世界銀行という世界一信用力の高い債券に投資しているのに
高利回りのファンドとして一気に注目され、資金を集めた
世界銀行債券ファンド(毎月分配型) 『ワールドサポーター』。

世界初の世界銀行との共同開発ファンドとしても注目をされていた
のですが、今では基準価額が2000円台と惨敗の一途をたどっています。

今日はその理由を探るため、ワールドサポーターを徹底分析していきます。

世界銀行債券ファンド(毎月分配型)『ワールドサポーター』の基本情報

投資対象は?

ワールドサポーターの主な投資対象は信用力の高い世界銀行が
発行する短期債券です。

世界銀行というのは、世界の主要各国から出資・支援されている
国際機関で、経済復興を目的に設立された機関の1つです。

構成比率をみるとわかりますが、ほぼすべてAAA(Aaa)格の
債券となっており、信用力の高い債券にのみ投資をしている
ことがわかりますね。


※引用:マンスリーレポート(2018年9月末)

過去には2500億円ほどの規模まで膨れ上がった巨大ファンドでしたが、
この「信用力が高い債券に投資する」という点だけに着目し、
「それなら安心だろう」とたくさんの資金が集まってきたのでしょう。

しかし、このファンドは「新興国通貨建てで投資する」という点に
一番注目して投資判断するべきファンドです。

それは、投資対象が短期債券ですので、債券自体からの収益はほとんど
なく、為替による収益がメインとなるからです。

要は、多くの国の通貨を分散して購入しているようなものですね。

ワールドサポーターの通貨別構成比を見てみましょう。
新興国通貨に幅広く分散されていることがわかります。


※引用:マンスリーレポート(2018年9月末)

純資産総額は?

純資産総額は投資信託を見極める際にとても大切なポイントとなります。

純資産総額が多い方が、ファンドマネージャーが資金を投資する際に
有利であったり、他の投資家の解約の際の影響が小さくなるので、
余計なコストが減ります。

また純資産総額が減少しているファンドは、解約が増えていると
いうことですので、何らかの理由で投資信託自体の魅力が減って
いるという判断ができます。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

それでは、ワールドサポーターの純資産総額はどうでしょうか?
現在の純資産総額は、180億円です。以下のグラフを見てください。

純資産総額の水色の部分が、斜面の急な山のようになっていますね。

2011年ごろまでは2500億円ちかくありましたが、それからどんどん
急激に落ちていき、今では180億円まで下落しています。


※引用:マンスリーレポート(2018年9月末)

実質コストは?

投資信託にかかる費用について、皆さんがよく目にするのは、販売時
の手数料・信託報酬・信託財産保留金といったところだと思います。

しかし、これ以外にも費用がかかっているのをご存知でしたでしょうか?

これを実質コストというのですが、実質コストは売買時の手数料や
取引の際の税金、保管費用などが含まれ、運用報告書の「1万口当たり
の費用明細」で確認することができます。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

ワールドサポーターの実質コスト1.323%となっており、コストは
割安に設定されています。

ただ、購入時手数料もかかりますし、このパフォーマンスでは
やる気をなくしてしまいますね。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.295%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.323%(概算値)

※引用:第130期 運用報告書(決算日2018年4月12日)

実質コストを加味しても、圧倒的に高いリターンを出している海外債券ファンドランキング

世界銀行債券ファンド(毎月分配型)『ワールドサポーター』の評価分析

基準価額の推移は?

ワールドサポーターは直近3年間で約30%ほど下落しています。

分配金再投資基準価額を見ると、3000円~3500円のレンジをうろうろ
していますので、この下落は分配金が過剰になっていることによります。


※引用:モーニングスターHP

利回りはどれくらい?

ワールドサポーターの直近1年間の利回りは▲4.76%となっています。

3年、5年、10年平均利回りは±1%程度となっており、ほぼ損益ゼロの
状態です。

3年以上のリターンでは、カテゴリーランキングが下位2割に入っており、
さすがに今から投資する状況にはないですね。

むしろ早く解約するべきでしょう。

平均利回り %ランク
1年 ▲4.76% 37%
3年 0.52% 83%
5年 ▲1.13% 91%
10年 ▲0.27% 100%

※2018年10月時点

標準偏差は?

ワールドサポーターの標準偏差を見てみると、同カテゴリー内では
上位4割に居続けています。

ただし、パフォーマンスがあまりに酷いので、これでは投資する気に
なれません。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 8.37 38%
3年 9.27 38%
5年 9.31 31%
10年 13.08 31%

※2018年10月時点

年別のパフォーマンスは?

ワールドサポーターの年別の利回りを見てみると、新興国通貨建て
になっているため、債券ファンドの割りにはかなり値動きが大きく
なっています。

新興国の通貨はうまく行けば大きく儲けることができますが、
うまくいかなかった場合、かなり大きく負けますので、素人は
手を出さないほうが無難です。

年間利回り
2018年 ▲6.07(9月末)
2017年 6.87%
2016年 ▲0.84%
2015年 ▲12.32%
2014年 1.57%

※2018年10月時点

最大下落率は?

ワールドサポーターの最大下落率は以下の通りです。驚く方もいる
と思いますが、2008年~2009年にかけて、30%超も下落しています。

債券だからリスクは低いであろうと思っていた人にとっては、衝撃の
事実でしょう。

これをきっかけにぜひ覚えておいてほしいのですが、いくら投資対象
が債券だからと言っても、新興国通貨建てになっている時点で、
為替のリスクが大きくなっていることを忘れないでください。

30%超下落するのであれば、株式に投資しているのとリスクはさほど
変わりませんね。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲20.96%
3カ月 ▲31.20%
6カ月 ▲35.12%
12カ月 ▲31.65%

※2018年10月時点

分配金は?

それではワールドサポーターの分配金はどうでしょう。
2016年の初めには40円だった分配金が現在では20円となっています。

分配金余力はまだ30カ月程度ありますが、今のパフォーマンスを
続けているようでは、すぐ減配になると思います。

また、このブログでは何度も言っていますが、特別な事情がない限りは
分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
125期 20円 20円 723円
126期 20円 20円 703円
127期 20円 20円 683円
128期 20円 20円 663円
129期 20円 20円 643円
130期 20円 20円 623円

評判はどう?

次にワールドサポーターの評価はどうでしょうか?

資金の流出入はそのファンドの評価にとって有益な参考情報に
なります。以下のグラフをご覧ください。

資金の流出が止まらないといった状況です。

2017、2018年は流出金額が減ってきてはいますが、これは、単純に
純資産の規模が小さくなったことによるもので、5年間毎月資金が
流出しているという異常事態にしっかり向き合う必要があります。

評判がよいはずありませんね。


※引用:モーニングスターHP)

世界銀行債券ファンド(毎月分配型)『ワールドサポーター』の今後の見通し

新興国の通貨はもともとボラティリティが大きく、ギャンブル要素が
非常に強い投資先です。

そのため、素人が手を出していいような投資先ではないとお考え下さい。

ワールドサポートがさらにひどいのは、ファンドの収益がまったく
上がっていないため、分配金の原資をすべて、当期の収益以外で
賄っています。

つまり、あなたの投資した元本で支払われているというわけです。

「世界初、世界銀行との共同ファンド」「AAAの高格付け債券で信用
リスクが低い」などと言われても、このようなパフォーマンスでは全く
検討対象になりません。

逆に、現在まだワールドサポーターを保有している人は早めに
売却することをおすすめします。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆ワールドサポーターから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?