10年リターンが16%超の高いパフォーマンスを打ち出して
いる大和住銀 日本小型株ファンド。

 

「J-Stockアクティブ・オープン」「ニッポン中小型株
ファンド」も運用している敏腕ファンドマネージャーの
苦瓜氏が運用しています。

 

苦瓜氏ともう一人の2名で年間1900件という膨大な数
の企業の方に会っているそうです。

 

残念なことに現在新規買い付けができませんが、今後また
募集を再開する可能性もあるので、その時に備えて、今回
は大和住銀日本小型株ファンドを徹底分析してみましょう。

 

 

大和住銀 日本小型株ファンドの基本情報

投資対象は?

大和住銀 日本小型株ファンドの主な投資対象は、東証一部
銘柄を除く日本の株式(JASDAQ・東証二部・マザーズ等に
上場されている株式)です。

 


※引用:マンスリーレポート(2018年12月時点)

 

大和住銀 日本小型株ファンドの直近の組入銘柄は以下の
通りです。

 

銘柄数が115銘柄に投資し、業種や市場に偏りがありません。

 

※引用:マンスリーレポート

 

純資産総額は?

純資産総額は投資信託を見極める際にとても大切なポイント
となります。

 

純資産総額が多い方が、ファンドマネージャーが資金を
投資する際に有利であったり、他の投資家の解約の際の
影響が小さくなりますので、良い投資信託と判断されます。

 

また純資産総額が減少しているファンドは、解約が増えて
いるということですので、何らかの理由で投資信託自体の
魅力が減っているという判断ができます。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

大和住銀 日本小型株ファンドの純資産総額は設定当初は
400億円前後ありましたが、徐々に減り100億円以下の値で
推移してきました。

 

16年の後半頃から基準価額の高騰で純資産総額も少し増え
ましたが、2017年2月に150億円程度になった時点で新規
買い付けを停止しました。

 

1銘柄を5%以上保有すると株価に影響を与える可能性が
あるので、5%以下に抑えるとなるとファンドマネージャ
ーの投資したい銘柄だけに投資できなくなり、パフォー
マンスが悪くなることがあります。

 

そのため新規買い付けを停止したのでしょう。

 

※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

投資信託にかかる費用について、販売時の手数料・信託報酬
以外にも費用がかかっているのをご存知でしたでしょうか?

 

これを実質コストと言います。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

実質コストは売買時の手数料や取引の際の税金、保管費用
などが含まれ、運用報告書の「1万口当たりの費用明細」で
確認することができます。

 

大和住銀 日本小型株ファンドの実質コストは、1.74%と
カテゴリー内でも安い値になります。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.672%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト 1.74%(概算値)

※引用:最新 運用報告書

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

大和住銀 日本小型株ファンドの評価分析

基準価額の推移は?

大和住銀 日本小型株ファンドの基準価額は2018年以降、
下落が続いています。

 

2018年の高値からここ2年ほどで40%ほど下落しており、
2018年以降はパフォーマンスが全く奮っていない状況
です。

 

※引用:モーニングスター

 

利回りはどれくらい?

大和住銀 日本小型株ファンドの利回りはどのくらいで
しょうか。

 

直近1年では▲18.86%と優れず、3年平均利回りも、
▲4.40%となっています。

 

5年平均、10年平均は同カテゴリー内でも上位にランク
インしているのですが、とにかく直近のパフォーマンス
が優れませんね。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解して
いますか?

 

もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいて
ください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲18.86% 100%
3年 ▲4.40% 89%
5年 +4.65% 12%
10年 +16.17% 13%

※2020年4月時点

 

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している国内中小型株式ファンドランキング

 

標準偏差は?

大和住銀 日本小型株ファンドの平常時の標準偏差は18程度
なのですが、直近では24にまで上昇しています。

 

コロナショックの影響で基準価額が大きく下落したので、
その影響です。変動幅の大きいファンドほど、平常時と
暴落時の標準偏差の差が大きくなります。

 

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じ
でしょうか?

 

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいて
くださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 24.53 89%
3年 18.40 78%
5年 17.23 45%
10年 17.97 75%

※2020年4月時点

 

年別のパフォーマンスは?

大和住銀 日本小型株ファンドの年別のパフォーマンスを
見てみましょう。

 

2017年までは毎年2桁成長というとても優秀な成果を残し
ていました。しかし、2018年と2020年は思ったような
成果を出せず苦戦しています。

 

今後復活してくることに期待したいですね。

年間利回り
2020年 ▲28.10%(1-3月)
2019年 +20.50%
2018年 ▲24.11%
2017年 +46.86%
2016年 +24.05%
2015年 +16.01%
2014年 +23.28%

※2020年4月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

日経225連動ファンドとのパフォーマンス比較

ここで、日経225に連動するインデックス型のファンドと
パフォーマンスを比較してみましょう。

 

黄色が大和住銀 日本小型株ファンド、赤がニッセイ日経225
インデックスファンドです。

 

2019年までは圧倒的に大和住銀 日本小型株ファンドが優位に
たっていたのですが、2019年以降はニッセイ 日経225インデ
ックスファンドがアウトパフォームしています。

 

中長期でみれば、日本小型株ファンドのほうが優れた成果を
残していますが、直近のパフォーマンスを考慮すると、日経
225に連動するインデックスファンドも悪くありませんね。

 

※引用:モーニングスター

 

最大下落率は?

大和住銀 日本小型株ファンドの最大下落率はどうでしょうか?

 

2007年11月から2008年10月で最大50.36%下落しましたが、
この時期国内株式全体が50%程度下落していますので、
飛び抜けて大暴落というわけではありません。

 

少なくとも今回のコロナショックはリーマンショックと
比べると株価の下落はかなりマシだったと言えます。

 

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲18.86%
3カ月 ▲32.69%
6カ月 ▲39.28%
12カ月 ▲50.36%

※2020年4月時点

 

分配金は?

ここで大和住銀 日本小型株ファンドの分配金を見てみましょう。
2013年以降、毎年1000円以上の分配金を出していましたが、
2019年はさすがにパフォーマンスが奮わなかったので、0円
でした。

 

分配金を出すことでファンドの純資産総額を調整したのかも
しれませんが、少し多すぎる額だと思います。

 

本来分配金を出すことを目的としたファンドではないので、
分配金は全て再投資して収益を追求してほしいですね。

 

また、このブログでは何度も言っていますが、分配金は受け取らずに
再投資したほうが投資効率は確実に高くなります。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金
2020年
2019年 0円
2018年 1,300円
2017年 1,900円
2016年 1,400円
2015年 1,600円

※引用:モーニングスター

 

評判はどう?

資金の流出入を見るのはそのファンドの評判を得るために有効な
手段です。

 

資金が多く入っていれば人気があるファンドですし、流出が続いて
いるようであれば、評判が悪いファンドと言えます。

 

それでは、大和住銀 日本小型株ファンドはどうでしょうか。

 

2017年2月の買い付けが停止するまでは少しづつですが資金が入って
いる状況です。その後は解約のみしかできませんので資金が流出
していますが、基準価額の下落と比べて流出は少ないです。

 

※引用:モーニングスター

 

大和住銀 日本小型株ファンドの今後の見通し

苦瓜氏は膨大な数の企業の方と面談をし、その中で世間の注目を
浴びていない割安銘柄を選定し、その株価がなんらかの理由で
上昇するまで待ち売却というスタイルをとっています。

 

「割安であったらいつかは修正される、ブームを追いかけない」という
信念に基づいたものです。

 

現在下落局面ではありますが一時的なものと捉え、今後ますます期待
できるファンドです。動向をチェックし、募集再開を待ちたいですね。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点