第11号として、ロボによる株式運用サービスである
スマートプラスのWEAHLTH WINGの運用実績を公開します。

「WEALTH WINGって実際どうなの?」

「他のロボアドバイザ―と比べてパフォーマンスはいいいの?」

と投資をしようかどうか迷っている人がいたら、
私の運用実績なども参考にして投資を検討してみてください。

WEALTH WINGの運用実績を公開!

WEALTH WINGは他のロボアドと異なり、国内株式を
自動売買するロボアドです。

大半のロボアドが投資信託やETFの自動売買であることから、
他のロボアドとは一線を画しています。

実質的にはAIを活用した国内株式アクティブファンドと
いうことになりそうです。

手数料は月300円と年1%の信託報酬がかかってくるので、
他のロボアドと比べて割高です。

さて、どの程度の運用ができるのでしょうか。

純資産(円) 騰落率
2021年3月31日 143,351 ▲4.44%
2021年2月26日 141,506 ▲5.66%
2021年2月19日 150,000

※高成長高キャッシュフローポートフォリオ

運用を始めた時期が悪かったこともあり、わずか1週間で5%ほどの
含み損を抱えることになりました。

今後に期待ですね。

下に記載していますが、日経平均に連動するインデックスファンドと
比べると下落幅が大きくなっています。

WEALTH WINGの手数料を公開!

WEALTH WINGは手数料がわかりづらいので、毎月の手数料も
しっかりとモニタリングしていきたいと思います。

手数料
3月分 451円
2月分 353円

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)との運用実績比較

純資産(円) 騰落率
2021年3月31日 13,223 ▲2.23%
2021年2月26日 13,055 ▲3.46%
2021年2月19日 13,524  

※モーニングスター

厳選投資との運用実績比較

純資産(円) 騰落率
2021年3月31日 45,098 ▲6.11%
2021年2月26日 44,777 ▲6.77%
2021年2月19日 48,032  

※モーニングスター

2021年3月末時点の各アセットクラスの運用実績

3月のポートフォリオは2月のポートフォリオからごっそりと
銘柄が入れ替わりました。

スマートベータ運用ならではの特性ではありますが、少し
入れ替えすぎな気もします。

とはいえ、まだ運用を始めたばかりなので、引き続き、
保有を継続します。

銘柄 純資産(円) 損益
伊藤忠エネクス 16,575 +318
DIC 14,470 0
日本郵船 10,872 ▲547
世紀東急工業 10,830 +1,331
岩井コスモホールディングス 10,236 +672
西尾レントオール 9,015 +687
小野建 8,346 +197
ヒノキヤグループ 7,491 +615
三栄建築設計 7,100 +224
フコク 6,400 +424
北海道電力 5,868 +108
カメイ 5,192 +296
コスモエネルギー 5,170 ▲230
神鋼商事 4,450 +135
東亜道路工業 4,200 ▲165
INPEX 3,865 ▲285
遠藤照明 3,320 +125
エクセディ 3,278 ▲118
現金 5,122

2021年2月末時点の各アセットクラスの運用実績

銘柄 純資産(円) 損益
TDK 15,240 ▲1,020
塩野義製薬 10,826 ▲926
ソフトバンクG 9,895 ▲695
村田製作所 9,081 ▲755
エムスリー 8,425 ▲473
アサヒホールディングス 7,970 ▲460
マニー 7,416 ▲670
カカクコム 6,760 ▲280
ネクソン 6,720 ▲270
ZOZO 6,660 ▲565
ジャフコ 6,490 ▲350
アドヴァン 6,228 ▲522
日本M&Aセンター 5,810 ▲250
東京鐵鋼 5,748 ▲181
NJS 5,502 ▲288
ペプチドリーム 5,070 ▲380
全国保証 4,885 ▲385
学情 4,161 ▲42
現金 8,619