VXXと聞くと、S&P500 VIX短期先物指数に連動するETN
だとわかる人もいますが、VIIXと聞いて、どのような商品
なのかわかる人はすくないと思います。

実は、VIIXもVXXと同じくS&P500 VIX短期先物指数に連動
するETNで、VXXと同じような投資戦略が使えます。

今日は、VIIXについて徹底分析していきます。

ベロシティシェアーズ・デイリー・ロング・VIX・ショートターム・ETN『VIIX』 とは?

VIIXとは、S&P500 VIX短期先物指数に連動するように
設計されたETNです。

ETNが何にかわからない人はこちらをご覧ください。

ETNって何?ETFとETNの違いは?

S&P500 VIX短期先物指数というのは、VIX指数先物の
満期が常に1カ月になるように設計された指数です。

直近の限月の先物と翌月の先物の2つの先物のみで構成
されているというのが特徴です。

S&P500 VIX短期先物指数のことをよく知らないという
人はこちらの記事を読んでみてください。

S&P 500 VIX 短期先物指数とは?なぜ下落を続けるのか?

VIIXは相場が安定していると、ロールオーバーするたびに
減価するように設計されており、価格が下落していくように
設計されています。

一方で、VIX指数が急騰すると、大きく上昇するように設計
されています。

そのため、S&P500のボラティリティが大きくなり、VIX指数
が上昇し始めるタイミングで、短期トレードに利用されるのが
本来の使い方となります。

ただ、VIIXは右肩下がりのグラフになることから、多くの
投資家が空売りをして、利益を獲得しようとします。

ベロシティシェアーズ・デイリー・ロング・VIX・ショートターム・ETN『VIIX』の値動きは?

では、VIIXの値動きを見てみましょう。

2010年の設定来の推移は以下のようになっています。

見てわかる通り、2013年以降はほぼ真横になっている
ように見えます。

ここで重要なのは、たまたまVIIXはこのような下落曲線
を描いているというわけではなく、仕組み上このように
下落をしていくETNであるということです。

2013年以降は長期のチャートで見ると、ほぼ真横に見える
のですが、直近2年間の価格の推移は以下のようになっており、
かなり不安定な動きをしていることがわかります。

本来は下落をしていくはずなのですが、この2年間は相場が
大きく下落するタイミングが合った影響です。

ベロシティシェアーズ・デイリー・ロング・VIX・ショートターム・ETN『VIIX』のパフォーマンスは?

VIIXが仕組み上、下落することはわかってもらえたと思いますが、
実際のパフォーマンスはどうなのでしょうか?

2011年以降の年次のパフォーマンスをまとめました。

2011年から2017年までは毎年30%超の下落を見せており、
安定的に下落をしていることがわかります。

ただ注意しなければいけないのは、1年間という括りで
みれば、下落をしているのですが、短期で見ると、大きく
反発している場面がありますので、反発時に証拠金不足に
ならないように注意しておく必要があります。

VIIXとVXXの騰落率の比較

ここまで見てきて、VIIXもS&P500 VIX短期先物指数
に連動していますが、果たしてVXXと比較してパフォ
ーマンスに差があるのか気になるところです。

そこで、2018年3月1日以降のVIIX(橙)とVXX(青)の
騰落率を比較してみました。

ご覧の通り、ほぼ同じ動きをしていますので、どちらに
投資をしたとしてもパフォーマンスにはほとんど差が
ないことがわかります。

ベロシティシェアーズ・デイリー・ロング・VIX・ショートターム・ETN『VIIX』 で利益を出す投資戦略は?

では、VIIXに投資をするのであれば、どのような投資戦略
が考えられるでしょうか?

まずはシンプルにVIIXを買い、VIX指数の急騰に期待する
という方法です。

VIX指数が急騰するとき、VIIXも2~3倍に上昇しますので、
急騰するまで忍耐強く待てれば勝てます。

しかし、この投資戦略はほとんどの投資家が行っていません。
その理由はVIIXのチャートでも確認しましたが、VIIXは
基本的に下落していきます。

購入してすぐにVIIXが急騰すれば、大きな利益を得ることが
可能ですが、いつ急騰するかは誰にもわかりません。

そうすると、UXVYを買ったはいいものの、なかなか急騰せず、
VIIXの価格がどんどん下落していってしまい、その後、VIIX
が急騰したとしても、利益がほとんど出ない可能性があります。

ですので、VIIXの買い戦略というのは普通しません。

では、VIIXを買うのではなく、売りから入る投資戦略は
どうでしょうか?

ある程度投資経験のある人であれば、VIIXのチャートを見て
売ることで利益をあげられるのでは?と考えると思います。

空売りをしたことがない人のために簡単に説明しておくと、
VIIXを売るというのは、VIIXを先に高値で売っておいて、
後から安値で買い戻すという方法です。

毎年30%近く下落するわけですから、うまく運用ができれば、
かなりハイスピードで資産が増えていくように思えてしまいます。

しかし、長期でみると、右肩下がりに下落しているものの、
実際には何度も急騰する場面があります。

そして急騰するときは、10%~20%程度のかわいい上昇では
なく、2~3倍の上昇が起きます。

つまり、VIIXは急騰したときに大きな含み損を抱えるわけ
ですが、追証にかからないようにかなり多めの資金を口座に
入れておかなければなりません。

最低でも5~6倍の資金は用意しておかないと、怖くて空売り
することはできません。

あまり知識のないまま空売りをして、VIIX急騰時に大きな
損失を抱えて一発退場する人が後を絶ちませんので、くれ
ぐれも注意してください。

このように売りから入る投資戦略は資金が無限にあるので
あれば、100%勝てますが、私たちのように投資資金に限りが
あると、思った以上にうまくいきません。

売りの投資戦略でもう1つあるのが、VIIXが急騰したタイミング
でうまく売ることができれば、かなり高い確率で利益が出るの
では?と考える人がいます。

確かに、VIIXが急騰したタイミングで売ることができれば、
普通に売るよりも高い確率で利益を上げることができます。

しかし、これにも問題があります。それは、多くの投資家が
同じように考えるので、VIIXが急騰時には、VIIXに売りの
規制がかかり、トレードができなくなってしまうのです。

これは証券会社によって、規制がかかったりかからなかったり
するので、一概には言えませんが、そうそう美味しい話はない
ということです。

仮に急騰時に売りポジションを保有できたとしても、そこから
さらにVIIXが上昇する可能性もあるので、結局余剰資金はかなり
用意しておかなければいけないというのは同じことです。

そして、これは実際にトレードしてみるとわかりますが、VIIX
が急騰すると心理的にはかなり不安を感じます。

もし、VIIXが過去にない急騰を見せれば、投資した資金の何倍
もの資金を一度に失うことになりますので、正直気が気ではなく
なります。

そのため、必ずロスカットの注文を事前に入れておくということ
を忘れないようにしてください。

ここまで見てくると、VIIXで利益を上げるのはそうそう簡単な
ものではないことがわかっていただけたかと思います。

実は売りの投資戦略で一番有利なトレードができると考えている
のがオプションを使ったトレードなのですが、VXXはオプション
取引ができるのですが、VIIXではオプションがトレードきません。

ですので、トレードするのであれば、VXXのほうがおすすめですね。