興国株式インデックス 0.910%
たわらノーロード新興国株式 0.647%

 

つみたて新興国株式の評価分析

基準価額の推移は?

つみたて新興国株式の基準価額は、2018年1月末までは、
右肩上がりに推移していましたが、2月以降は完全に
下落トレンドとなっており、復調の兆しが見えない状況です。

先進国株式と比べると明確にパフォーマンスに差が出ていますね。


※引用:モーニングスター

利回りは?

つづいて、つみたて新興国株式の運用実績を見てみましょう。

直近1年間の平均利回りは▲10.10%となっており、かなり
厳しい結果となっています。

新興国株式カテゴリー内では平均的以下のパフォーマンスで
苦戦しているかがわかります。

インデックスファンドで低コストとはいえ、このパフォーマンスの
ファンドでは投資する気になれません。

逆に毎月一定の資金が流入しつづけていることに驚きます。
あまりパフォーマンスを確認せずに投資をしている人も多いのでしょう。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲10.10% 62%
3年
5年
10年

※2019年9月時点

標準偏差は?

つみたて新興国株式の標準偏差を見てみると、
同カテゴリー内では下位2割程度に位置しています。

インデックスファンドなので、平均的な水準になるのであれば
わかりますが、パフォーマンスもいまいちであり、標準偏差も
高めということになると投資する気になれません。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのは
ご存じでしょうか?

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 22.88 84%
3年
5年
10年

※2019年9月時点

年別のパフォーマンスは?

つづいて、つみたて新興国株式の年別のパフォーマンスを
見てみましょう。

以下のように2018年はかなり厳しい結果となっています。

やはり中国株の比率が高いため、米中の貿易問題がいつ再燃するか
わからない現状では、積極的な投資は控えられてしまうといった
現状もあるように思います。

年間利回り
2019年 8.85%(1-6月)
2018年 ▲17.40%
2017年

※2019年9月時点

類似ファンドとのパフォーマンスの差は?

インデックスファンドに投資をするのであれば、同じベンチマーク
を採用しているファンドとのパフォーマンスを比較しておくことは
重要です。

実質コストを込みで考えると、信託報酬が安くても、パフォーマンス
が優れないといったことが時々起こります。

今回は、三菱UFJ投信が運用しているeMAXIS Slim 新興国株式
インデックスとeMAXIS 新興国株式インデックスを比較をして
みました。

パッとみてわかりますが、手数料の差だけeMAXIS Slim新興国株式
インデックスが優れていることがわかります。

どうしても銀行で購入したいという人は別ですが、ネット証券に
口座を開設できる人であれば、つみたて新興国株式を選択する
理由はありませんね。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になる
のが、最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点です。

まだ設定来の期間が短くデータが少ないですが、最大下落率を
見てみましょう。

つみたて新興国株式は2018年1月~2018年12月までの
間に▲17.40%下落しています。

下落が続いているとすぐに手放したくなる衝動に駆られる人もいる
かもしれませんが、マイナスの時に感情的になり手放すのは最も悪手です。

一度保有を決めたのであれば、もう少し中長期視点で考え、保有を
続けましょう。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲10.99%
3カ月 ▲11.93%
6カ月 ▲14.20%
12カ月 ▲17.40%

※2019年9月時点

ベンチマークとの乖離率は?

インデックスファンドの運用においては、ベンチマークとの乖離率
というのが運用の巧拙を見極める一つのポイントとなります。

ベンチマークと差がついているのは、ベンチマークには配当収入分
が含まれていないためです。

その分を差し引きすれば、銘柄選択や組入によるマイナス要因は
ほぼゼロです。

ファンド ベンチマーク
▲3.0% ▲5.3%

 

評判はどう?

続いて、つみたて新興国株式の評判を見ていきましょう。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知る
うえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入
しているということなので、評判がいいということになります。

2017年の新規設定以来、毎月資金流入しており、2018年の
積立NISA開始と同時に純資産総額を大きく伸ばしています。

同カテゴリーでほぼ最安値の低コスト戦略が見事に人気に火を
つけていますね。

ただ、そこまで人気が出るほどパフォーマンスではないので、
とりあえず低コストなので、投資をしている投資家が多いように
思います。


※引用:モーニングスター

つみたて新興国株式の評価まとめ

インデックスファンドに投資をする投資家は、長期保有で手堅く
資産が増えることを望んでいる人がおおいと思います。

そのため、低コストであることも重要ですが、ベンチマークが
しっかり右肩上がりに成長していることが何より重要になります。

長期のMSCIエマージング・マーケット・インデックスの過去推移を
見ると、リーマンショック時には指数が70%ほど下落しており、
現在になってようやくその水準まで戻ってきたような状況です。

今後、リーマンショック級の下落相場が来ないとも限りませんし、
そうなったときに、10年経っても元の水準まで戻せていないという
のはいまいちだと思います。

分散投資という意味で、新興国株式インデックスを保有している人
もいるかと思いますが、本当に自分が納得したベンチマークに連動した
インデックスファンドでなければ、投資するメリットはありません。

また手数料の観点で見ても、あえてつみたて新興国株式を購入する
理由はありませんので、少なくとも購入するのであれば、eMAXIS Slim
シリーズのほうがよいでしょう。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆eMAXIS Slim新興国株式インデックスから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?