米国VIベアETFに投資をし始めたばかりだと、「取引したいのに
取引ができない!」という壁にぶつかる人も多いと思います。

特に日本の証券会社を使って、株や投資信託を購入している人だと、
なぜ買えないのか?システムの故障なのか?と思う人も多いでしょう。

そこで、今日は米国VIベアETFをなぜ買えない時があるのか
その理由を説明していきます。

米国VIベアETFの取引時間は?

まず、米国VIベアETFを買えない1つ目の理由が取引時間です。

米国VIベアETFはSVXY(プロシェアーズ・ショート・VIX短期
先物ETF)を参照しています。

つまりSVXYが取引される時間帯が実質米国VIベアETFが取引できる
時間ということになります。

SVXYはNYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場しているので、
ニューヨーク証券取引所が開いている時間というのが、米国
VIベアETFをトレードできる時間ということになるのです。

ニューヨーク証券取引所の取引時間は以下のようになっています。

取引可能時間
標準時間 23:30~翌6:00
夏時間 22:30~翌5:00

※夏時間は3月第二日曜日~11月第一日曜日まで

実際にGMOクリック証券の取引画面にログインすればわかりますが、
上記の取引時間以外は注文画面がグレーアウトされています。

日本時間ではかなり遅い時間帯になりますので、なかなか相場を
見続けることは難しいですが、ロスカットの注文もあわせてして
おけば、寝ている間に相場が急変したとしても安心ですね。

米国VIベアETFの取引規制とは?

そしてもう一つ米国VIベアETFの取引ができなくなるタイミングが
取引規制です。

これは、ニューヨーク証券取引所においてSVXYの取引が規制されたり、
GMOクリック証券がリスク管理の観点から新規の取引を規制すること
によって発生します。

取引規制が入っているか確認する方法はいくつかありますが、1つ目は
取引画面を開くと右上に黄色の要注意マークが点灯しています。

このマークが表示されているときは新規取引が規制されていると
思ってください。

もう一つの確認方法としては、GMOクリック証券のインフォメー
ション画面から確認することができます。

PC会員ページにログインして、【CFD】を選択。

「インフォメーション」というタブがありますので、それを選択
すると、下のほうに取引注意銘柄の一覧が表示されます。

ここに記載されている銘柄は現在新規取引ができなくなっており、
この図では米国VIブルETFの新規売りが規制されていることが
わかります。

米国VIベアETFに規制が入るタイミングというのは、投資家から
すると、米国VIベアETFが大きく下落するタイミングであり、
絶好の投資タイミングである可能性が高いです。

そのため、もし購入時に規制がかかってしまっていたら、とにかく
頻繁に規制が解除されていないかを確認するしか方法がありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

取引規制については、賛否両論あり、お客様のリスクを考えて
取引を規制しているとはいうものの、投資家から見ればビッグ
チャンスであり、なぜ規制するのかという声も多いのが現状です。

しかし、そこは不平を言っても何も始まりません。取引規制も
かかることを前提に投資戦略を組み立てていきましょう。

経験上、米国VIベアETFは米国VIブルETFと比べると、取引規制
がかかる可能性は低く、自分が買いたい時に購入できることが
多いと思います。

ですので、あまり不便を感じることはないと思いますが、取引規制が
あることはしっかりと理解しておいてください。