近年、米国株への投資が注目を集めるようになり、個別株
への投資や米国株指数に連動するインデックスファンドに
投資をする投資家が増えています。

 

米国株というと、基本的には米国の大型株が中心で、小型株
へ投資できるアクティブファンドというのはかなり数が限ら
れています。

 

そんな米国の小型株に投資ができるベイビューアセットの
USマイクロキャップ株式ファンドを今日は徹底分析して
いきます。

 

 

USマイクロキャップ株式ファンドの基本情報

投資対象は?

USマイクロキャップ株式ファンドの投資対象は、バリュ
エーション(企業価値)が適正で、中長期的に高成長が
期待できる米国マイクロキャップ株式です。

 

マイクロキャップ株式というのは、一般的に時価総額ベース
で10億米ドル未満の超小型企業を指します。

 

以下の図をみてもらうとよりイメージがわくかと思いますが、
ラッセル指数の構成銘柄でみると、約1500社が該当します。

 

ただし、時価総額ベースで見ると全体のわずか1%程度しか
ないというのが特徴です。

 


※引用:マンスリーレポート

 

通常、企業を分析するアナリストというのは、大型株で
あるほどアナリストの人数が多くなります。

 

それは、大型株ほど多くのファンドが組み入れています
ので、分析した情報を欲しがる企業が多いということです。

 

一方で、マイクロキャップ株式の場合、アナリストが3.3人
しかいません。

 

かつ、誰もカバレッジしていない銘柄が300銘柄近くあり
ます。

 

つまり、マイクロキャップ株式のファンド情報を入手する
のは非常に難しいということがわかります。

 

一方で、多くのアナリストが情報を入手出来ていないから
こそ、割安のバリューエーションの銘柄が存在している
可能性は大いにあり、大きな利益を狙える銘柄が隠れて
いるとも言えます。

 


※引用:交付目論見書

 

マイクロキャップ株と大型株では、実はセクター別の構成
比はかなり異なっています。

 

というのも、グローバルなIT企業が多い大型株とは対照的に、
マイクロキャップ株はヘルスケアや金融といった米国内向け
のビジネスを展開する企業が中心となっています。

 

ある意味、好調な米国経済を支えているのは、マイクロ
キャップ株式であり、今後トランプ氏の政策によって一番
恩恵を受ける可能性があるのがマイクロキャップ株式である
と言われています。

 


※引用:マンスリーレポート

 

ちなみにどのような企業の社債が組み入れられているか
で言うと、以下のように公益が約40%、通信が約30%、
エネルギーが約15%となっています

 

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認するように
してください。

 

純資産総額は大きいほうが、ファンドマネージャーが資金
を運用する際に効率よくできたり、保管費用や監査費用が
相対的に低くなりますので、コストが低く抑えられます。

 

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなる
こともありますので注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

USマイクロキャップ株式ファンドは2019年2月に設定以来、
着実に純資産を増やしており、現在は約80億円となっています。

 

後述しますが、米国大型株と異なり、パフォーマンスが
芳しくないこともあり、純資産の増加額はあまり大きく
ありません。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用が
かかっていることをご存知ですか?

 

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式売買
手数料や有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

 

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストが
かなり割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

USマイクロキャップ株式ファンドの実質コストは2.80%と
異常に高くなっています。

 

これは、純資産が小さかったので、銘柄の入れ替えやその他
のコストが相対的に高くなってしまっていることと、マザー
ファンドの運用指図に関する報酬として年0.6%も投資顧問
会社に支払っている影響です。

 

パフォーマンスがすこぶる良いのであれば、検討しなくも
ないですが、さすがにこの実質コストの高さだと投資を
検討する気にはなれません。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 2.134%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト 2.80%(概算値)

※引用:最新運用報告書

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

USマイクロキャップ株式ファンドの評価分析

基準価額の推移は?

USマイクロキャップ株式ファンドの基準価額は運用から
約1年経ちますが、ほぼ基準価額近辺で推移しています。

 

米国大型株は2019年大きく上昇したことを考えると、
かなり期待外れの結果だったと言えるでしょう。

 

後述しますが、米国株の指数に連動するインデックス
ファンドにパフォーマンスでかなりの差をつけられています。

 


※引用:モーニングスター

 

利回りはどれくらい?

USマイクロキャップ株式ファンドはまだ運用から1年
経っていませんので、今後随時更新していきます。

平均利回り %ランク
1年
3年
5年
10年

※2020年2月時点

 

標準偏差は?

標準偏差も運用期間が1年経ち次第、随時更新していきます。

標準偏差 %ランク
1年
3年
5年
10年

※2020年2月時点

 

年別のパフォーマンスは?

USマイクロキャップ株式ファンドの年別のパフォーマンス
も見てみましょう。

 

2019年は+7.48%でした。

 

一見すると、まずまずのように見えますが、2019年はほと
んどの株式ファンドが10%を超えるリターンをたたき出して
います。

 

その中で、10%を超えられないというのは、やはり期待はずれ
としか言えません。

年間利回り
2019年 +7.48%

※2020年2月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

USマイクロキャップ株式ファンドに投資を検討する上で、
より低コストのインデックスファンドとパフォーマンスを
比較しておいて損はありません。

 

今回は、米国大型株の代表的な指数であるs&p500に連動
するeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と米国大型株~小型株
まで幅広く分散投資ができる楽天・全米株式インデックス
ファンド
と比較をしてみました。

 

結果はご覧の通りです。USマイクロキャップ株式ファンド
だけ見るも無残な結果となっています。

 

さすがにこれだけパフォーマンスで差を付けられ、コスト
でもボロ負けしているファンドにあえて投資をする気には
なれません。

 


※引用:モーニングスター

 

評判はどう?

それでは、USマイクロキャップ株式ファンドの
評判はどうでしょうか?

 

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入
を見ることで、評判がわかります。

 

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪く
なっていれば、資金が流出超過になります。

 

USマイクロキャップ株式ファンドは設定から数カ月順調に
純資産を増やしていましたが、しかしパフォーマンスが奮わ
ないことから、どんどん流入額が減ってきています。

 

流入超過なので、購入している人のほうが多いのですが、
設定当初と比べるとかなり勢いは落ちています。

 

米国株式のインデックスファンドとパフォーマンスを比較
するとあえて投資をしようとは思えませんね。

 


※引用:モーニングスター

 

USマイクロキャップ株式ファンドの今後の見通し

日本国内の場合、小型株ファンドは非常に好調で、中長期で
みると、大型株よりパフォーマンスで圧倒的な差をつけています。

 

一方で、米国株の場合、S&P500やNYダウなど日本株とは
くらべものにならないくらい大型株に勢いがあるため、
マイクロキャップ株式のパフォーマンスが劣ってしまいます。

 

低コストでマイクロキャップ株式に投資ができるのであれば、
投資を検討する余地もありますが、

 

さすがに年2%以上の信託報酬を支払ってまで、たいした成果
のでていないファンドにお金を払うのは得策とは思えません。

 

2020年の米大統領選挙で再度トランプ氏が当選し、米国に
有利な経済政策を持続するとなると、マイクロキャップ株式
も大きな恩恵を受けるので、注目はしていきたいとは思いますが、
今のタイミングであえて投資をする気にはなれません。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点