外貨建てMMFは格付の高い公社債へ実質投資がされるということで、
多くの投資家があまりリスクをしっかり把握せずに投資をしています。

外貨建てMMFについて言えば、一般的な投資信託と比べれば圧倒的に
低いですが、やはり自分でしっかりリスクについて調べる癖はつけて
おきたいものです。

今日は、外貨建てMMFへ投資するうえで、注意しておきたいリスクと、
そのリスクへの対処方法を紹介していきます。

外貨建てMMFのリスクとリスク対処法

信用リスク

まず1つ目が信用リスクです。信用リスク=デフォルトリスクとも
いいますが、債券の利払いや元本の返済が滞るリスクのことです。

外貨建てMMFは公社債投資信託といって、組み入れられている資産は
公社債もしくは短期金融商品ですので、デフォルトリスクは注意すべき
点です。

組入られている資産がすべて同時にデフォルトになる可能性はありません
が、1つの資産でもデフォルトすると、それなりに影響が出てしまいます。

では、デフォルトリスクを調べるうえで役に立つのが、S&Pやムーディズ
といった格付会社が提供している格付です。

以下の格付表はS&P社が発表している格付の一覧で、上位のものほど
格付が高いことになります。

通常、よく目にするのは左側の格付ですが、外貨建てMMFの場合、
組み入れられている資産のほとんどは償還日が数カ月の短期金融商品
に該当しますので、右側の短期発行体格付を確認する必要があります。

短期発行体格付ではA-1+⇒A-1⇒A-2⇒A-3⇒B⇒Cの順になっています。
短期発行体格付けがA-1+の場合、長期で見るとAAA~AA-の範囲の格付
に該当します。

外貨建てMMFの場合、投資対象の制限がありますので、A-2以下の格付
の債券にはほぼ投資ができません。ですので、実質、A-1以上の格付の
債券に分散投資していくことになります。

長期格付 短期格付
AAA A-1+
AA+ A-1+
AA A-1+
AA- A-1+ or A-1
A+ A-1
A A-1 or A-2
A- A-1 or A-2
BBB+ A-2
BBB A-2 or A-3
BBB- A-3
BB+ B
BB B
BB- B
・・・・ ・・・・

では、上記の格付の債券はどの程度デフォルトする確率があるのか。

S&P社がグローバル企業約6900社をもとに集計したデータがあり
ますので見ていきます。以下の数値は1981年~2017年における平均
デフォルト率を示しています。

表の見方は1年前に「AA」の格付を取得していた企業が1年以内に
デフォルトする確率が0.02%ということを意味しています。

もちろん経済環境等の影響も考慮する必要はありますが、これは
現時点でAAの格付を取得している企業の債券を購入した場合に、
1年以内の償還期限の債券であれば、99.98%は利息も元本も回収
できるという見方ができます。

外貨建てMMFに組み入れられる債券は短期発行体格付でA-1以上
なので、長期発行体格付けで言うA以上に該当します。Aは0.06%
ですので、1年以内の短期証券であれば、ほとんど返済が滞る心配は
ないということですね。

このように「安全性は高い」と言われているからと言って、すぐに
安全だと思うのではなく、実際に自分で確認する癖をつけると投資で
成功する確率を上げることができます。

Rating 1年
AAA 0.00%
AA 0.02%
A 0.06%
BBB 0.17%
BB 0.68%
B 3.59%
CCC/C 26.82%

※引用:S&P社発行レポート(2018年4月5日)

元本割れリスク

つづいて、元本割れリスクです。外貨建てMMFは公社債投資信託です
ので、通常の投資信託と同じように価格が変動します。

外貨建てMMFの場合は、公社債や短期金融商品で構成されているので、
金利の影響により価格が変動します。金利が上昇すれば、価格は下落し、
金利が下落すれば、価格は上昇します。

とはいえ、外貨建てMMFの場合、投資方針として、通常は償還期限まで
保有することを前提に運用を行いますので(債券等は償還日まで保有を
すれば、額面の金額で戻ってくるということ)、一般に販売されている
ダメな債券ファンドのように途中売却での売却損はあまり考えなくても
大丈夫です。

万万が一元本割れを起こしたとしても、過去の元本割れの状況を調べて
みると、額面100に対して96~97%は返金されていますので、大きな損失に
はなりません。

様々な短期証券に分散しているからこそ、一部の債券でデフォルト等が
起きたとしても、大きく影響は受けないと言うことです。

為替リスク

外貨建てMMFで一番気を付けておきたいのが為替リスクでしょう。

いくら安定した利回りで運用を続けていたとしても、円高になってしまえば
(例:1ドル100円⇒1ドル80円等)、円に両替するタイミングで損失が出て
しまうかもしれません。

ですので、日本円に戻すときは、為替レートがどうなっているか必ず確認
するようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、紹介した外貨建てMMFは変動金利の外貨預金のようなものです。

米国債や米国株などに投資を行っていると、どうしても購入のタイミング
を見計らう必要が出てくると時があります。

そのようなときに、単純に外貨のまま保有していてもよいですが、利回り
を考えれば、外貨建てMMFで運用したほうが間違いなく効率よく運用が
できます。

本日、外貨建てMMFのリスクについてまとめましたが、とにかく外貨建て
MMFで気を付けなければいけないのは、運用していた外貨を円に両替する
タイミングです。

ここさえ、間違えなければ、外貨運用で失敗する確率はかなり下げること
ができますので、くれぐれもその点だけは注意して運用を行ってください。