3号として、ロボアドバイザーによる投信運用サービス
であるFOLIO ROBO PROの運用実績を公開します。

「FOLIO ROBO PROって実際どうなの?」

「他のロボアドバイザ―と比べてパフォーマンスはいいいの?」

と投資をしようかどうか迷っている人がいたら、
私の運用実績なども参考にして投資を検討してみてください。

 FOLIO ROBO PROの運用実績を公開!

純資産(円) 騰落率
2021/3/31 108,515 +8.51%
2021/2/26 104,630 +4.63%
2021/1/29 102,798 +2.79%
2020/12/29 100,000

※FOLIO ROBO PROのポートフォリオは「値上がり益重視型

3月は株式相場が好調だったこともあり、プラス8%にまで
成長しました。

下で比較をしていますが、eMAXIS Slim 全世界株式には
パフォーマンスで劣っており、

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)にはギリギリ買っています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)との運用実績比較

純資産(円) 騰落率
2021/3/31 14,347 +12.00%
2021/2/26 13,583 +6.04%
2021/1/29 13,130 +2.50%
2020/12/29 12,809  

※モーニングスター

eMAXIS Slim バランス(8資産均等)との運用実績比較

純資産(円) 騰落率
2021/3/31 12,738 +7.76%
2021/2/26 12,329 +4.30%
2021/1/29 12,042 +1.87%
2020/12/29 11,820  

※モーニングスター

FOLIO ROBO PROのアセットクラス別の運用実績

2021年3月末時点の各アセットクラスの運用実績

2月までは米国債券(BND)、ハイイールド債(HYG)の比率が
高かったのですが、3月は米国株(VTI)、新興国株(VWO)、
金(GLD)の比率が高くなりました。

ポートフォリオが毎月大きく変わるのが面白いですね。

ETF 純資産(円) 含み損益
新興国株(VWO) 42,509 +10.87%
ハイイールド債(HYG) 3,327 +6.70%
先進国株(VEA) 2,731 +9.81%
金(GLD) 25,407 ▲0.19%
米国株(VTI) 29,174 +8.39%
現金(CASH) 2,418
米国債券(BND) 3,955 +3.05%

2021年2月末時点の各アセットクラスの運用実績

米国債の金利が2月末に急上昇したことに伴い、米国債の比率が
先月と比べてかなり高くなっています。

ハイ・イールド社債の比率を下げて、米国株の比率を高めて
いますので、引き続き株式市場は堅調だと考えているようです。

ETF 純資産(円) 含み損益
新興国株(VWO) 36,190 +8.89%
ハイイールド債(HYG) 12,277 +1.62%
先進国株(VEA) 10,033 +3.12%
金(GLD) 6,952 ▲5.74%
米国株(VTI) 23,890 +1.92%
現金(CASH) 2,009
米国債券(BND) 13,279 +0.41%

2021年1月末時点の各アセットクラスの運用実績

ETF 純資産(円) 含み損益
新興国株(VWO) 37,439 +5.58%
ハイイールド債(HYG) 21,726 +0.70%
先進国株(VEA) 16,716 ▲0.84%
金(GLD) 12,720 ▲0.96%
米国株(VTI) 9,990 +0.95%
現金(CASH) 2,447 +0.00%
米国債券(BND) 1,760 +0.00%