近年流行りのバランス型ファンドと言えば、
国内外の株式・債券・REITに均等に分散する
というものでした。

 

しかし、今後新たなバランスファンドの方向性を
示してくれるのが三菱UFJ投信のOne 国際分散
投資戦略ファンド『愛称:THE GRiPS 8%』です。

 

このファンドの面白いところは、相場の方向性に
合わせて資産を入れ替えるだけでなく、先物取引
でレバレッジをかけ、リスクコントロールしていきます。

 

過去シミュレーションではリスクを抑えながら
高いリターンが期待できるようですが、果たして
どのようなファンドなのか徹底分析していきます。

 

[kjk_ab id=”1″]

 

One 国際分散投資戦略ファンド(目標リスク8%)『THE GRiPS 8%』の基本情報

投資対象は?

THE GRiPS 8%の投資対象は国内外の株式、債券、
通貨、商品等に実質的に投資をしていきます。

 

具体的には以下が投資対象となっています。

 

25前後の資産に分散投資をすることで、分散効果の
高いポートフォリオを構築していきます。

 


※引用:商品説明資料

 

運用にあたっては、株価指数先物、債券先物、
商品先物等を活用し、買建てと売建てのポジ
ションを組み合わせ、絶対値の合計が信託財産の
純資産総額の10倍程度の範囲で運用を行います。

 

字が小さいので、気づかない人も多いかもしれ
ませんが、レバレッジを積極的に活用していく
ファンドということです。

 

ただし、短期的な利益を稼ぐ目的で先物取引を
活用するわけでなく、リスクコントロールのために
レバレッジを活用するという点が今まで出てきた
レバレッジ型ファンドとは異なると言えます。

 

運用の特徴は?

THE GRiPS 8%の運用の特徴は何と言っても、
価格変動要因(リスク要因)の均一化です。

 

従来のファンドは価格変動要因を考えずに
ポートフォリオを組んでいました。

 

ですので、下図のようにリスクを抑えようと
国内債券ばかりに投資をすると、金利変動の
影響を大きく受けてしまうポートフォリオに
なっていました。

 


※引用:商品説明資料

 

そこでTHE GRiPS 8%では、まず、各資産ごとに
価格変動要因を洗い出します。

 

株式であれば、金利水準20%、為替変動20%、
世界の経済成長60%など。

 

そして、各資産を合計したときに、金利水準、
為替変動、世界の経済成長の価格変動要因が
均等になるように各資産の配分を決定いきます。

 

これにより、特定のイベントが起きたときに基準
価額が大きく下がるというリスクを回避すること
ができるというわけです。

 

この手法は年金運用の現場でも支持されており、
特定の価格変動要因による影響を大きく受けなくて
済むという利点はあります。

 

一見まともなことを言っているように聞こえますが、
価格変動が均一化されるだけなので、あくまで安定的
な運用ができるということです。

 

利回りが高い運用が実現できるという話ではありません。

 


※引用:商品説明資料

 

そして、もう一つの特徴がリスクのコントロールの
ために先物取引を活用するという点です。

 

近年、各運用会社から新規設定されたファンドは
資産を大きく増やすという投機的な目的で先物取引
が活用されているケースがほとんどでした。

 

しかし、THE GRiPS 8%の場合は、下図のように
下落幅を小さくする目的で利用されます。

 


※引用:商品説明資料

 

そして、リスクの幅を選択できるというのも大きな
特徴でしょう。

 

ライフスタイルに合わせて、年間の基準価額の変動
リスクを4%、6%、8%の範囲に抑える運用を行います。

 

近年、リスク水準を選択できるファンドが増えてきて
いますが、どこまで下落するかわからないファンドと
比べて、ある程度下落幅を想定できるので、安心ですね。

 

コストは?

それでは、THE GRiPS 8%の手数料を見ていきましょう。
購入時手数料は2.2%、信託報酬は1.793%となっており、
非常に割高となっています。

 

パフォーマンス次第ではありますが、購入時手数料が
かかる時点でより慎重に選ばなければいけません。

 

期待できる運用利回りは?

つづいて、THE GRiPS 8%の期待利回りを見ていきます。

 

以下のように、年利10%を超える年もあり、リスクは
抑えながら、大きなリターンを出すことができています。

 

うまくレバレッジを活用した運用ができているから
こそなのですが、バランス型ファンドにもかかわらず
ここまでリターンが高いというのは逆に本当なのか?
と思ってしまいます。

 


※引用:商品説明資料

 

One 国際分散投資戦略ファンド(目標リスク8%)『THE GRiPS 8%』の評価分析

THE GRiPS 8%の販売資料や目論見書を読むと、
株式や債券よりもリスクは低くリターンは大きい
というまさに理想的な青写真が描かれています。

 

しかし、あくまでも先物を活用したレバレッジ取引
がうまく機能した場合の話ですので、すぐに飛びつく
のではなく、本当にうまく GRiPS戦略がうまく機能
するからでも遅くはありません。

 

25近くの資産に分散投資をしていると、確かに
分散効果が得られるかもしれませんが、結局何に
投資をしているのか、あなたが把握することは
ほとんど不可能です。

 

自分で何に投資しているかもよくわからない投資は
私は推奨していないのですが、どの程度GRiPS戦略が
うまく機能するのかモニタリングしていきたいと思います。

 

[kjk_ab id=”3″]

 

[kjk_ab id=”5″]

 

[kjk_ab id=”4″]