バランスファンドとひと言で言っても、ファンドごとに
資産構成が違いすぎるためなかなか評価をしづらいのが
現状です。

 

今回は、バランスファンドの中でも株式・RIETの比率が
合計25%未満というバランスファンドの中でも一番リスクの
低いファンドのランキングを発表します。

 

リスクはできるだけ低く運用したいけれど、リターンも
そこそこ狙っていきたいという方は一度目を通して
見ることをおすすめします

 

 

バランス(安定)型ファンドの10年平均利回りランキングを発表!

株式・REITの比率が合計25%以下のバランスファンドは
現在123本あります。

 

その中で、2010年9月~2020年8月末までの10年間で
リターンの高かった上位20社をランキングにしました。

 

さて、どういった投資信託がランクインしているのでしょうか?

 

残念ながら、10年超運用されているバランスファンドは純資産
が100億円以下の規模のものがほとんどで、今から投資をする
にはあまりおすすめできないものが多いです。

 

そのため、少なくとも100億円以上、純資産があるファンドだけ
をピックアップしました。

 

以下のリンクが張ってあるページが該当するファンドになります。

 

順位 銘柄 10年平均利回り
1 マイストーリー分配型(年6回)Bコース 6.41%
2 りそなオールスター 5.43%
3 分配ファミリー 4.94%
4 ライフポイント 安定型 4.76%
5 アッシュモア新興国財産3分法F 4.51%
6 野村 世界高格付債券投信(年2回) 3.92%
7 グローバルネクスト 3.56%
8 明治安田 ライフプランファンド20 3.50%
9 三菱UFJ MV20 3.25%
10 三菱UFJ ライフセレクトファンド(安定型) 3.23%
11 ドイチェ・ライフ・プラン30 3.08%
12 BR 世界バランス・ファンド 3.03%
13 バランス物語30(安定型) 3.01%
14 みらいステージ30 3.00%
15 Aナビ20 2.99%
16 DCAナビ20 2.96%
17 BR・グローバル・バランス・ファンド 2.90%
18 未来海図 2.81%
19 夢列島20 2.54%
20 ライフナビ インカム 2.33%

 

ランキングにしてはみたものの、これでも評価をする
のが非常に難しいです。

 

というのもリスクの低い運用をしたい人にとっては、
リターンはもちろんですが、基準価額の変動を小さく
運用したいというニーズが間違いなくあるからです。

 

そういう意味では、リスクを1とったとしたときに、
どの程度のリターンを獲得できているのかという
シャープレシオという指標があるのですが、この
数値が高いとリスクを抑えながらも効率よくリターン
を稼ぎ出していると評価できます。

 

正直なところ、近年できてきたバランスファンドの
ほうがシャープレシオも高く安定運用ができている
ので、投資のソムリエしあわせの一歩のほうが
おすすめでしょう。

 

また、投資する資金額を減らすことで、リスクを
抑えることもできます。

 

私の場合は、バランスファンドに投資するよりも
投資金額を減らして、株式ファンドに投資をする
ことをおすすめしています。

 

厳密には違いますが、年10%で運用ができる株式ファンドに
20万円投資するのと、年2%で運用できるバランスファンドに
100万円投資するのはほぼ同じリスクです。

 

こうすると、購入時手数料や信託報酬も支払いを減らすので、
メリットは色々あります。

 

株式ファンドで優秀なパフォーマンスを出しているファンドを
一度見てみるとよいと思います。

 

2020年8月更新!国内大型株式ファンドのおすすめは?10年平均利回りランキング ベスト20を発表!

 

2020年8月更新!国内中小型株式ファンドのおすすめはどれ?10年平均利回りランキング ベスト20を発表!

 

2020年8月更新!先進国株式ファンドのおすすめはどれ?10年平均利回りランキング ベスト20を発表!

 

2020年8月更新!先進国株式(特定地域)ファンドのおすすめはどれ?10年平均利回りランキング ベスト20を発表!

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点