ローリスク・ハイリターン投資というと、そんな投資あるわけが
ないという人がほとんどではないでしょうか。

しかし、私が色々な投資案件を見てきた中で言えば、実際にロー
リスク・ハイリターンの投資が存在します。その代表格が
IPO(新規公開株)投資です。

IPO株は抽選で当たることさえできれば、かなり高い確率で利益
得ることが可能な株式投資です。

最近では多くの投資家もIPO投資の旨味を知って、ライバルが
増えてしまいましたが、それでも十分魅力はあります。

一般的な株式投資のようにテクニカル分析やファンダメンタルズ
分析といった難しいことは何も知らなくても、コツと根気さえ
あれば、十分に利益を狙えるのが何よりの魅力でしょう。

余剰資金が預金口座に眠ってしまっているような人や、リスクの
低い投資を始めたいという人は、ぜひこの機会にIPO投資をマスター
してください。

IPO(新規公開株)とは?

IPOとはInitial Public Offeringの略で「新規株式公開」と言います。
簡単に言ってしまえば、企業が初めて上場するときの株式のことです。

上場していない企業の株式は、創業者や、役員、ベンチャーキャピ
タルなど特定の株主しか保有していません。それを株式公開して
多くの投資家に買ってもらおうというわけです。

では、なぜ企業はIPOを目指すのか。それは、IPOすることによる
メリットとして、①会社の信用力が上がる。②会社の知名度があがる。
③増資で資金調達できる。④創業者は創業者利益を得られる。ことが
あるからです。

つまり、企業はIPOすることで、会社の信用力をつけ、さらに事業
を拡大していくわけです。

一般的な企業側のIPOの流れを次に紹介します。

普通の株式と違うのは、上場するタイミングまで、IPO株は売買
されていないという点です。

上場されると初めて株式の売買が頻繁に行われるようになり、
株価が上下に変動するようになります。

そして、IPO株の購入価格(公募価格)というのは、市場で
取引される価格よりも一般的には低く設定されています。

ですので、上場されたと同時にIPO株を売却することで、
利益が出るというわけです

IPO(新規公開株)が人気の理由とは?

では、なぜIPOがここまで人気なのでしょうか。それは次のような
理由からです。

① テクニックがいらない

株式投資をする人であれば、テクニカル分析もしくはファンダメン
タルズ分析を行って株価の予測をしている人がほとんどです。

しかし、テクニカル分析では、移動平均線、MACD、RSI、ボリン
ジャーバンド等の難解な言葉が出てきますし、ファンダメンタルズ
分析もPER、PBR、EPS、ROE、ROAなど難解な言葉のオンパレード
です。

決して、一朝一夕に身につくものではなく、多くの時間と経験が
必要になります。

一方で、IPO投資では、いくつか基本ルールを覚える必要があります
が、複雑なトレードテクニックは一切不要で、大きな利益を狙うこと
ができるのです。

② 仕事の合間にできる

株式投資を始めるとどうしても株価が気になってしまい、本業の
仕事に集中できないといったことが起こりえます。

しかし、IPO投資の場合、申し込みはお昼の間や帰宅後に簡単に
行えます。

当選した場合も、事前に注文を入れておけば、上場日に自動的に
初値で売却されますので、日々株価の値動きを気にしなくてもすみます。

③ 購入手数料はタダ。

通常、どの証券会社で株式を購入するにしても売買手数料がかかります。

しかし、IPOの場合、購入時にも手数料がかかりません。(正確に言えば、
公募価格の中に含まれているのですが、細かい話なので気にしなくても
大丈夫です。)

ですので、あなたは抽選に何度も何度も申し込むことができるわけです。

④ リスクはかなり限定的

金融商品には大きく5つのリスクが存在しますが、ほとんど影響を
受けません。

(1) 為替リスク

為替リスクとは為替レートの変動により、日本円ベースでも
価格が上昇下落するリスクです。

円高になれば資産が目減りし、円安になれば資産が増えます。
米ドルやオーストラリアドル建ての金融商品の場合は影響を
受けますが、日本株の場合は影響を受けません

(2) 金利リスク

金利リスクとは市場金利が上昇下落することで、金融商品の
価値が変動するリスクです。

一般的には債券を保有している場合、影響が大きいですが、
上場後するに売却するのであれば、金利リスクは考えなく
ても問題ありません。

(3) 信用リスク

信用リスクとは投資している企業が倒産してしまい、投資した
資金が全く戻ってこなくなることですが、今から上場する企業
がいきなり倒産することはあり得ませんので、初値売りするの
であれば、信用リスクもありません。

(4) 流動性リスク

流動性リスクとは、売りたいときにすぐに売却できないリスク
のことです。

人気のない株式の場合は、起こりえますが、IPO株においては
心配する必要はありません。

(5) 価格変動リスク

価格変動リスクというのは、株価が上下に動くリスクです。

IPO株も上場と同時に株価が上下に変動します。公募価格よりも
下落してしまうと、損失が出る可能性があります。

ただし、近年の傾向では、IPO株の上場したときの株価(初値)
は公募価格を上回っていますので、ほとんど心配する必要はない
でしょう。

どのくらい儲かるの?

あなたが一番気になるのは、IPOで当選すればいったいどの程度
儲かるのかということでしょう。

これは自分で以下の過去実績を見てもらったほうが早いですが、
+10%~+20%のこともありますが、人気の高い銘柄であれば、
2倍~3倍になるのがIPO投資です。

どちらにしても参加しない理由はないですね。

IPO(新規公開株)の公募価格が割安に設定されている理由

IPO銘柄のほとんどは東証マザーズやJASDAQ市場に上場するわけ
ですから、上場基準となっている株主数を充足させるためには、
どうしても個人投資家に公募・売り出し株を買ってもらわなければ
いけません。

近年は、IPO銘柄の大半が値上がりするので、多くの投資家が殺到
していますが、ひと昔前は公募価格を初値が割り込んでしまうことも
多々ありました。

そうすると、株価が高いと誰も買ってくれずに証券会社としては
困るわけです。

ですので、適正な株価水準から1~2割程度さげた価格が公募価格
として設定させることが多いとうわけです。

どのくらいの資金が必要なの?

最低30万円、できれば50万円以上用意できるとベストです。

2018年の実績では、90件のうち75件は30万円以下で申し込みが
可能なIPOでした。そして、90件のうち89件が50万円以下で申し
込みが可能な銘柄でした。

このように50万円あれば、ほとんどすべてのIPOに申し込みができます。

もちろん、金額は多いほうが有利にはなりますが、抽選であれば
十分に当選するチャンスもありますので、とにかく根気よく申し
込み続けることをおすすめします。

IPO(新規公開株)と未公開株の違い

注意しておいてほしいのが、IPO株と似たような名前の未公開株と
いうものがあります。これは非常に紛らわしいのですが、IPOとは
全く別物です。

なぜこのような話をしているかというと、未公開株を利用した詐欺
が横行しており、IPO株と勘違いして、大金を失う投資家が後を
絶たないからです。

未公開株とIPOが根本的に異なるのは、すでに上場が決まっている
未公開企業が上場に伴って発行する株式がIPOです。

一方で、今後、上場するか決まっていない未上場企業が、上場の
準備の一貫として第三者割当てで増資に伴う公開株を購入するのが
未公開株です。

もちろん、将来的に上場する可能性がゼロではありませんが、
こうした美味しい話が直接あなたに来る可能性はほぼゼロです。

ましてや、優秀な経営者であれば、ベンチャーキャピタルやその他、
資金力のある投資家から資金調達ができるはずなので、何かしら
問題がある事業なのか詐欺なのかどちらかだと考えて間違いないでしょう。

IPO(新規公開株)とPO株の違い

もうひとつ、IPO株の申し込みを電話などでしていると、「PO株は
いかがですか?」と勧誘を受けることがあります。

PO(public offering)はすでに上場している企業が追加で資金調達
する場合や一部保有している株を売却するときに使われる手法で、
IPOとは全く異なります。

名前が似ているから、IPO株のように値上がりが期待できるのでは?
と思い、購入してしまう人もいるですが、まったく別のものなので、
IPO狙いのかたはくれぐれも投資しないように注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

IPOは株式投資をしたことがある人であれば、知らない人のほうが
少ないと思います。

以前と比べれば、競争率は間違いなく高くなっていますが、少し
手間がかかるということで真面目に取り組んでいる人が少ないと
いうのも事実です。

ですので、当選確率を上げるためのコツをつかんで、本気でIPOを
狙いに行くのであれば、十分に当選を狙えます。

私も年に2~3本はコンスタントに当選しています。次以降の記事で
より具体的な方法を紹介していきます。