自分でトレードを始める投資家のほとんどが必勝のトレード方法
を探し求めて、書籍を購入したり、セミナーに参加したり、トレ
ードシステムを購入したりしています。

しかし、これだけ多くの投資家が同じような方法で情報を収集
しているにもかかわらず、ほとんどの人が必勝のトレード方法に
出会うことなく、資金を吹き飛ばして退場していきます。

一方で、トレードで勝ち続けている投資家も常に一定数存在して
います。

いったいこの差は何なのでしょうか?

スディーヴ・バーンズは投資初心者が抱えるこの問題を、わかり
やすくユニークな表現で解説してくれています。

具体的な取り組み方まで書いてあるので、トレード方法で悩んで
いる方や新しいトレード方法を探している方には参考になると
思います。

多くの人が探している聖杯・究極的な成功方法は?

トレードをする投資家であれば、誰しもが必勝のトレード方法を
見つけたいと考えています。そのために、チャートを何年分も
分析したり、企業の様々な情報を分析したりする投資家もいます。

しかし、多くの人が勘違いをしています。それは、必勝法に成り
得るトレード方法をあなた自身が潰してしまっているということ
です。

これはどういうことかと言うと、様々な分析をした結果、勝率の
高いトレード方法をあなたが見つけたとしましょう。

あなたはこれで大金持ちだと思ってしまうでしょうが、実際に
自分の資金を使ってトレードをし始めると、多くの困難に突き
当たります。

失うことへの恐れ、大きく取引したいという欲望、相場を正しく
あてたいというエゴなど。自分で確信をもって始めたはずの
トレード方法を知らず知らずのうちに言い訳をして書き換えて
しまい、結局大損をしてしまうわけです。

ここで本当に重要なのは、あなたが探している投資で成功する
ための方法は、あなたが見つけ出した勝率の高いトレードルール
をとにかく続けることです。

何度も何度も連続して負けてしまうと、自分のトレードルール
を変更したくなりますが、それでも自分のルールにしがみつけるか
が成功か失敗かを分けるということを覚えておいてください。

これが成功するかどうかのすべてといっても過言ではありません。
ですので、まず投資で成功するための第一ステップはあなたが
しがみ続けられるほど、堅実な取引ルール(勝ちパターン)を
練り上げることになります。

心に葛藤がうまれる時点でそのトレードはうまくいっていない

過去のチャートを綿密に分析すれば、優秀なトレードルールを
作ることはそこまで難しいことではありません。

トレードルール自体は、実は投資取引をしている張本人ほど
重要ではありません。

重要なのは、トレード中に、退屈したり、我慢できなくなったり、
あるいは恐れや欲望が湧いてきて、そのトレードルールをいとも
簡単に破ってしまいたくなる気持ちをいかにコントロールできる
かです。

優れた投資手法であっても、それを用いる際にストレスをうまく
処理できないのなら、その手法はあなたにとって良いことは何も
ありません。

自分自身が快適と感じるゾーンでトレードできるように投資金額
を下げたりするなどの対策が必要です。

トレードが感情と思い込みで行われているか確認する方法

トレードがどのような心境で行われたものなのかを確かめるために
簡単な方法はなぜそこでエントリーしたのかを自分に尋ねることです。

「これ以上落ちないから買った」「100ドルになると思ったから
買った」「これ以上、上がるわけがないから売った」といった
答えであれば、感情や思い込みでトレードしているとわかります。

一方で、「株価がここ3カ月の抵抗線を破って、過去最高値を更新
したから買った」「長期的な支持線を破ったから買った」「主要な
支持線で反発したから買った」「短期的な抵抗性を破ったから買った」
であれば、ルールに基づいてトレードをしていることがわかります。

気まぐれな投資はほぼ確実に失敗します。反対に株価の動きに
基づいた投資はうまくいく可能性が非常に高いです。

毎回、エントリーする前に感情でトレードしていないかチェック
することをお勧めします。

優れた投資家は科学者である理由

大した結果を残せていないトレーダーはTVの投資番組や注目銘柄
を紹介するサイト、投資のカリスマが登録されているサイト、
販売されている投資システムを探すのに一生懸命ですが、優れた
投資家は違います。

優れた投資家は、チャートのライン一本一本を見て、過去の
データの検証実験をして、あるいはトレードルールを調整し、
大量のサンプルデータを用いて自分のトレードプランがうまく
いくかテストします。

価格変動のパターンやボラティリティの変動によって、トレード
プランがどのような影響を受けるかもチェックします。

優れた投資家はこと細かに分析をすることで、長期的にこの
手法を使えばうまくいくんだという信念と決意を固めるのです。

スディーヴ・バーンズは、とにかく定量化がすべてと言っており、
エントリーする段階で、買いを入れる価格、手仕舞いする価格、
取引量、損切りする価格など、すべて数値化できていなければ
いけません。

分析結果に対する自信と、すべての行動を定量化しておくことで、
あなたはさらに堅固な取引システム、感情や思い込みでルールを
絶対破らない堅固なシステムを構築できるようになります。

良いトレードは全投資資金のうち1%しかリスクを負わない

スディーヴ・バーンズは1度の取引に5%以上のリスクを冒す
トレーダーは長期的には儲からない運命にあると言っています。

ここでいうリスクというのは、単純に損失を出すということです。
つまり100万円の投資元本でトレードをして、1回のトレードで
5万円以上負ける可能性のあるトレードをするということです。

たとえ、高い勝率を誇るトレーダーだったとしても、5回以上
連続して負けることがあります。

もし、毎回5%も損をしていたら、あなたの資金は25%減少して
しまいます。そして、それを取り戻すためには、35%近くプラス
の運用をしなければなりません。

こうなってくると大抵の人は損失を取り戻すために、自分の
トレードルールを捨てて、ハイリスクな投資に走り、結局は
すべてを失ってしまうことになります。

一方で、1回のトレードでリスクを1%程度にとどめておけば、
仮に5回連続で負けたとしても、大きなダメージは受けません。

淡々とトレードルールに則ってトレードを続けることができる
というわけです。

何度も繰り返しになりますが、トレードで成功するには、とにかく
自分が分析して見つけたトレードルールに従い、トレードを続ける
ことです。それを決して忘れないようにしてください。

良いトレードは3ドル稼ぐために1ドルをリスクにさらす

もし、あなたが1%のリスクを負うというのなら、投資金額の
最低3%のリターンを得られるチャンスを見つけてください。

株価100ドルの銘柄を95ドルのストップロス注文(▲5ドルの
可能性)の設定で買うなら、それが115ドル(+15ドルの可能性)
に達するポテンシャルがあるときだけトレードしてください。

なぜこのようなアドバイスをスディーヴ・バーンズはするのか。

もう少し具体的に見るとイメージがつくと思います。

この1対3のリスクリターン割合というのは、33%の勝率でも
利益が出るし、25%しか勝率がなくてもトントンになります。

◆勝率33%の場合

(負)100ドル⇒(負)100ドル⇒(勝)300ドル

◆勝率25%の場合

(負)100ドル⇒(負)100ドル⇒(負)100ドル⇒(勝)300ドル

◆勝率50%の場合

(負)100ドル⇒(負)100ドル⇒(勝)300ドル⇒(勝)300ドル

つまり、取引システム上、リスクとリターンの割合を正しく維持
できれば、勝率50%以上でなくても、利益を生み出すことができる
ということです。

それでも負けが続いたときの対処方法

あらゆるトレーダーにとって最も危険なのが、10%以上の資産が
目減りしたときです。

口座残高が減ると心理的な痛みが感情を揺さぶり、失った資金を
できるだけ早く取り戻すことで自分が偉大なトレーダーなんだと
証明したくて仕方がなくなります。

損失を早く戻したいというこの感情的な切迫によって、更なる
間違いの連鎖を引き起こすことになります。

トレーダーは自分の取引プランを放り出して自由になろうとします。
リスクマネージメントや適切な取引量などに煩わされることなく
素早くプラマイゼロに戻したいと思ってしまうのです。

自分が時間をかけて作ったトレードプランよりも今の自分の判断
のほうが正しいと思込み、一気に熱病に侵されてしまいます。

負けが込めば混むほど、彼らは取引サイズを大きくしていきます。
ブレーキをかけて減速すべきところで、思い切りアクセルを踏み
込んでしまっているのです。

何回も連続で負ける状況が続いたときの正しい対処法は、取引量を
半分にして出血を止めることです。絶対に増やしてはいけません。

それでも損が続いたら、さらに4分の1にしてください。連敗局面は
できるだけ少ない金額の負けに押さえることが重要なのです。

自分の資金が大きく目減りしてしまったときほど、自分のトレード
ルールに忠実になれるように自分をコントロールする必要があります。

まとめ

いかがでしょうか?

スディーヴ・バーンズは本書の中で一貫して、自分が決めた
トレードルールをとにかく守れと言っています。

ルールを守ると心の中で誓うだけであれば簡単ですが、いざ
トレードを始めると様々な感情がルールを破ろうと邪魔をして
きます。

この感情に打ち勝つためには、自分のトレードルールに対する
絶対的な信頼と徹底的に数値で管理されたルールが必要となり
ます。

ぜひスディーヴ・バーンズの投資哲学をあなたのトレードに
役立ててください。