労働力不足や高齢化社会で活躍されることが期待されているロボティクス。
多くの偉業が業務効率化や働き方改革への対応を迫られる中で、ロボット
関連技術への注目が一層集まっています。

 

日興アセットからは、日本株式に絞り込んだジャパン・ロボティクス株式
ファンドと、グローバル・ロボティクス株式ファンドの2つが設定されて
おり、グローバル・ロボティクス株式ファンドは1兆円規模の巨大ファンド
になっています。

 

ジャパン・ロボティクス株式ファンドは1年決算型と年2回決算型が
ありますが、今日は、より人気のある1年決算型を詳しく分析していきます。

 

 

ジャパン・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の基本情報

投資対象は?

ジャパン・ロボティクス株式ファンドの投資対象は、日本国内の
ロボティクス関連企業の株式です。

 

ロボティクス技術が特に目覚ましい発展を遂げているのが、
労働、介護・医療、危険、IoT・AIの4分野となっています。

 

基本的には、この4分野の銘柄を中心に銘柄を選定していきます。

 


※引用:交付目論見書

 

現在の組入銘柄数は60銘柄となっており、組入上位銘柄は以下の
ようになっています。

 

あなたはこれを見てどのように感じたでしょうか?

 

私はこの組入銘柄を見て、正直面白みに欠けると思ってしまいました。

 

基本、大手企業であれば、何かしらロボティクス関連ビジネスには
取り組んでいるわけで、単純に将来有望そうな大企業を選定したように
見えてしまいます。

 

例えば、ロボティクス事業の売上が全体の50%以上とか、もう少し
こだわりをもって銘柄選定をしてもらわないと、何が違うのかわかり
づらいですね。

 


※引用:マンスリーレポート

 

純資産総額は?

続いて、ジャパン・ロボティクス株式ファンドの純資産総額は
どうなっているか見てみましょう。

 

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

 

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性
がありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

ジャパン・ロボティクス株式ファンドの純資産総額は2017年6月ごろから
急激に成長しており、一時期1000億円まで到達していましたが、直近の
パフォーマンスが悪かったので、現在では800億円程度になっています。

 

規模の大きさとしては全く問題ありませんね。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

 

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

ジャパン・ロボティクス株式ファンドの実質コストは1.793%と
前期の1.909%と比べると、かなりコストは下がりました。

 

しかし、それでも購入時手数料と合わせれば初年度は5%超の
コストがかかってきますし、決して割安であるとは言えません。
本当に支払う価値のあるファンドなのか見極める必要があります。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.24%(税込)※上限
信託報酬 1.674%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.793%(概算値)

※引用:運用報告書(2019年1月24日)

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

ジャパン・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の評価分析

基準価額の推移は?

ジャパン・ロボティクス株式ファンドの基準価額は14,000円程度と
なっています。

 

2017年はモーニングスターのファンド・オブ・ザ・イヤー2017を取るほど、
優れたパフォーマンスでしたが、2018年以降はにパフォーマンスにも
陰りが見えます。

 

2019年に入り大きく反発しましたが、2018年の高値を更新するには、
まだ時間がかかりそうです。

 


※引用:モーニングスター

 

利回りはどれくらい?

続いて、ジャパン・ロボティクス株式ファンドの利回りを見てみましょう。

 

直近1年間利回りは▲6.09%とか同カテゴリー内のでランキングでは
平均的な水準となっています。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲6.09% 58%
3年 +10.35% 6%
5年
10年

※2019年4月時点

 

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している国内大型株式ファンドランキング

 

標準偏差は?

ジャパン・ロボティクス株式ファンドの標準偏差を見てみると、
同カテゴリー内では下位10%程度になっています。

 

パフォーマンスも優れず、基準価額のブレも大きいとなると、
より投資がしづらくなります。

 

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 21.09 89%
3年 15.49 86%
5年
10年

※2019年4月時点

 

年別のパフォーマンスは?

では、ジャパン・ロボティクス株式ファンドの年別のパフォーマンス
を見てみましょう。

 

2016年、2017年は大きくプラスとなっていますが、2018年はかなり
厳しい結果となしました。

 

2019年は期待したいところです。

年間利回り
2019年 +12.40%(1-3月)
2018年 ▲19.36%
2017年 +36.09%
2016年 9.12%

※2019年4月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

高いコストをしはらうのであれば、当然、それなりの結果を残して
もらわなければ意味がありません。

 

ここでは、日経225をベンチマークとする代表的なファンドである
ニッセイ 日経225インデックスファンドとパフォーマンスを比較して
みましょう。

 

黄線がジャパン・ロボティクス株式ファンドです。ニッセイ 日経
225ファンドとパフォーマンス面では拮抗しており、直近では、
わずかにニッセイ 日経225インデックスファンドが上回っています。

 

もう少し様子見をしたいこところではありますが、インデックス
ファンドと同程度のパフォーマンスしか期待できないのであれば、
インデックスファンドで十分です。

 


※2019年4月時点

 

最大下落率は?

ジャパン・ロボティクス株式ファンドに投資をするのであれば、
事前に最大でどの程度下落するかは確認しておいたほうが安心です。

 

本ファンドはまだ運用期間短いので、そこまで大きな下落は経験
していませんが、3カ月で20%程度の下落はしています。

 

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲13.22%
3カ月 ▲21.32%
6カ月 ▲15.81%
12カ月 ▲19.36%

※2019年4月時点

 

評判はどう?

ジャパン・ロボティクス株式ファンドの評判はネットでの書き込み
などで調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、
月次の資金流出入額です。

 

資金が流入しているということは、それだけジャパン・ロボティクス
株式ファンドを購入している人が多いということなので、評判が良い
ということです。

 

ジャパン・ロボティクス株式ファンドは6月以降毎月資金が流出して
おり、初期のころの人気は今やなく、評判は悪くなる一方です。

 

インデックスファンドと同程度の利回りしか期待できないのであれば、
仕方ないですね。


※引用:モーニングスター

 

ジャパン・ロボティクス株式ファンドの今後の見通し

米中貿易摩擦の動向が世界的な株式市場の変動性を高めており、米中の
通称問題の影響が読み切れないとなると、企業は設備投資の先送りや
在庫調整を行うなど、様子見の姿勢を強めています。

 

さきほど、日経平均と比較した図をお見せしましたが、だいたい値動きが
連動していますので、年5~6%であれば、安定的に収益を上げられるのでは
ないかと思います。

 

一方で、その程度の利回りを目指すなら、高いコストを払ってまで、
アクティブファンドに投資をしなくても、インデックスファンドで十分です。

 

ジャパン・ロボティクス株式ファンドについては、ロボティクスと
いう名前はついているものの、実際は国内の大手企業に投資をする
ファンドという印象で、あまり魅力を感じないというのが正直なところです。

 

もう少し、ロボティクスに特化した企業、ロボティクス関連の売上の
比率が50%超を占める企業などが上位に組み込まれるのであれば、面白いですね。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点