多くの機関投資家が動向に注目しているのがVIX指数
(恐怖指数)と呼ばれる指標です。

VIX指数という言葉自体は、ニュースでも取り上げられる
ことがあるので、名前くらいは知っている人もいるかも
しれません。

しかし、ほとんどの人が自分には関係ないと思い聞き逃して
いると思います。ただ、一部の投資家はVIX指数の特徴的な
値動きを利用して大きな利益を上げていることも事実です。

私もVIX指数に関連するトレードをしています。今日は、
VIX指数についての基本知識から、実際にトレードでどの
ように利用されているのか具体例を交えて説明していきます。

VIX指数(恐怖指数)とは?

まず、VIX指数とは何なのか説明しましょう。

VIX指数は1993年からシカゴ・オプション取引所(CBOE)が
算出している指数で、S&P500を対象とするオプション取引の
インプライドボラティリティをもとに算出している指数です。

VIX指数自体は直接購入することができませんので、VIX指数
に投資する場合は、VIX指数に連動するETFやETNなどを購入
する必要が出てきます。

S&P500はご存知の方も多いと思いますが、アメリカを代表する
企業500社で構成されている指数です。

オプションというのは、ここでは詳しい説明を省きますが、将来
のある期日に、S&P500を決められた金額で売買する権利のことを
言います。

インプライドボラティリティというのは、S&P500の変動幅を表し
ており、将来、S&P500の変動幅が大きくなりそうなときにボラ
ティリティが大きくなり、相場が安定していて将来のS&P500の
変動が小さいと市場参加者が考えているときはボラティリティが
小さくなります。

VIX指数は通常10~20程度で推移しますが、今後、S&P500が
大きく値下がりしそうだと市場の参加者が不安を感じていると
VIX指数は相対的に高くなり、30を超えてくるとかなり不安が
高まっていると判断する材料となります。

ちなみにアメリカの同時多発テロ時は約40に、リーマンショック時
はVIX指数が約90まで上昇しました。

ですので、VIX指数は恐怖指数とも呼ばれることがあり、投資家
の心理を測る指標として多くの機関投資家が注目しています。

S&P500に連動するのがVIX指数ですが、各国の主要な
インデックスのオプションに連動する指数を公表しており、
日本であれば日経225オプションに連動する日経平均ボラティ
リティー・インデックスがあります。

ユーロであれば、ユーロ・ストックス50指数オプションに
対するVSTOXX、イギリスのFTSE100種総合株価指数オプ
ションに対するvFTSE、ドイツのドイツ株価指数(DAX 30)
オプションに対するVDAXなどがあります。

VIX指数(恐怖指数)の特徴

VIX指数は、上図のとおり、平穏時には10~20のレンジを
推移するという値動きの特徴を持っています。

そして、年間を通じて、ほとんどの期間は平穏です。

しかし、リーマンショックやチャイナショックなど、市場に
大きなインパクトを与えるイベントが起きると大きく上昇します。

ただ、大きく上昇しても、そのまま高い水準を維持するわけ
ではなく、すぐに元の水準に戻ってくるという性質を持ちます。

だから何なのだ?と思う人もいるかもしれませんが、この特徴
を活かすことで次のようにトレードに活かすことができます。

VIX指数(恐怖指数)はどう使われる?

では、VIX指数はどのように使われているのでしょうか?

今回は具体例をいくつか紹介します。まず、1つ目の方法を
紹介するうえで、次の図が役に立ちます。

これは、VIX指数(赤線)とS&P500(青線)の推移を比較した
図です。注目してほしいのは、VIX指数(赤線)が大きく上昇
したときに、必ずS&P500(青線)が大きく下落しています。

この特徴的な動きを活かして、以下のような投資戦略が考えられます。

VIX指数が大きく上昇したときに、S&P500が下落する方向に
ポジションを持つ。いわゆる逆張りというトレード方法です。

もう少し具体的な例を上げると、VIX指数が急上昇したタイミ
ングでS&P500はほぼ間違いなく下落しますので、VIX指数が
急上昇すると同時にS&P500に連動するETFを空売りして、
ETFが下落したところで、買い戻すという方法です。

S&P500に連動するETFで代表的なもので言えば、バンガード
S&P500 ETF (VOO)やiシェアーズ コア S&P500 ETF (IVV)、
SPDR S&P500 ETF (SPY)などがあります。

このトレードの利点は、相場が上がるか下がるかを予測する
ことが必要はなく、VIX指数の動向だけをモニタリングしながら、
VIX指数が上昇したところで、トレードを開始すればよいので、
相場を分析する時間がないという人も手軽に取り組むことができます。

2つ目の方法は、VIX指数に関連するVIX指数先物を合成した
S&P500 VIX短期先物指数という指標を利用します。

S&P500 VIX短期先物指数は、CBOE先物取引所に上場されている
VIX指数先物の第一限月と第二限月をロールオーバーした場合の
リターンを指数化したものです。

詳しい説明はここでは省きますが、注目してほしいのは、下図の
S&P500 VIX短期先物指数の推移(赤線)です。

2011年には大きく上昇していますが、それ以降はきれいな右肩
下がりとなっています。

これは、S&P500 VIX短期先物指数が仕組み上、価格が下落して
いくように設計されており、VIX指数が跳ね上がるときだけ、
S&P500VIX短期先物指数も急上昇するように設計されています。

必ずこのような右肩下がりの推移となります。この特徴を
活かすとどのようなトレードができるでしょうか。

基本的に長期保有をすると、価格が下落していきますので、
長期保有には適していません。

ですので、売りポジションを保有する(先に高く売って、後から
安く買い戻す)戦略が有効なのですが、国内のVIX短期先物指数
に連動するETFは、貸株申込制限がかかっており、現在売りから
はいることができません。

では、どうすればよいのか。

別のトレード手法として、CFDを利用して米国VIを空売りする
という方法が使えます。

米国VIを空売りする場合、長期で売りポジションを保有し
続ければ、価格は下落していきますので、理論的には負ける
確率は限りなく低いです。

ただし、VIX指数が跳ね上がったときには一時的に含み損を
抱えることになりますので、VIX指数の上昇にも耐えられる
だけの資金量でトレードすることがコツです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

VIX指数というのは、相場が大きく下落したときに必ず急上昇
するという特性をもっているので、その特性を活かせば、有利
なトレードができることがわかっていただけたでしょうか?

私がこの手法でトレードを始めたのは、相場の動向を毎日予測
することなく、一定のルールでトレードができることを発見した
からです。

VIXが急上昇するまではとにかく待ち、急上昇したときにだけ
仕掛けるというシンプルな方法ですが、かなり高い精度で利益
を積み増すことができます。

これから何回かにわたってVIX指数に関連するトレードについて
紹介していきますので、楽しみにしていてください。