ウェルスナビやTHEOといった投信運用のロボアドが
投資初心者から絶大な人気を誇るなか、日本の個別株を
自動売買できるロボアドバイザーが登場しました。

今までのロボアドはどちらかと言えば、世界の株式・
債券・不動産・金・その他コモディティなどに
分散投資をすることで、手堅く着実に資産を増やす
戦略が中心でした。

しかし、WEALTH WINGの場合は、市場平均以上の
パフォーマンスを狙っていく、かなり攻めの運用が
できるロボアドになります。

WEALTH WINGには果たして投資する価値があるのか、
独自目線で徹底分析していきます。

WEALTH WING(ウェルスウイング)の基本情報

WEALTH WINGはフィンテック・ベンチャーのスマート
プラスが提供する株式の自動運用サービスです。

ウェルスナビやTHEOとは少し異なりますが、口座を開設
し、入金すれば、あとは自動で運用してくれるという意味
では、ロボアドと言えます。

※引用:WEALTH WING WEBサイト

現在はWEB版とアプリ版の両方がリリースされています。

最低投資金額は15万円なので、他のロボアドと比べると、
少しハードルは上がりますね。

投資対象は?

WEALTH WINGの投資対象は東証一部に上場している日本株
約1600銘柄です。

この中から、自動的に銘柄を選択し、市場平均を上回る
運用を目指します。

近年、流行っているウェルスナビやTHEOは、世界の株式、
債券、不動産、金で構成されたETFを自動で運用する
サービスですので、

WEALTH WINGとは国内⇔グローバル、株式のみ⇔株式以外も
幅広くと大きく違います。

WEALTH WINGは運用に際して、個別株の時価総額や割安度
といった複数のファクターを分析したうえで、最適な個別株を
選択し、市場平均を上回るリターンを狙っていきます。

このあたりの手法はスマートベータ運用とも呼ばれ、
インデックス運用とアクティブ運用の中間のリスク・
リターンと言われることが多いです。

ポートフォリオは?

WEALTH WINGは現在2つの質問に答えると、8つの
ポートフォリオの中から、あなたにおすすめのポート
フォリオが提案されます。

質問は

  • 日本経済の景気が現在どのような状況だと思うか
  • その状況下で、どんな運用方針を取るか

という2点なのですが、とてもわかりづらいです。

このあたりは、もう少し投資家目線で回答しやすい質問に
してほしいところです。

たいていの人はよくわからないと思いますので、直観で
回答して進みましょう。

回答の結果、私のポートフォリオは
「高成長高キャッシュフローポートフォリオ」でした。

どうやらこのポートフォリオはEBITDAやキャッシュフローが
高い企業を中心に銘柄選定を行うようです。

そして、このポートフォリオで現在組み入れられているのが、
以下の18銘柄になります。

どの銘柄にいくら投資をしていて、プラスがどのくらい
出ているのかとても見やすく整理されています。

アクティブファンドで銘柄数が20以下というのは、
かなり銘柄を絞り込んでの運用ですので、運用が
うまくいけば、かなり高いリターンが期待できます。

私がよくおすすめするスパークスの厳選投資も10~15銘柄
程度に絞り込んで運用していますので、今後の運用が楽しみです。

ちなみにWEALTH WINGの評価できるポイントとして、自動で
売買した銘柄の取引履歴が後から確認できるようになっています。

自動で売買されているとはいえ、いついくらの金額で売買
されたのかわかりやすくまとまっているのはありがたいですね。

運用の特徴は?

WEALTH WINGの運用の特徴として、マルチファクター
モデルが挙げられます。

これは、例えば売上高成長率や売上高営業利益率といった
ファンダメンタルズ系の指標だったり、

PER、PBRといった投資指標だったり、時価総額や騰落率と
いったテクニカル系の指標を50以上、モニタリングしており、

これらのファクターを総合的に判断しながら、銘柄選定が
行われています。

手数料体系は?

つづいて、WEALTH WINGの手数料を見ていきましょう。

WEBサイト上では、「手数料は安い」と謳っていますが、
安いとは言いづらいのが正直なところです。

以下に手数料の一覧をまとめていますが、運用手数料と
いうのは、運用をWEALTH WINGに委託するにあたって発生
するコストです。(WEALTH WINGの収益になる部分)

運用手数料が約1%/年かかりますが、これは他のロボアド
でもかかりますので、大きな差はありません。

(そもそも1%/年が高いという議論がありますが、アクテ
ィブ運用するファンドであれば、これくらいのコストは
妥協すべき範囲だと思います。)

運用 情報利用料 330円/月(税込)
運用手数料 0.99%/年(税込)
売却手数料 1.0%
入金 リアルタイム入金 0円
銀行振込 自己負担
つみたて 0円
出金 出金手数料 0円
口座開設 0円

これだけの手数料であれば、まだ許容範囲できますが、
WEALTH WINGの場合、情報利用料と売却手数料という
手数料かかります。

情報利用料というのは、スマートベータ運用を行うに
あたり、企業業績や株価のデータをリアルタイムに取得し、
分析する必要があり、そのための費用のようです。

アクティブ運用の場合、このあたりの費用も運用手数料に
含めてしまうことが多いのですが、あえて定額で徴収する
理由は、毎月着実に入ってくる収益を確保するための
ものだと思われます。

情報利用料は月330円ですが、年間に換算すると、3960円
になります。

これが毎年定額でかかってきますので、以下の表のように
運用金額が小さいほど、投資金額に占める情報利用証の
割合が重くのしかかってきます。

運用金額 運用金額に占める情報利用料の割合
15万円 2.64%
50万円 0.792%
100万円 0.396%
300万円 0.132%
500万円 0.0792%

運用金額が15万円だど、年2.64%もの情報利用料を
とられていることになります。

これに加え、運用手数料約1%かかるので、かなり利益を
圧迫されることになります。

改めて、いったいどの程度の運用コストがかかるのか、
まとめると、以下の表のようになります。

運用金額 運用金額に占める情報利用料の割合
15万円 3.63%
50万円 1.78%
100万円 1.39%
300万円 1.12%
500万円 1.07%

これに加えて、出金時、もしくはポートフォリオの戦略を
変更する際に、投資金額の1%の手数料を取られます。

そのため、気軽にポートフォリオの戦略を変更しないように
注意してください。

アクティブファンドにも多数投資している私からすると、
少なくとも300万円以上の金額で投資をしないと手数料が
安いとは言えない水準だと思います。

100万円以下で投資をする場合は、かなり割高な手数料を
支払うことになるので、ご注意ください。

WEALTH WING(ウェルスウイング)の過去のパフォーマンス検証

WEALTH WINGはスマートベータ運用でアクティブファンドを
上回る安定的なリターンを実現できていると記載がありますが、

アクティブファンドもピンからキリまでありますので、
果たしてどの程度パフォーマンスが優れているのかを
比較しておいて損はありません。

また、超低コストのインデックスファンドと比較をして
おきたいところです。

WEALTH WINGのWEBサイトでは、2017/4/3~2020/4/3まで
のポートフォリオ別のパフォーマンスが掲載されていますので、
そのパフォーマンスと比較をしてみたいとおもいます。

パフォーマンス
ポートフォリオH 27%
ポートフォリオG 25%
ポートフォリオF 23%
ポートフォリオE 22%
ポートフォリオD 20%
ポートフォリオC 19%
ポートフォリオB 14%
ポートフォリオA 10%
たわらノーロード日経225 ▲1.00%
たわらノーロードTOPIX ▲6.78%
厳選投資 6.20%
東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン 47.08%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 1.00%

※期間:2017/4/3~2020/4/3

まず、たわらノーロード日経225やたわらノーロードTOPIX
といったインデックスファンドと比較をすると、明らかに
WEALTH WINGのポートフォリオのパフォーマンスは
アウトパフォームしていることがわかります。

続いて、厳選投資や東京海上・ジャパン・オーナーズ株式
オープンといった国内のアクティブファンドの中でも長期で
高いパフォーマンスで運用されているファンドと比較をして
みると、

ジャパン・オーナーズ株式オープンに比べると劣るものの、
かなり優秀であることがわかります。

私たちはあえて国内株のファンドだけに投資をする必要
もないので、先進国株式に投資ができるインデックス
ファンドと比較をしてみても、十分高い成果を残しています。

手数料がどこまで加味されているのかわかりませんが、
仮に2%程度の手数料がWEALTH WINGにはかかったとしても、
それでもパフォーマンスは悪くありません。

あとは実際に運用をしながら、他のファンドとのパフォー
マンスは比較していこうと思います。

WEALTH WING(ウェルスウイング)の評判はどう?

続いて、WEALTH WINGの評判をTwitterで見てみましょう。

WEALTH WINGはANAのマイルが貯まるということで、
マイルを普段から貯めているようなユーザーから非常に
評判がいいようです。

またANAと提携しているということで、それだけでも信頼
の獲得につながっているようですね。

ただし、マイルは運用開始6か月間だけ年換算1%分を獲得
できますが、7か月目以降は年換算で0.1%分しかポイント
付与されません.

残念ながら、手数料の高さを加味すると、この程度のポ
イントキャンペーンでは、あってもなくても変わらない
でしょう。

WEALTH WING(ウェルスウイング)の評価まとめ

WEALTH WINGのような日本株に特化したロボアドというのは、
今までにありませんでしたので、今後も期待したいサービスの
1つです。

ただ、イチ投資家からみたときに、WEALTH WINGという
日本株のアクティブファンドで運用するのと、ネット証券で
アクティブファンドを購入するのとでは、そこまで大きな
差がありません。

毎日の基準価額の変動はどちらの場合も確認できますし、
個別銘柄の運用状況まで細かくわかるという点では
WEALTH WINGに軍配があがりますが、

組み入れ状況などは月報を見れば、ネット証券経由で
購入してもわかりますし、そこまで毎日銘柄を追いかけたい
人もいないでしょう。

手数料面を見ても、ネット証券で購入できるアクティブ
ファンドと比較して、優位性があるとは言えませんので、
やはり最後はパフォーマンス次第ということになります。

インデックスファンドよりもパフォーマンスが上回るこ
とは最低条件として、優秀な日本株のアクティブファンドも
いくつかある中で、いかにして頭一つ飛び抜ける存在になれるか
今後の運用に期待していきたいと思います。