賢者のトレードスクール

実績者の声⑤

私は3年くらい前に日経225オプションを始めました。たまたま見ていたYoutubeで日経225オプションの解説動画があり、軽い気持ちでやってみようと思ったのです。

youtubeを見たり、本を読んだりして、独学でオプションを学び、それなりに利益が出るくらいにまで勝てるようになったと思っていた時、あのコロナショックが襲来しました。

一瞬にして、利益が含み損に変わり、何も対策ができないうちに、あれよあれよと含み損が数百万円に膨れ上がりました。

きっと反転するに違いないと思い、持ち続けていたのが運の尽きで、日経平均はさらに下落を続けました。結局、もう精神的に耐えられなくなり、投げ売りといいますか、もうやけくそになって、ポジションを手仕舞いしました。損失額は想像にお任せします。

これだけ大失敗をした私ですが、やはりまだオプションの可能性を捨てきれずにいたときに、井上さんのトレードスクールに出会いました。

失敗した経験があるので、「本当に勝てるんだろうか」と疑っていたのですが、井上さんと話をする中で、私がいかに何もわからずトレードしていたかに気づかされました。

そして、井上さんから学べば、勝てるようになるかもと思った私は迷わずトレードスクールに入会しました。

一度、自分なりにしっかりオプションの勉強をしていたので、テキストの内容自体はすぐに理解できましたが、大事なことがわかっていなかったなと痛感しました。

特に、資金管理の考え方や、万が一のことが起こる前提で、損失を極力抑えるようなポジション取りは、とても参考になりました。

オプショントレードの心構えも大損したことがある私にはグサッと心にきました。

とにかくルールをしっかり守ってトレードすることで、今では月10万円くらいは安定的に利益を得られています。

もう一度挑戦して本当によかったなと思います。

オプションはよく一度の失敗が命取りになると言いますが、独学で学んでいると、それが何なのかがわかりません。

結果、何となくでトレードしているうちに、命取りになるトレードをして大損することになります。

独学で学んで一度大損するよりも、ちゃんとしたトレードスクールで学んだほうが確実に損失額は抑えられるので、ぜひ井上さんのような人から基礎を教えてもらってください。

井上から一言

日経225オプションは、大暴落が来ると、投資家が入れ替わると良く言われます。その理由は、大暴落が来ると、多くの投資家が大損して、再起不能になるからです。

なぜそんな大損する人が多いかと言うと、普段、利益が出ることが多いため、ロスカットの設定や暴落に対するヘッジ、証拠金の管理を手抜きする人が多いからです。

また、藤崎さんも言っていますが、大損を回避するためには「何を学んでおけばいいのかがわからない」というのもあります。

独学で時間をかけて学び、大損を何度か経験しながら成長するか、スクールに通い初月からトレードで成果を出しながら、必要な知識を学び短期間で成長するか、結果が出るまでの速度には相当差が出ると思います。

実績者の声

タップすると、実績者の声の詳細が見れます。