7月の国会でカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が成立し、日本国内でも
ついにIR誘致が本格化する動きとなりました。

大阪、長崎、北海道などが候補地に名乗りをあげており、誘致合戦はどんどん
熱を帯びていくでしょう。そんなIR実施法案の成立により注目を集めているのが、
三井住友アセットマネジメントのYOURMIRAI ワールド・リゾートです。

国内で唯一IRをコンセプトにしたファンドであり、今、非常に注目が集まっています。
今日は、YOURMIRAI ワールド・リゾートについて徹底的に分析していきます。

YOURMIRAI ワールド・リゾートの基本情報

投資対象は?

投資対象は、日本を含む世界の株式の中で、統合型リゾートやテーマパーク・ホテルに
関連する企業の銘柄に投資していきます。

投資テーマ別でみると、統合型リゾートへの投資比率が50%を超えており、
カジノリゾート銘柄の比率が高くなっています。

そして、国別の構成比率でみると、日本の比率が高くなっているのも特徴です。
IR法案が成立するまでは、現実味があまりありませんでしたが、IR法案の
成立により日本のIR関連銘柄は、これから成長性を織り込んでいくので、
株価の上昇が期待できますね。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。純資産総額というのは、
あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

YOURMIRAI ワールド・リゾートの純資産総額は、約1億円です。
この規模だと、上述のような余計なコストがかかる可能性が高く、
実質コストに注意が必要です。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

YOURMIRAI ワールド・リゾートの実質コストは1.980%とかなり高くなっています。
購入時手数料と合わせると初年度は5%以上取られますので、投資には慎重にならざるを得ません。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.674%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.980%(概算値)

YOURMIRAI ワールド・リゾートの評価分析

基準価額をどう見る?

YOURMIRAI ワールド・リゾートの基準価額は現在、11,175円となっています。
2018年は1月末の市場の大暴落以降、高値を更新できていないので、
運用はさほどうまく行っていないと言えるでしょう。

利回りはどれくらい?

YOURMIRAI ワールド・リゾートの年間平均利回りは+8.60%となっています。
3年平均利回りは+8.55%と安定的なリターンを実現しています。

テーマ型ファンドなので、単純にカテゴリーないの順位比較をするのは
よくないですが、国際株式のカテゴリーでは、上位にランクインしています。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

分配金の推移は?

収益分配金は、毎年8月に1回受け取ることができ、分配金を受け取るか、
自動で再投資するかを選択できます。

直近の分配金の推移を見てみると、2015年が1300円、2016年は0円、2017年は1190円
となっています。

基準価額に対する分配金の利回りを示す分配金利回りは10.65%となっており、
ファンドの収益に対しては適正な水準の分配がなされています。

2018年8月の分配は、2018年単年でみると、リターンはマイナスですが、
2017年9月以降に伸びた分も含まれるので、1000円程度は期待できそうです。

評判は?

YOURMIRAI ワールド・リゾートの評判はネットでの書き込みなどで調べる方法も
ありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけYOURMIRAI ワールド・リゾートを
解約している人が多いということなので、評判が悪いということです。

YOURMIRAI ワールド・リゾートに関しては、現状純資産総額もかなり小さく、
流入、流出ともにほぼありません。今後、流入が増えるのではないかと思いますが、
現状は評判の良し悪しを判断するのは難しいですね。

YOURMIRAI ワールド・リゾートの今後の見通し

私は、マカオやラスベガスに行ったことがあるので、カジノというのが
大人の社交場であり、セキュリティも厳しく、安全な娯楽施設であると思っています。

そして、IR実施法案と呼ばれているように、IR=カジノ法案と多くの人が
思っていますが、カジノはIRの魅力のうちの一部分でしかありません。

本来は、ショッピング施設やイベント施設など、遊ぶ、楽しむ、集う、働くの中心と
なりえるランドマークであり、地方創生のキラーコンテンツともなり得るものです。

IR開業後は、色々と社会問題が起きないとも言えませんが、
少なくとも開業までは、建設業、インフラ関連、は大きな恩恵を受けると思います。

現状、純資産総額が小さく、コストが割高になっているので、手を出しづらいですが、
資金のあつまり具合を見て、投資を検討しても面白いかもしれません。