米国VIベアETFを一言で説明するとしたら、
「仕組み上、必ず上昇する銘柄」と言えます。

以下の図は2012年~2018年の米国VIベアETF
のチャートです。

右肩上がりに上昇していることがわかりますね?

一方、同じ期間のS&P500のチャートを見て
みましょう。

S&P500とは、米国を代表する企業500社の
株価を指数化したものです。

毎日ニュースなどでも現在値が取り上げら
れることも多いので、ご存知の方も多いの
ではないでしょうか。

下のチャートを見てみると、S&P500も右肩
上がりに上昇しています。

両方ともあがっているじゃないかと思わ
れる方、確かにそのとおりです。

しかし、この2つのチャートには明確な
違いがあります。

それは、S&P500は2012年~2018年まで、
右肩上がりに指数が上昇することが約束
されていたわけではなく、

アメリカ経済が好調であったため、たま
たまこういうチャートパターンになった
のです。

以下のグラフを見てください。

これは同じ期間の中国の上海A50(上海証
券取引所に上場されている代表銘柄)の
チャートです。

どうみても、右肩上がりに上昇してはいません。

何が言いたいのかというと、株というのは、
上がることもあれば、下がることもあります。

当然と言えば当然です。

なので、今の時点から、S&P500や上海A50が
将来、値上がりするのか、値下がりするのか
と聞かれたら、予測することは不可能であり、
どちらの可能性もあるとしか言えません。

しかし、米国VIベアETFの場合は違います。

米国VIベアETFは仕組み上、必ず上昇する
ように作られているので、もし、今の時点
から今後、上昇するか?と聞かれたら、
「必ず上昇していきます」と答えられるの
です。

なぜ、必ず上昇していくのかは、理解して
いるに越したことはありませんが、現時点
では、その知識は不要です。

通常、株やFXをトレードする時、かならず、
相場を分析して、上がるか下がるかを予測
します。

分析しないで、ポジションを保有するのは、
狂気の沙汰です。

大抵の人は、この分析がうまくできない、
もしくは面倒になってしまい、トレードで
結果を出すことができません。

一方で、米国VIベアETFの場合、あなたは
相場が上がるか下がるかわざわざ分析する
必要がありません。

なぜなら、中長期的に必ず上昇していく
からです。

いかに有利なトレードができるかあなた
なら理解できたのではないでしょうか。

ここまでの話を聞くと、「そんなうまい
話があるはずがない」と思う人もいるか
もしれません。

しかし、事実として、GMOクリック証券
で普通に取引することができるのです。

決して、怪しい商品ではないということ
ではなく、知る人ぞ知る銘柄なのです。

少し説明が長くありましたが、今の段階
では、「米国VIベアETFは必ず上昇する」
これだけ覚えておいてください。