米国VIブルETFや米国VIベアETFでは、自己資金以上の金額で
レバレッジをかけてトレードすることができます。

レバレッジはうまく使うことができれば、自己資金を大きく
増やすことができますが、身の丈以上の投資をしてしまうと
一瞬にして自己資金を吹き飛ばすことになります。

特にトレード初心者の場合、レバレッジをよく理解しないうちに
トレードを始めてしまい、大きな損失を出してしまう人が多いため、
今日はレバレッジをどのようにトレードに活かすべきかを紹介していきます。

レバレッジとは?

まずレバレッジについて改めて考えておきましょう。

レバレッジとは「てこの原理」を意味しており、自分の自己資金が
少なくても大きな取引ができることを言います。

例えば株式取引であれば、自分の証券口座に100万円はいっていると、
100万円分株式を購入することができます。(信用取引は除く。)

一方で、レバレッジを効かせることができると、自分の証券口座に
100万円しかはいっていなくても、1000万円分の取引ができるよう
になるのです。

GMOクリック証券で、米国VIベアETFや米国VIブルETF、米国VIを
取引する場合、レバレッジ5倍で取引することができます。

つまり、CFD取引口座に100万円はいっていれば、あなたは500万円分
の取引ができるということです。

米国VIブルETFをレバレッジ取引した場合の利益はどれくらい?

さて、レバレッジが利くと、実際より大きな金額をトレードできる
わけですが、どれくらいの影響があるか簡単に試算してみます。

例えば、CFD口座に100万円はいっていたとして、100万円分の
米国VIブルETFを売りポジションを保有したときと、500万円分の
米国VIブルETFの売りポジションを保有したときではどれくらい
利益に差が出るかを検証してみましょう。

米国VIブルETFの売り戦略で、仮に1年間で米国VIブルETFが30%
下落したとすると、リターンは以下のようになります。

米国VIブルETF 損失金額 利益率
100万円分 30万円 30%
500万円分 150万円 150%

CFD口座に入っている資金は同じであるにもかかわらず、
レバレッジを効かせることで、利益がこれほどまでに
変わってくるわけです。

勝てる可能性の高い相場では積極的にレバレッジをかける
ことで大きなリターンが期待できます。

米国VIブルETFをレバレッジ取引した場合の損失はどれくらい?

当然、このように相場が想定どうりに動きをすれば大きな利益が
望めるわけですが、相場が逆の方向に動いたときは大きな損失を
出すことになります。

では、どの程度の損失になるのかこれも試算してみましょう。

今回は、米国VIブルETFの売り戦略でポジションを保有していた
として、株式市場が暴落し、米国VIブルETFが+20%上昇したとします。

米国VIブルETF 損失金額 損失率
100万円分 20万円 ▲20%
500万円分 100万円 ▲100%

このように、レバレッジを効かせていると、相場が想定外の方向に
動いたときにかなり大きなマイナスを被ることになります。

またGMOクリック証券では、保有しているポジションが約10%
下落すると、セーフティバルブシステムのロスカットレートに
到達しますので、500万円分のポジションを保有していたとすると、
50万円の評価損が出た時点で強制ロスカットされてしまいます。

自己資金が一瞬にして半分になってしまうわけなので、リスクが
高すぎるトレードと判断できます。

適切なリスクを取りながらレバレッジを活用する方法

では、GMOクリック証券で米国VIブルETFや米国VIベアETFを
トレードするときにレバレッジはどのように活用するのがよい
でしょうか。

基本的な考え方としては、最大損失額をどの程度に抑えたいかで
ポジションを保有しましょう。

例えば、CFD口座に100万円入っているとします。そのときに
最大損失額10%にしたいと考えているとしましょう。

GMOクリック証券では必要証拠金が20%かかりますので、100万円
米国VIブルETFを保有すると、だいたい20万円が必要証拠金として
資金拘束されます。

そしてセーフティバルブシステムは必要証拠金の約半分くらいの
位置にロスカットレートを設定しますので、約10万円の損失が
確定すると強制ロスカットされます。

最大損失が20%までだったら耐えられるという人は、CFD口座に
100万円はいっていたとすると、200万円分の米国VIブルETFを
保有すると、だいたい40万円が必要証拠金として拘束されます。

必要証拠金の約半分の位置でロスカットレートが設定されますので、
万が一予想と逆に相場が大きく動いたときは最大20万円の評価損が
出た時点で強制ロスカットされます。

GMOクリック証券の場合、だいたい投資金額の10%の評価損が
出るとロスカットされるので、自分でロスカットレートの設定を
調整し、投資金額の5%の評価損が出た時点でロスカットされる
ようにすれば、自己資金100万円にたいして、200万円分の取引
したとしても最大10万円の損失、つまり自己資金に対して10%の
損失で済むことになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

多くの人が儲けよう儲けようとしすぎて、気づかないうちに大きな
リスクを負っていることが多々あります。

トレードにおいては、いかに負けを小さくするかという考え方が
非常に重要になりますので、最大損失が投資金額の10%以内に
収まるようにレバレッジをかけるとよいと思います。

くれぐれも1度の取引で50%強の資金が吹き飛ぶようなレバレッジの
かけ方はやめましょう。