第二号として、ロボによる投信運用サービスである
お金のデザイン社のテオ(THEO)の運用実績を公開します。

「テオ(THEO)って実際どうなの?」

「他のロボアドバイザ―と比べてパフォーマンスはいいいの?」

と投資をしようかどうか迷っている人がいたら、
私の運用実績なども参考にして投資を検討してみてください。

テオ(THEO)の運用実績を公開!

純資産(円) 騰落率
2021/3/31 108,921 +8.92%
2021/2/26 104,566 +4.57%
2021/1/29 102,585 +2.59%
2020/12/28 100,000

※THEOのポートフォリオは「値上がり益重視型」
※2020/12/28運用スタート

3月も株式市場が好調だったので、プラスで終わることができました。

eMAXIS Slim 全世界株式にはパフォーマンスで負けていますが、
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)にはかろうじて勝りました。

もう少しTHEOにはがんばってほしいところです。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)との運用実績比較

純資産(円) 騰落率
2021/3/31 14,347 +12.98%
2021/2/26 13,583 +6.96%
2021/1/29 13,130 +3.40%
2020/12/28 12,698  

※モーニングスター

eMAXIS Slim バランス(8資産均等)との運用実績比較

純資産(円) 騰落率
2021/3/31 12,738 +8.48%
2021/2/26 12,329 +4.99%
2021/1/29 12,042 +2.55%
2020/12/28 11,742  

※モーニングスター

THEOのアセットクラス別の運用実績

2021年3月末時点の各アセットクラスの運用実績

3月は米国のグロース株(SPYG)とSPABのパフォーマンスが大きく
改善しました。

ETF 純資産(円) 損益
VPL(アジア先進国株) 9,041 +824
VWO(新興国株) 23,052 +1,950
SPYV(米国割安株) 16,785 +2,438
SPYG(米国成長株) 18,734 +1,170
FEZ(欧州大型株)
SPAB(投資適格債券) 19,697 +393
SJNK(ハイイールド社債) 6,052 +409
BWX(先進国債券) 3,226 ▲37
IAU(金) 3,601 ▲186
XLRE(米国REIT) 4,372 +596
IXC(エネルギー) 2,729 +559

2021年2月末時点の各アセットクラスの運用実績

2月はFWZの保有比率がゼロになっていました。

またVPLの保有比率を50%ほど落とし、VWOに振り分けたようです。

ETF 純資産(円) 損益
VPL(アジア先進国株) 8,715 +498
VWO(新興国株) 22,631 +1,529
SPYV(米国割安株) 15,432 +1.085
SPYG(米国成長株) 17,496 ▲68
FEZ(欧州大型株)
SPAB(投資適格債券) 18,998 ▲366
SJNK(‘ハイイールド社債) 5,761 +118
BWX(先進国債券) 3,189 ▲74
IAU(金) 3,583 ▲204
XLRE(米国REIT) 4,038 +262
IXC(エネルギー) 2,634 +464

2021年1月末時点の各アセットクラスの運用実績

ETF 純資産(円) 損益
VPL(アジア先進国株) 16,938 +505
VWO(新興国株) 16,518 +1,107
SPYV(米国割安株) 14,380 +33
SPYG(米国成長株) 11,715 +200
FEZ(欧州大型株) 4,343 ▲92
SPAB(投資適格債券) 19,142 ▲162
SJNK(‘ハイイールド社債) 5,643 0
BWX(先進国債券) 3,224 ▲39
IAU(金) 3,873 +97
XLRE(米国REIT) 3,660 ▲127
IXC(エネルギー) 2,248 +78