大和証券投信委託から出ているトルコ・ボンド・オープン。
トルコ・リラの金利が異常に上がっていることから、トルコリラ建債券に
多くの投資家が注目しています。

ボラティリティの大きい通貨は、素人が手を出さないほうがよいとは思っていますが、
果たしてトルコ・ボンド・オープンはどうなのでしょうか?

今日は、トルコ・ボンド・オープンを徹底分析していきます。

トルコ・ボンド・オープンの基本情報

投資対象は?

トルコ・ボンド・オープンの投資対象は、政府および政府関連機関ならびに国際機関などが
発行するトルコ・リラ建債券です。債券投資で一番初めに確認しなければならないのは、
組み入れられている債券の格付です。

格付というのは、元本や利息が約束通りに支払われる確率の高さを表しています。
一般的には、BBB以上であれば、投資適格とされており、BB以下だと投機的水準と呼ばれ、
運用のプロでも積極的には投資をしないリスクの高い債券となっています。

トルコ国債の格付けは現在BB-となっており、すでに投機的水準に入っています。
債券の利回り自体は高いですが、そもそもリスクが高い債券に投資をしているという
認識を忘れないでください。

純資産総額は?

続いて、トルコ・ボンド・オープンの純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

トルコ・ボンド・オープンの純資産総額は現在131億円程度となっていますので、
規模によるデメリットはないですね。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

トルコ・ボンド・オープンの実質コストは1.618%とかなり高くなっています。
パフォーマンスが良ければ、まだ支払う気持ちにもなりますが、ここまで
パフォーマンスが悪いと一切払う気持ちになりません。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.4472%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.618%(概算値)

トルコ・ボンド・オープンの評価分析

基準価額をどう見る?

トルコ・ボンド・オープンの現在の基準価額は1979円です。
ここ3年間で70%ほど下落しています。

これは過剰な分配を続けていることと、為替による影響が重なった結果ですが、
ここまで下落するファンドはあまり見たことがありません。

利回りはどのくらい?

直近1年間の利回りは▲31.64%となっています。
3年平均利回りが▲18.73%、5年平均利回りは▲11.97%です。

ここまで毎年マイナスの運用となることは珍しいですが、タコ足配当と為替が
円高に大きく振れたことで、悲惨な結果となっています。

まだ、トルコ・ボンド・オープンに投資していることがいることが驚きですが、
即刻解約することをおすすめします。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

分配金の推移は?

続いて、トルコ・ボンド・オープンの分配金の推移を見てみましょう。
トルコ・ボンド・オープンは2016年7月まで毎月90円の分配金を出していましたが、
2016年8月に60円になり、2017年12月に40円まで下がってきています。

もう下がらないだろうと思ってしまいがちですが、分配金余力は約10カ月程度
しかなく、まだまだ下落するでしょう。

基準価額に対する分配金の割合を示す分配金利回りでも25%と異常に高くなっており、
基準価額の下落も、分配金の減額も避けては通れないような状況です。

評判はどう?

トルコ・ボンド・オープンの評判はネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけトルコ・ボンド・オープンを解約している人が
多いということなので、評判が悪いということです。トルコ・ボンド・オープンは
2016年までは毎月資金が流出していましたが、2017年に資金が大きく流入しました。

そして、2018年からはまた資金が流出しています。
これだけひどい運用がなされていてなぜ資金流入が起きたのはわかりませんが、
分配金利回りの高さに魅かれて何も考えずに投資をしてしまったのでしょう。

トルコ・ボンド・オープンの今後の見通し

あまりこのようなことを言うことはないのですが、トルコ・ボンド・オープンを
保有しているのであれば、即刻解約してください。正直、保有するメリットが
何一つありません。

トルコ・ボンド・オープンは為替の影響を大きく受けますが、円とトルコリラの
関係を見てみると、綺麗な右肩下がりになっています。これは、円高が進んでいる
ということなのですが、5年間で50%ほど円高が進んでいます。

いくら債券のクーポンで収入があっても、為替のマイナス影響が大きすぎて
プラスになりません。もうすぐ底値だろうと言われてはいますが、言われ続けて、
もう2~3年経っています。

もし、トルコリラに興味があるのであれば、毎月一定額ずつ購入する積み立て方式が
一番良いでしょう。そうすれば、ドルコスト平均法が使えますので、円高局面でも
長期的には勝てると思います。